フケが原因で薄毛になる場合もあります!

Fotolia_65948541_Subscription_Monthly_M
フケと薄毛には深い関係性があるといわれています。

フケがあることで毛穴が詰まったり、毛穴が炎症を起こしたりすることで、抜け毛が増えて薄毛になってしまう場合があるのです。

薄毛は、フケの他にも様々な原因がからんでくることでおこるものですが、フケがある状態は頭皮環境も悪くなっている証拠といえます。

薄毛改善のためには、フケのない頭皮環境にしていく必要があるでしょう。

薄毛の原因となるフケは2種類あります

フケとは、頭皮から現れる老廃物であり、頭皮の古い角質層が剥がれ落ちたものです。

そんなフケには、2つのタイプがあります。

ひとつは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されたことによって、皮脂をエサにしているマラセチア菌が増殖することで起きる脂性フケ。

もうひとつは、皮脂が少なく、頭皮が乾燥することで角質が剥がれていく乾性フケです。

脂性フケの場合、脂っぽいものや甘いものに偏った食事、洗髪のしすぎ、シャンプーのすすぎ不足などが原因で、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることで起こります。

マラセチア菌が増えて皮脂を食べると、それが脂肪酸に分解されますが、この脂肪酸が頭皮に炎症を起こし、角質が剥がれてフケとなってしまうのです。

乾性フケの場合は、頭皮が乾燥している状態になります。

洗浄力の強いシャンプーを使って、頭皮を保護する皮脂まで取り除いてしまうことで頭皮中の水分が蒸発し、乾性フケとなってしまうことも考えられます。

2種類のフケはどちらも、毛穴を詰まらせて、発毛・育毛に影響を与えてしまうものです。

フケの改善を目指し、頭皮環境を正常化させる必要があります。

フケを改善させるために、自分がどちらのタイプか知っておくことが大切です

af9920047788l
フケを改善させるためには、まず自分のフケが脂性フケ・乾性フケの、どちらのタイプなのかを知っておかなくてはなりません。

これは、異なるタイプのフケ対策をしても意味がないからです。

まず、脂性フケの特徴としては、フケが大きめで頭皮にくっつきやすく、意外と落ちてきません。

頭皮がべたついていて、自然に抜けた毛の毛根が黒でなく白っぽい場合は、脂性フケの可能性が高いです。

一方、乾性フケの特徴として、頭皮や髪の毛をかくとパラパラと細かく白いフケが落ちてきます。

また、頭皮がカサカサと乾燥しているならば、乾性フケの可能性が高くなります。

さらに、生え際にうろこ状の湿疹があったり、全身乾燥肌気味だったりする場合は、頭皮も乾燥しがちです。

より多くの症状が当てはまる方が、あなたのフケのタイプだと考えられるでしょう。

脂性フケ・乾性フケのそれぞれの対策を確認しておきましょう

脂性フケ対策

脂性フケを改善させるためには、まず皮脂の分泌を抑えて、頭皮にいる雑菌を抑えなくてはなりません。

皮脂を抑えるためには、生活習慣を見直し、改善させていく必要があります。

例えば、食生活で脂質・糖質を多く摂っている方は、野菜なども積極的に食べてバランスの良い食事を心掛けましょう。

睡眠不足も皮脂が過剰分泌される原因になってしまうので、質が良く十分な睡眠時間を確保してください。

また、皮脂が多いからといって、何度も洗いすぎてしまうとかえって皮脂が多く分泌されてしまいます。

シャンプーは1日1回で十分です。

乾性フケ対策

乾性フケを改善させるためには、頭皮の乾燥を防ぐことが重要となります。

まず、必要な皮脂まで洗い流さないようにするために、洗浄力の強いシャンプーは使わないようにします。

また、お肌を保湿するように、頭皮にも保湿が必要です。

頭皮専用の保湿ケアアイテムを利用しながら、頭皮マッサージを行うと良いでしょう。

オイルパックも効果的です。

あとは、なるべく加湿器などで部屋が乾燥しないように気を付けましょう。

どちらもフケ対策だけでなく、薄毛対策にも繋がるので、薄毛・フケに悩んでいる方はぜひ実践してみてください。

(まとめ)フケは薄毛の原因になるの?

1.フケが原因で薄毛になる場合もあります!

フケが毛穴に詰まったり、炎症を起こしたりすることで、薄毛になってしまう場合があります。

フケがあるということは、頭皮環境が良い状態ではないということです。

まずは、フケのない頭皮環境にしていかなければなりません。

2.薄毛の原因となるフケは2種類あります

フケには、皮脂が過剰に分泌されることによって起こる脂性フケと、頭皮が乾燥していることで起こる乾性フケがあります。

どちらのフケも、毛穴を詰まらせて、発毛・育毛に影響を与え、薄毛を進行させてしまいます。

3.フケを改善させるために、自分がどちらのタイプか知っておくことが大切です

フケを改善させるなら、自分が脂性フケなのか、それとも乾性フケなのかを知っておく必要があります。

脂性の場合はフケが大きめで、頭皮がべたついていることが多いですが、乾性の場合は細かいフケがパラパラと落ちてくるという特徴があります。

4.脂性フケ・乾性フケのそれぞれの対策を確認しておきましょう

脂性フケは、皮脂を抑えるために生活習慣を改善させることが大切です。

栄養バランスの良い食事を心掛けたり、十分な睡眠時間を確保したりしましょう。

乾性フケの場合は、洗浄力の強いシャンプーを避け、洗髪後に頭皮用の保湿アイテムを使うと良いです。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む