女性のフケとかゆみには密接な関係があります

imasia_11926169_M (1)
頭皮のかゆみは、乾燥によって起こることがよくあります。

これはフケも同様で、乾燥によって起こるフケを乾性フケと呼びます。

また、かゆみは皮脂の過剰な分泌によって起こる場合もあります。

フケも同様で、脂性フケは皮脂によって起こります。

また、多量のフケと痒みを伴う脂漏性皮膚炎という病気もあります。

かゆみやフケが気になる場合は皮膚科を受診してみると良いでしょう。

また、シャンプー方法を見直したり、ストレスを軽減させたりすることも大切です。

フケも痒みも皮脂や乾燥が原因で起こります

頭皮のフケと痒みは、同じ原因から起こる症状です。

その原因は、大きくわけてふたつあります。

乾燥

特に女性が気を付ける必要があるのが、頭皮の乾燥です。

冬に顔や背中が乾燥するとかゆみが起こるのと同じように、頭皮も乾燥することによってかゆくなってしまいます。

また、乾燥によって乾性フケというフケの症状が発生することもあります。

乾性フケは、乾燥した頭皮が荒れて、角質が剥がれ落ちることによって起こります。

皮脂

皮脂分泌が過剰だと、皮脂と細菌が結びついて炎症を起こし、かゆみの原因となることがあります。

また、脂性フケは、皮脂の分泌によって菌が繁殖することで起こります。

このように、皮脂と乾燥という全く別のふたつの原因ではありますが、どちらもフケとかゆみという同じ症状を引き起こします。

このほか、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などによっても頭皮のかゆみやフケが出ることがあります。

こうした症状を緩和するためには、原因となる事柄を取り除くことが大切です。

シャンプー方法の見直しやストレスの軽減を心がけましょう

Asian woman skincare image
頭皮のフケやかゆみを抑えるために、シャンプー方法や毎日の生活を見直しましょう。

乾燥と皮脂どちらが原因であっても対処できる方法をまとめてご紹介します。

シャンプー

シャンプーをする頻度は、多すぎても少なすぎてもいけません。

1日~2日に1度が目安となります。

また、あらかじめお湯で予洗いを行って余分な汚れや皮脂を落としておくことも大切です。

シャンプー剤は使い過ぎないように注意して、泡立ててから頭皮に乗せるようにしましょう。

指の腹で揉むように洗い、しっかり洗い流します。

この時、流しが足りないとフケやかゆみの原因になるのでしっかり流しましょう。

シャワーだけでは不安な場合は、タライにお湯を張って頭皮ごとつけるようにするとしっかり流すことができます。

生活習慣

ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足もフケやかゆみの原因となります。

ストレスを完全に取り除くことは難しいかもしれませんが、極力ストレス発散を心がけるようにしましょう。

また、栄養バランスの良い食事を1日3回規則正しく食べることや、最低でも6時間夜間に睡眠を摂ることも大切です。

フケや痒みが強い場合は皮膚炎の可能性もあります

フケやかゆみといった症状がひどくて治らないという場合は、皮膚科の受診を検討しましょう。

何故なら、脂漏性皮膚炎という皮膚の炎症を起こしている可能性があるからです。

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎は、皮脂によってマラセチア菌という菌が繁殖して起こります。

その他、ストレスやシャンプー剤などの濯ぎ残しなどによっても起こります。

症状は、頭皮のかゆみやフケです。

また、脂漏性皮膚炎だと思って皮膚科を受診したところ、単なるストレスであったというケースもあります。

どのような原因でかゆみやフケが起こっているのかを正確に知るためには、専門家の診たてが最も効果的です。

放置するとひどくなるケースも

フケやかゆみは、放っておくとより症状がひどくなることがあります。

また、強いかゆみから爪を立てて頭皮を掻いてしまい、傷になって頭皮が炎症を起こしたり、ニキビなどの出来物ができてしまったりすることもあります。

こうしたケースを防ぐためには、病院で処方される薬を使うのが一番です。

フケやかゆみの程度が激しい場合や、なかなか改善されない場合は、皮膚科に行って相談するようにしてください。

(まとめ)女性のフケとかゆみには関係があるの?

1.女性のフケとかゆみには密接な関係があります

頭皮のフケとかゆみは、乾燥と皮脂という同じふたつの原因から起こります。

また、フケとかゆみが症状として現れる病気もあります。

生活習慣を見直したり皮膚科を受診したりして改善するようにしましょう。

2.フケも痒みも皮脂や乾燥が原因で起こります

フケと痒みは、頭皮の乾燥、もしくは皮脂の過剰な分泌という同じ原因から起こります。

その他、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などからフケやかゆみの症状が出ることもあります。

3.シャンプー方法の見直しやストレスの軽減を心がけましょう

頭皮のフケやかゆみを軽減させるために、シャンプーを1日~2日に1度丁寧に行うようにしましょう。

十分に洗い流すことが大切です。

また、ストレス発散や食生活の見直し、睡眠時間の確保も併せて行いましょう。

4.フケや痒みが強い場合は皮膚炎の可能性もあります

フケやかゆみがひどい場合は、脂漏性皮膚炎を起こしている可能性があります。

また、脂漏性皮膚炎だと思ったらストレスだったというケースもあり、正確な診断はやはり医師でなくてはできません。

症状が強い場合は皮膚科を受診しましょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む