女性の薄毛にどこから始まるというはっきりしたポイントはありません

af9980008578l
女性の薄毛は、髪全体が薄くなる場合が多く、必ずここから始まる、ということはありません。しかし、「薄くなってきたかも」と気付きやすい場所として、分け目と頭頂部があげられます。

分け目を作っている人は分け目を、そうではない人は頭のてっぺんの髪のボリュームについて注意するようにしてみてください。
髪が少なくなってきているかも?と感じたら、積極的に対策を始めることをお勧めします。

分け目や頭頂部は普段は自分で見ない場所です

自分の分け目や頭頂部は、普通に暮らしているとなかなか目に入る機会はありません。
しかし、自分より背の高い人と話す時や、椅子に座っているとき、人からは他人の頭の上が良く見えます。

こうした部分は、特に薄毛が目立ちやすい場所でもあります。
男性に比べて髪が長いことが多い女性は、髪の重みがあることもあって、分け目がひっぱられ、そこから薄毛が進行していくこともあります。

また、髪全体が薄くなる女性特有の薄毛である、びまん性脱毛症になっている場合、頭頂部のボリュームはわかりやすい目安となります。
鏡で髪を見た時に目に入りやすいサイドの髪は、上部からの髪の毛でカバーされるため、内部で薄毛が起こっていたとしても気付けないという特徴があるのです。

ある日、ふと自分の分け目や頭頂部が目に入った時にびっくりしてしまわないように、時々はこうした見えにくい部分の状態をチェックしてみるようにしましょう。
定期的に見ておくことで、薄毛の早期発見にも役立ちます。

女性の薄毛は髪の太さがポイントです

Fotolia_87490032_Subscription_Monthly_M
分け目が目立ち始めたと感じている人や、頭頂部のボリュームが減って髪の厚みがなくなった気がするという人は、すぐに「抜け毛が増えたんじゃないか」と考えてしまいがちです。それで、ブラシに残った髪の毛の量や、シャンプー後の排水溝をチェックしてみるという人もいるでしょう。

しかし、問題は髪の本数ではなく、髪の太さである場合もあります。特に女性の場合は、髪全体が痩せてしまって薄毛になったように見えるケースが多いため、「薄毛=抜け毛」ではないということを覚えておく必要があります。

髪全体が細くなるといってもイメージがわかないという人は、まずお弁当箱をイメージしてみてください。

そのお弁当箱に、これから10個のおかずを詰めます。そのおかずが唐揚げだった場合、そもそも10個も中に入らないでしょう。
ところが、ミニトマトであれば恐らく入りますし、黒ごまでは、10粒ばかり入れてみても、上から見た図はすかすかです。

髪もこれと同じで、同じ面積の頭皮に生える髪は、1本が太ければ太いほど密集して、隙間なく生えているように見えるのです。
分け目や頭頂部が気になるかも、と思ったら、髪の毛の太さが細くなっていないかチェックしてみましょう。

薄毛かも、と思ったら薄毛ケアを始めましょう

分け目や頭頂部が薄くなってきたような気がしたら、早めに髪の健康を取り戻すための対策をとりましょう。髪の毛の太さを太くしたり、抜け毛を減らしたりするためにはいくつかの方法があります。

日常生活を見直す

ストレスや喫煙など、原因に心当たりがある場合は、まずそれをできるだけ取り除くようにしましょう。それから、脂っぽい食事や塩分、糖分を控える、髪に良い栄養満点の食事をする、しっかり睡眠時間を取るなどの対策を行っていきます。
また、お風呂に入ったり運動をしたりして血行を良くすることも効果的です。

病院にかかる

数は少ないものの、女性のためのヘアケア専門クリニックもあります。難点としては、数が少なく通うのが大変ということと、非常に高額であるということです。

ケア用品を使用する

こちらは病院よりは手軽に行える方法です。日常生活の見直しにプラスして更に対策を行いたいという人に向いています。

日常生活の改善は、髪の健康のために重要なポイントとなります。

もしかして髪が細くなってるかも? と感じたら、まず毎日の暮らしを見直してみましょう。

(まとめ)女性の薄毛、どこから始まる?

1.女性の薄毛にどこから始まるというはっきりしたポイントはありません

女性の薄毛に、「必ずここから始まる」といところはありません。ただし、意識しやすい場所としては分け目と頭頂部が挙げられます。
時々チェックしてみるようにしましょう。

2.分け目や頭頂部は普段は自分で見ない場所です

普段はあまり目に入らない分け目や頭頂部ですが、薄毛の進行がわかりやすく、人の目につきやすい部分ですから時々はチェックしてみましょう。
薄毛の早期発見にも役立つはずです。

3.女性の薄毛は髪の太さがポイントです

薄毛は、髪の毛が細くなることで起こり始めるというケースもあります。
薄くなってきたから即抜け毛が増えたというわけではないということを知っておきましょう。

4.薄毛かも、と思ったら薄毛ケアを始めましょう

薄毛が始まっているかもしれないと感じたら、早めに対策をとるようにしましょう。日常生活の見直しから始め、更に本格的な対策をとりたい人は病院にかかったり、ケア用品を使用したりといったことも視野に入れても良いでしょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む