梅雨の時期は女性の薄毛にとって大敵です

3597cad48b684bcfd7a8832d410dbbd7_s
梅雨の時期は、雨が多く、髪が濡れる機会もそれだけ多くなります。
埃やチリなどを含んだ雨が頭皮に付着すると、それらが汚れとなって毛穴に詰まり、薄毛の原因となることがあります。

また、濡れた髪はダメージを受けやすいため、ちょっとしたことが大きな刺激になってしまいます。
夏に向かって気温も上がる時期ですから、ただでさえ蒸れやすい上に、梅雨は湿気が多く、薄毛の大敵なのです。

雨を防ぐための折りたたみ傘や帽子などを常備して、濡れたらすぐに乾かしたり、シャンプーでこまめに汚れを落としたりするようにしましょう。

梅雨時は髪に良くない様々なことが起こります

梅雨は、薄毛が気になる人にとっては、単に雨が多い季節というだけではありません。梅雨に起こる問題についてご説明します。

雨に濡れることで、頭皮に埃やチリが付着します。これをそのままにしてしまうと、毛穴に汚れが詰まってしまって薄毛の原因となるのです。

また、髪が濡れた状態というのは、それだけで悪影響といえます。
髪がダメージを受けやすい状態になってしまうため、ちょっとした刺激が薄毛に繋がりかねないのです。

細菌の繁殖

梅雨時は、食品が傷みやすい時期ということが知られています。
これは、湿度の高さや気温の上昇によって細菌が繁殖しやすい環境が整っているということなのです。

細菌は、食品だけでなく頭皮で繁殖することもあります。そうすると、頭皮が炎症を起こしたり、痒みが起こったりといったトラブルが起こります。

気温の上昇

気温が高くなれば、汗をかきやすくなります。

梅雨時は湿度も高いため、体中がべたつく感覚に悩まされるという人もいるでしょう。こうした汗は、皮脂となって毛穴につまり、脂漏性脱毛などの原因となります。

梅雨の対策をとらないと、薄毛以外にも問題が起こります

af9920081570l
梅雨時は、きちんと対策をとらないと薄毛以外にも問題が起こります。

女性にとって、清潔感のある身だしなみは大切なものです。
梅雨を美しく乗り切るためにしっかり対策をとるようにしましょう。

衣服や体の濡れ

梅雨時は常に折り畳み傘を持つようにして、急な雨にも濡れない工夫をしましょう。衣服や体が濡れていると、せっかくお洒落をしてもみすぼらしく見えてしまいます。

お化粧が落ちてしまうこともありますから、特に頭や顔は濡れないように気を付ける必要があります。

頭皮への汚れの蓄積

濡れた頭皮をそのままにしておくと、汚れや細菌が蓄積されて悪臭がしたり、フケが出たりしてしまうこともあります。梅雨時は1日1回必ず髪を洗うようにしましょう。

汗対策

ジメジメとした梅雨時に、顔から汗をしたたらせていたり、汗染みのできた服を着たりしているのはみっともないことです。吸水率の良いタオルを持参したり、汗取りパッドを利用したりして対策をとるようにしましょう。

梅雨時期に受ける髪へのダメージを減らすための対策

梅雨は薄毛を悪化させやすい季節であることは、前述の通りです。そこで、薄毛を進行させないための梅雨時の対策方法についてまとめました。
すぐに実践できることばかりですから、梅雨の時期には心がけるようにしてください。

濡れない

当たり前のことですが、雨に濡れない努力は大切なことです。
折り畳み傘を常にカバンに入れておく、帽子をかぶるといった簡単な対策で、雨から頭や体を守ることができます。

汚れはしっかり落とす

梅雨の雨に濡れた頭皮はもちろん、汗をかいた体や、細菌が付着しているかもしれないお肌にも注意が必要です。
毎日眠る前にお風呂に入り、1日の汚れをしっかり落とすようにしましょう。

朝の入浴の場合、汚れたままベッドに入って就寝することになってしまうため、夜のお風呂をお勧めします。

湿度に注意する

除湿器を活用する、炭を置く、適切な換気を行うなどして、湿度が上がりすぎないように注意しましょう。
多少電気代はかかりますが、エアコンのドライ機能を使うと、手軽に涼しくカラッとした室内環境を手に入れられます。

(まとめ)梅雨時は女性の薄毛がひどくなるって本当?

1.梅雨の時期は女性の薄毛にとって大敵です

髪が雨に濡れると、雨に含まれる埃などが頭皮に付着して毛穴に詰まることがあります。気温も高く湿気た梅雨の時期には、傘などを常に持ち歩き、ケアを怠らないようにしましょう。

2.梅雨時は髪に良くない様々なことが起こります

梅雨時は、単に雨が多く降るという以外にも様々な問題が起こります。雨による埃の頭皮への付着や、濡れた髪が受けるダメージ、細菌の増加、汗の増加などがそれに当たります。

3.梅雨の対策をとらないと、薄毛以外にも問題が起こります

梅雨時は、特に身だしなみに気を付ける必要があります。濡れた衣服や流れたお化粧はみすぼらしいものですし、洗髪を怠ると悪臭の原因にもなります。

汗対策もきちんと行って身だしなみを整えましょう。

4.梅雨時期に受ける髪へのダメージを減らすための対策

梅雨時期には、濡れないために傘を持参するといったことはもちろん、汚れを落とすために毎日入浴する、部屋の湿度を下げるなどの対策も必要です。エアコンのドライ機能は電気代はかかりますが部屋を快適に保ってくれます。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む