女性が薄毛を気にし始める平均年齢は40歳前後からです

④
女性が薄毛を気にし始める年齢は、40歳前後といわれています。
理由としては、更年期による女性ホルモンの減少が関係しています。
このエストロゲンは、40代に差し掛かるあたりから急激に減り始め、更年期障害などを引き起こすのです。

つまり、この頃から薄毛が気になりはじめる人が多いというのは、至極もっともだと言えるでしょう。しかし、ここで迅速に対策ができなければ、後手に回ってしまいます。
健やかな髪を保つためには、出来る限り早めに動く必要があるでしょう。

女性の体は40歳前後を境に大きな変化を迎えます

女性ホルモンは、閉経前後に急激に減少することになります。
閉経は平均して48~52歳頃と言われていますが、40歳頃に閉経する人もいれば、50代半ばまで生理が続く人もいます。

このように個人差は大きいものの、40歳頃~50代で閉経を迎える人がほとんどで、その前後の10年程が更年期と呼ばれる年代となります。
更年期に入ると、女性ホルモンが急激に減少することによるホルモンバランスの乱れが起こります。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性の髪の寿命や健康に大きな関わりを持っているため、こうした女性ホルモンの減少によって、女性の薄毛が引き起こされるのです。
もちろん、起こる問題は薄毛だけではありません。

更年期障害と呼ばれる数々の体調不良や、イライラ感、不眠など、更年期に起こる問題は多種多様です。
また、女性ホルモンが急激に減少することによるシワやシミの増加、肌のたるみなども起こります。

40歳前後の女性というのは、こうした大きな変化の入口に立っている状態なのです。

薄毛が気になり始めた女性は早めの対策をお勧めします

Fotolia_79488212_Subscription_Monthly_M
薄毛が始まってからあれこれと手を打っても、結果を出すのは簡単ではありません。
薄毛対策は、早ければ早いほど効果も期待できやすいものです。

もしかして、薄毛かも? と思ったときには、もう対策を始めているというのが理想でしょう。もっと言えば、薄毛になる前から、将来のためにある程度の対策を講じておくことが大切なのです。

上記の通り、女性の薄毛はエストロゲンの減少によって引き起こされることが多いため、減ってからの対策ではなく「減らない対策」を取ることが重要です。
薄毛が本格化する前に、早め早めの対策を意識するようにしましょう。

薄毛が気になり始める年齢を遅くするための生活習慣

20代、30代の女性の中にも、薄毛に悩む方は確かにいます。
しかし、40代、50代、60代になると、その割合は着実に上がっていきます。

男性の場合、年齢が上がると薄毛をあまり気にしなくなる傾向がありますが、女性の場合は年齢に関係なく深刻な問題となるでしょう。
女性の薄毛が加齢によるものである以上、「薄毛が気になる」と感じる日は、誰にでもいつか訪れる可能性があるものです。

ただ、その年齢をなるべく遅くすることはできるかもしれません。そのためには、日頃の生活習慣を見直して、健康的な毎日を送ることが大切です。

適度な運動を行い、タバコや飲酒の習慣がある人は改めるようにしてください。
また、睡眠時間は決まった時間にしっかり摂るように心がけましょう。

特に夜は、22時頃には就寝するのが理想です。働いている人にとってはなかなか難しい時間だと思いますが、せめて日付が変わる前にはベッドに入ることをお勧めします。

健康な食事と運動、良質な睡眠が、美しい髪を作ってくれるのです。

さらに、日ごろのシャンプーやブラッシングなどに気を遣うことも大切です。
知らず知らずのうちに、髪や頭皮にダメージを蓄積させてしまうことのないように、正しいケアを心がけましょう。

自分の体質に合った、育毛成分を配合したシャンプーを取り入れるのも有効な対策になります。

(まとめ)女性の薄毛が現れる平均年齢はいくつくらい?

1.女性が薄毛を気にし始める平均年齢は40歳前後からです

女性の薄毛が気になり始める年齢としては、40歳前後が多いようです。これは、40代頃から女性ホルモンのバランスが崩れるためです。対策が後手に回ってしまわないように注意しなくてはなりません。

2.女性の体は40歳前後を境に大きな変化を迎えます

閉経の前後10年ほどは更年期と呼ばれ、心身に様々な問題が起こります。また、女性ホルモンの急激な減少により、薄毛以外にも肌の衰えなどが引き起こされます。40歳前後というのは、こうした現象の始まりの年なのです。

3.薄毛が気になり始めた女性は早めの対策をお勧めします

薄毛対策は早めにとることが大切ですから、薄毛が気になり始める前から気を付けておくようにしましょう。薄毛を招くエストロゲンの減少を少しでも抑えるために、事前の対策を考えてください。

4.薄毛が気になり始める年齢を遅くするための生活習慣

女性にとって、いくつになっても薄毛は起こってほしくないことです。薄毛が気になり始める年齢をなるべく遅くすることは、生活習慣の改善などによって可能だと考えられているので、実践してみてください。また、シャンプーをはじめ、正しいヘアケアを意識することも大切です。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む