女性の薄毛の予兆を感じ取るためには正しい知識と日頃の観察が重要です

af9920062532l
「薄毛の予兆かも…」と感じるときは、ブラッシングをしたときや、髪を洗った後の抜け毛を見たときが多いのではないでしょうか。

しかし、こういった現象を一概に薄毛に繋がると決めつけるのは危険です。
女性の髪は、妊娠後に急激に抜けたり、季節の変化によって一時的に抜け毛が増えたりすることもあるからです。

実際に抜けた量よりも、髪自体の状態や抜け毛の状態から薄毛の予兆がないかどうかを判断するようにしましょう。

季節や体の状態によって髪の抜ける量は変わります

動物には、夏毛と冬毛があります。
人間も同じように、季節の変わり目には抜け毛が増えるという傾向があります。

そのため、春や秋には、普段よりも抜け毛が多いような気がする、と感じる人が増えるのです。
特に秋は、夏の間の頭皮へのダメージから抜け毛が増える季節でしょう。
もちろん、頭皮のダメージは少ないに越したことはありませんが、秋の抜け毛は薄毛の予兆がない人であっても多いものです。

この時期の薄毛を気にしすぎてストレスを溜めてしまう方が、よほど髪の毛にとってよくないこといえます。

また、女性特有の抜け毛が増える時期として、出産直後があげられます。といっても、これは妊娠中に一時的に抜け毛が減ることが原因で、その時期に抜けるはずだった髪が後でまとめて抜けているというだけなので、特に心配する必要はありません。

抜け毛の量は、髪の毛の総量によっても変わります。つまり、1日に60本しか髪が抜けない人であっても、1日100本髪が抜ける人よりも薄毛傾向にあるという場合もあるということです。
抜けた髪の量だけを理由に薄毛を不安に思うことがないようにしましょう。

抜けた髪や生えている髪の状態を確かめてみましょう


抜け毛が気になりだしたら、まず、自分の髪の毛について鏡で良く観察してみましょう。

髪の毛のコシやハリは今まで通りでしょうか。また、髪の太さはどうでしょうか。

今までと比べて、細くなっていたり、弱々しくなっていたりしたら注意が必要です。

しかし、髪の毛がしっかりとしていて、特に変化はないように思えるのであれば、それほど心配する必要はないかもしれません。

次に、抜けた髪の毛について見てみます。
髪の根本はどのような状態になっているでしょうか。

きちんと丸い毛根が付いていた場合、それは問題のない抜け毛です。
しかし、根本がふよふよと細くなっていたり、毛根が丸くなかったりした場合には、まだ抜けるべきでない毛が抜けてしまっている可能性もあります。

また、抜け毛の太さ自体もチェックのポイントです。
しっかりとした太さに成長する前の、細い毛や短い産毛のようなものがたくさん抜けている人は、薄毛の予兆が出ていると考えて良いでしょう。
一方、しっかり育った毛が抜けているという人はそれほど心配に思う必要はありません。

予兆を感じたら早めに対策をとるようにしましょう

薄毛の予兆を感じたら、早めの対策をとることが大切です。薄毛は多くの場合加齢と共に進行していくものですから、放置すればするほど状況が悪くなってしまう可能性が高いからです。
すぐにできる薄毛対策としては、生活習慣の見直しが挙げられます。

喫煙習慣がある人はまず喫煙をやめましょう。
いきなり禁煙をするとストレスになるという人は、少しずつ減らすだけでも効果を望むことができます。

また、過度な飲酒やカフェイン、塩分、脂質の摂取も薄毛のためには良くありません。
薄毛の予兆を感じたら、こうした食事はやめるようにしましょう。

その他の薄毛対策としては、適切な睡眠と運動、入浴があげられます。
睡眠時間を確保して適度な運動をし、しっかり湯船につかることで血行が良くなり、体が活力を取り戻すのに役立ちます。

たとえ薄毛の予兆が勘違いだったとしても、健康のために良いことばかりですから積極的に行ってみてはいかがでしょうか。

(まとめ)こんな症状があったら要注意! 女性の薄毛の予兆とは?

1.女性の薄毛の予兆を感じ取るためには正しい知識と日頃の観察が重要です

ブラッシングや洗髪後に髪がたくさん抜けていたからといって、薄毛の予兆だと決めつけるのは危険です。それよりも、抜けた髪の毛や生えている髪の毛の状態から予兆を感じ取れるようにしましょう。

2.季節や体の状態によって髪の抜ける量は変わります

季節の変わり目である春や秋には、誰でも抜け毛が増えます。また、女性の場合は出産直後にも抜け毛が多くなります。
抜け毛の量自体も個人差があるものですから、本数に一喜一憂しすぎないようにしましょう。

3.抜けた髪や生えている髪の状態を確かめてみましょう

今生えている髪の毛のコシやハリ、太さをチェックしてみましょう。以前と変わらなければ、薄毛の予兆はそれほど出ていないと言えます。
また、抜けた毛が太く毛根がしっかりしている場合もそれほど心配はいりません。

4.予兆を感じたら早めに対策をとるようにしましょう

薄毛の予兆を感じたら、生活習慣を見直してみましょう。喫煙をやめ、飲酒やカフェイン、塩分、脂質の摂取を控えます。
その他、睡眠をとったり運動をしたりと健康にも良いことばかりですから試してみてください。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む