女性の薄毛改善のためには、女性ホルモン対策を行うことが大切です

xf1635021382l
女性の薄毛にはいくつかの種類がありますが、その多くは女性ホルモンの乱れや減少から起こります。
妊娠後の薄毛は、妊娠中に女性ホルモンが増加した後、正常に戻るまでの間の急激な抜け毛が原因ですし、髪全体が薄くなるびまん性脱毛は、まさに女性ホルモンの乱れが原因で起こるものです。

こうした薄毛への対策は、原因となっている女性ホルモンの乱れや減少を改善させることで行います。女性ホルモンの乱れは、睡眠不足や栄養不足、ストレス、加齢など、さまざまな要因で起こります。

こうした原因ひとつひとつに対して対策をとると同時に、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを摂取することで、薄毛への効果が期待できます。

女性の薄毛は女性ホルモンの乱れから起こります

女性ホルモンの乱れや減少によって引き起こされる薄毛には、次のようなものがあげられます。

びまん性脱毛

最も多くの女性が悩んでいるタイプの薄毛で、髪全体が薄くなり、地肌が透けて見えるようになるのが特徴です。
これは、加齢による女性ホルモンの減少から起こるものですが、20代や30代の女性でも、女性ホルモンが乱れたり減少したりすることで発症することがあります。

女性ホルモンの乱れによってヘアサイクルが正常でなくなり、休止期が長くなってしまったり、成長期が短くなってしまったりすることから起こります。

分娩後脱毛

出産した後の女性が悩まされる薄毛の症状です。しかし、これは時が経てば自然と治るものですから、気にしすぎる必要はありません。

妊娠中は女性ホルモンが活発に分泌されます。
そのため、本来のヘアサイクルであれば抜けるはずだった毛も抜けずに留まるということが起こります。

それらが分娩後にまとめて抜けるのが分娩後脱毛ですが、ホルモンが正常化すれば自然と収まるのです。

女性ホルモンが乱れると薄毛以外にも多くの問題が起こります

imasia_13996717_M
女性は、40代~50代頃になると、更年期を迎えます。この時に起こる、のぼせや火照り、めまい、イライラ感などの辛い症状が更年期障害です。

こうした症状は、女性ホルモンの乱れから引き起こされます。
そのため、20代や30代といった若い年代であっても、女性ホルモンがなんらかの原因で減少するとこうした症状が出てしまうことがあります。
女性ホルモンは、女性の健康を維持するために非常に重要な役割を果たしているのです。

女性ホルモン減少の原因となるのは、ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足、冷えなどです。こうした原因から、女性ホルモンの分泌が乱れ、月経不順やPMSが起こるようになります。

また、お肌もハリを失い、みずみずしさがなくなっていってしまいます。
女性ホルモンが減少すると、薄毛だけでなく、女性らしい美しさがどんどん失われて行ってしまうのです。

その上、上記のような更年期障害の症状も出てきます。

加齢によるある程度の減少は仕方のないことですが、必要以上に女性ホルモンが減少してしまわないよう、健康的な生活を送るように心がけましょう。

健康的な生活とイソフラボン摂取を心がけましょう

加齢による女性ホルモンの減少を完全に止めることは、残念ながらできません。
しかし、女性ホルモンの減少の原因はそれだけではありません。毎日の生活習慣を改めて、加齢以外の要因で女性ホルモンが減ってしまうことのないよう心掛けましょう。

女性ホルモンが減少しづらい生活というのは、健康にも良い生活です。
更年期にさしかかる40代~50代女性にとって、健康的な生活は将来の元気のためにも大切なものです。

早寝早起きを心がけ、栄養のある食事を摂って、適度な運動を行うようにしましょう。

また、ゆっくり入浴することも、血行を促進するためおすすめです。
しっかり時間を取ってお風呂につかり、体を温めて就寝するようにしてみてください。

また、大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをすることで知られています。
女性ホルモンそのものを増やすことは困難でも、イソフラボンであれば手軽に摂取することができます。

豆乳や納豆、お豆腐などを毎日の食事に取り入れて、女性ホルモンの減少や乱れへの対策をするようにしましょう。

(まとめ)女性の薄毛対策のために大切なことは?

1.女性の薄毛改善のためには、女性ホルモン対策を行うことが大切です

女性の薄毛の原因は、多くが女性ホルモンの乱れや減少です。そのため、対策も女性ホルモンの乱れや減少の元となっている要因を取り除くことが主になります。
女性ホルモンに似たイソフラボン摂取もおすすめです。

2.女性の薄毛は女性ホルモンの乱れから起こります

女性に多い薄毛のタイプであるびまん性脱毛は、女性ホルモンの乱れや低下から起こります。また、分娩後脱毛は妊娠中の一時的な女性ホルモン過多から起こるものなので、時間と共に自然と収まります。

3.女性ホルモンが乱れると薄毛以外にも多くの問題が起こります

女性ホルモンが減少すると、更年期障害が起こります。加齢によるものの他、生活習慣の乱れやストレス、冷えなどからも女性ホルモンの乱れが起こるため、若い年代でも注意が必要です。

4.健康的な生活とイソフラボン摂取を心がけましょう

女性ホルモンは、加齢によってどうしても減っていってしまうものです。しかし、生活習慣を改めることで加齢以外の要因での減少はある程度食い止めることができます。また、大豆イソフラボンの摂取も効果的です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む