女性ホルモンの低下を抑えることは薄毛の予防につながります


一般に、男性と比べて女性は薄毛になりにくいといわれます。

これは女性ホルモンの働きがあるためです。

女性ホルモンのひとつエストロゲンは毛母細胞を活性化させ、髪にハリやコシを与えるなど頭髪の健康に深く関係しています。

またプロゲステロンには、ヘアサイクルを促進して髪の寿命を延ばす働きがあるといわれます。

しかし、40代前後になると女性ホルモンの分泌量はどんどん低下します。

更年期にさしかかった女性が薄毛になるケースが多いのはこのためです。

女性ホルモンが減少する理由は更年期だけとは限りません。

出産後には一時的にホルモンバランスが崩れ、産後の薄毛や抜け毛の原因となります。

また、仕事のストレスや過剰なダイエット、不規則な生活なども女性ホルモンの分泌を減少させてしまいます。

「それなら女性ホルモンを増やす方法はないの?」とは多くの方が思うところでしょう。

残念ながら女性ホルモンの量が一定量以上に分泌されるということはありません。

ですが、ホルモンバランスが乱れる原因をなくせば減るスピードを抑えることは可能です。

また、足りなくなった女性ホルモンを補ったり、分泌を促したりする形で薄毛の進行を遅らせることはできるのです。

2種類の女性ホルモンが髪の健康を保っています

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

薄毛の対策というとエストロゲンだけが注目されがちですが、プロゲステロンも髪にとっては重要な存在です。

エストロゲンは髪の成長と健康に影響

卵胞の成長を促すために分泌されるエストロゲンには、毛母細胞を活性化させ、髪の成長を促進する働きがあります。

また、髪にハリやコシを与えるコラーゲンの生成を促し、太く美しい髪を育てます。

さらに脱毛を促す男性ホルモン(テストステロン)の影響を抑制する役割もあります。

プロゲステロンは髪の寿命を延ばす

プロゲステロンは髪のライフサイクルに作用するホルモンです。

成長期にある髪が抜けてしまうのを予防する、つまり「毛髪の寿命を延ばす」役割を持っています。

男性は皮脂の分泌を促す男性ホルモンが優位な上に、これらの女性ホルモンの量が少ないために薄毛になりやすいと考えられます。

女性ホルモンが減少すると髪は成長せず、痩せていく


女性ホルモンは年齢とともに分泌量が低下し、閉経後にはエストロゲンは10分の1に減り、プロゲステロンも激減します。

エストロゲンとプロゲステロンをおもに出す働きを担う臓器が、卵巣から副腎へと変わります。

まず30代後半からプロゲステロンの分泌が減少します。

すると髪は成長しきれずに抜けてしまうようになります。

やがて40代になるとエストロゲンも減りはじめます。

髪を太くしなやかに保つコラーゲンの量が低下するため、細く、ハリのない髪になり、全体のボリュームが失われます。

髪の寿命が短くなり、髪そのものが痩せてしまった結果「薄毛」の状態になってしまうわけです。

しかし、ホルモンバランスを崩す要因となるストレスや食生活を改善したり、体外からの栄養を摂取したりすることで、減少を最小限にくいとめ、移行をスムーズにすることは可能です。

重要なのは「女性ホルモンをコントロールする」という意識です。

女性ホルモンの減少を抑えるには3つの対策

  1. バランスのよい食事

    女性ホルモンの生成に影響するたんぱく質や亜鉛、鉄、ビタミンE、ビタミンB6などを意識して取りましょう。

    女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンも有効な成分です。

    キャベツに含まれるボロンという成分にも女性ホルモンの分泌を促す効果があるといわれています。

  2. ストレスの排除

    長期間ストレスにさらされると脳の視床下部・下垂体がダメージを受け、ホルモン分泌量を低下させます。

    直接の原因を排除することは難しくても、たまったストレスを発散し、リラックスすることでホルモンバランスを整える効果があります。

  3. 良質な睡眠

    ホルモンの生成・分泌のリズムをつくるのは睡眠なので、できるだけ質のよい睡眠を取る必要があります。

    午後10時から午前2時がゴールデンタイムだといわれますが、4時間以上のまとまった睡眠が大切ともいわれます。

    更年期障害の治療としてホルモン補充療法やプラセンタ注射といった方法もあるようです。

    プラセンタやマカ、ブラックコホシュなど、女性ホルモンに似た成分や、女性ホルモンの分泌を促す効果のあるサプリメントも有効といわれることがあります。

(まとめ)女の薄毛は女性ホルモンで改善できる?

1. 女性ホルモンの低下を抑えることは薄毛の予防につながります

女性が薄毛になりにくいといわれるのは女性ホルモンの働きがあるためです。

しかし、更年期になるとその分泌量は低下します。

生活習慣を見直して女性ホルモン減少を抑え、薄毛の進行を遅らせることは可能です。

2. 2種類の女性ホルモンが髪の健康を保っています

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

  • エストロゲン

    毛母細胞を活性化させ、髪の成長を促進し、コラーゲンの生成を促して髪にハリやコシを与えます。

  • プロゲステロン

    髪の寿命を延ばす役割を持っています。

3. 女性ホルモンが減少すると髪は成長せず、痩せていく

プロゲステロンが減少すると髪は成長しきれずに抜け毛が増え、エストロゲンが減少すると髪は痩せてボリュームが減ります。

こうして「薄毛」になるのです。

減少を少しでもくいとめるために、「女性ホルモンをコントロールする」意識を持ちましょう。

4. 女性ホルモンの減少を抑えるには3つの対策

生活環境を改善することで女性ホルモンの分泌を促し、減少を抑えられます。

  • バランスのよい食事
  • ストレスの排除
  • 良質な睡眠

プラセンタやマカ、ブラックコホシュなどのサプリメントの利用や、ホルモン補充療法、プラセンタ注射など、外部からの改善方法もあるようです。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む