産後の女性ホルモンの変化が抜け毛につながることがあります


出産後、急激に抜け毛が増えて驚く女性も多いと思います。

女性特有の抜け毛に、「分娩後脱毛症」という名前がつくものがあります。

出産後に急激なホルモンバランスの変化が起こり、それが頭髪にも影響して、抜け毛につながるといわれています。

出産後の抜け毛は、産後1年から1年半ほどで、自然に回復するのが一般的です。

2度目、3度目の出産、あるいは高齢出産の際には、抜け毛の回復に時間がかかるといわれています。

この急激なホルモンの変化は、髪の毛だけでなく、産後うつやシミ・乾燥肌など、心身のトラブルにもつながることがあります。

産後のホルモンバランスを整えるために、イソフラボンを含む大豆製品を積極的に摂取するのがよいといわれています。

また、ビタミン、ミネラルを含む食品をバランスよくとり入れ、休息をしっかりとることが大切です。

女性ホルモンの分泌を促し、バランスを整えるための栄養素を補給し、抜け毛を予防するとともに、心身の健康を保って楽しく子育てをしたいものです。

出産後は急激に女性ホルモンが減少するといわれています

女性は妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが増加します。

妊娠中は、このエストロゲンの増加によって、毛髪の成長期・休止期というサイクルが変動して成長期が延長され、抜け毛が減るといわれています。

出産後、これらのホルモンは急激に減少するため、成長期が保持されていた毛髪が一斉に休止期に入り、抜け毛が急に増える、という仕組みのようです。

この急激なホルモンの減少は、妊娠前の体に戻ろうとする自然な変化なので、抜け毛は早い人で半年ほど、一般的にも1年から1年半ほどで回復することが多いようです。

ただし、2度目、3度目の出産、あるいは高齢出産の際には、抜け毛の回復に時間がかかるといわれています。

毎日の生活の中でホルモンの変化を緩やかにしていきましょう


体の自然の仕組みとはいえ、できれば女性ホルモンの急激な減少を少しでも緩やかにして、抜け毛を予防したいものです。

大豆製品などに含まれるイソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれているため、積極的に摂取するのがよいとされています。

ホルモンバランスを整える栄養素としては、マグロやカツオに多いビタミンB類、ナッツ類やアボカドに多いビタミンE、アサリや納豆に多いミネラル類(鉄・亜鉛など)があげられます。

また、睡眠の質を上げて休息をしっかりとることで、体内のさまざまなバランスも整えられるでしょう。

成長ホルモンが最も分泌されるのは、入眠直後の90分間、髪が最も成長するのは午後10時から午前2時頃といわれています。

このことを考え合わせて、夜12時までには就寝して、上質な睡眠を確保しましょう。

サプリメントやヘアケア剤も活用して心身のケアを

最近では、女性の体の仕組みを研究して開発されたサプリメントやヘアケア剤もあるようです。

イソフラボンは実は「エクオール産生菌」という腸内細菌によってエクオールに変化することで、ホルモンとして活性化します。

エクオール産生菌を体内に保有している人とそうでない人がいるそうです。

そこで、誰でも摂取できるエクオールを主成分とし、女性に嬉しいカルシウムやビタミンの成分を加えたサプリメントも登場しています。

また、「女性ホルモンの低下」に着目した豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども開発されています。

あなたに合ったサプリメントやヘアケア剤を試してみてはいかがでしょうか。

子育てで心身ともに疲れている時期の抜け毛には、精神的ダメージを受ける場合もあるでしょう。

抜け毛だけでなく、さまざまな悩みやストレスを一人で抱え込まず、誰かに相談したり、積極的にアイテムを活用してみたりしながら、乗り切ってください。

(まとめ)出産後の急激な抜け毛は女性ホルモンの変化が原因?

1. 産後の女性ホルモンの変化が抜け毛につながることがあります

出産後に急激なホルモンバランスの変化が起こり、それが頭髪にも影響して、抜け毛につながるといわれています。

出産後の抜け毛は、産後1年から1年半ほどで、自然に回復するのが一般的です。

産後のホルモンバランスを整えるために、イソフラボンを含む大豆製品、ビタミン、ミネラルを含む食品をバランスよくとり入れ、休息をしっかりとることが大切です。

2. 出産後は急激に女性ホルモンが減少するといわれています

妊娠中は、エストロゲンの増加によって、毛髪の成長期・休止期というサイクルが変動して成長期が延長されていますが、出産後、ホルモンは急激に減少するため、毛髪が一斉に休止期に入り、抜け毛が急に増える、という仕組みのようです。

抜け毛は早い人で半年ほど、一般的にも1年から1年半ほどで回復することが多いようです。

3. 毎日の生活の中でホルモンの変化を緩やかにしていきましょう

大豆製品などに含まれるイソフラボンは、体内でエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれているため、積極的に摂取するのがよいとされています。

ホルモンバランスを整える栄養素としては、ビタミンB類、ビタミンE、ミネラル類(鉄・亜鉛など)があげられます。

また、睡眠の質を上げて休息をしっかりとりましょう。

4. サプリメントやヘアケア剤も活用して心身のケアを

イソフラボンから産生したエクオールを主成分とし、カルシウムやビタミンの成分を加えたサプリメントや、「女性ホルモンの低下」に着目して豆乳発酵液を配合したヘアケア剤なども開発されています。

抜け毛だけでなく、さまざまな悩みやストレスを一人で抱え込まず、誰かに相談したり、積極的にアイテムを活用してみたりしながら、乗り切ってください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む