女性ホルモンが、頭髪の生え変わりに影響するからです


人には、男性ホルモンと女性ホルモンの両方が必ず存在しています。

そして、このふたつのホルモンバランスで、男性らしい体や、女性らしい体ができあがっているといえます。

特に、女性ホルモンといわれる「エストロゲン」には丸みをおびた体格を作ったり、月経をコントロールしたり、頭髪の生え変わりサイクルを調整したりする働きがあります。

そのため、何らかの理由により体内の女性ホルモン分泌量が減少してしまうと、健康な髪の毛の成長サイクルが阻まれてしまうこともあるのです。

エストロゲンの分泌が減少してホルモンのバランスが崩れると毛周期が崩れてしまい、抜け毛が増えたり、薄毛になってしまったりします。

美のホルモン「エストロゲン」が髪の毛の育成に重要

美のホルモンと呼ばれる「エストロゲン」は卵巣から分泌され、女性らしい体を作り出すために重要なホルモンです。

肌の美しさを保ったり、髪の毛の成長を促したり、髪の毛ができるだけ長く抜けないように維持してくれたりする効果があります。

エストロゲンの効果で頭髪が抜けにくくなることから、健康な髪の毛が時間をかけてゆっくりと成長していくことができるということです。

また、エストロゲンにはコラーゲンの合成を促す働きがあります。

コラーゲンは肌をツヤツヤさせて若さを保つために必要な成分だといわれていますが、健康で美しい髪の毛を育てるためにも重要です。

近年の研究結果によると、髪の毛を作り出す「毛包」という器官の元になる「毛包幹細胞」を維持していくためには、コラーゲンが必要不可欠だということがわかっています。

そのため、体内のコラーゲンが不足すると毛包が正常に機能しなくなり、薄毛の原因になってしまうのです。

女性ホルモンが減少しやすい人には特徴があります


女性の場合、エストロゲンは思春期の頃から分泌が活性化し、20~30代でピークを迎えます。

その後、年齢に伴い減少していくのですが、まれに加齢以外の原因でエストロゲンの分泌が減少してしまうことがあります。

では、エストロゲンが減少しやすいのは、どのような女性なのでしょうか。

  1. 出産後の女性
  2. 無理なダイエットをしている女性
  3. 喫煙、睡眠不足など生活の習慣が乱れがちな女性
  4. 日常的に強いストレスを感じている女性

このうち、(1)の出産後の女性に関しては時間の経過と共にエストロゲンの分泌が戻ることが多いのですが、問題は他の3つです。

過度なダイエットを行うと、エストロゲンの分泌が低下して生理が不順になってしまったり、止まってしまったりします。

生理不順が薄毛の直接の原因になるわけではありませんが、生理不順と薄毛は密接な関係にあるといえるでしょう。

また、生活習慣が乱れている、日常的に強いストレスを感じているなどの場合も、自律神経がバランスを崩してしまうのでエストロゲンが減少します。

これらは問題を取り除かない限り、ホルモンバランスの修復は難しいのが現実です。

薄毛を防ぐためにできる、女性ホルモン対策と薄毛対策

薄毛を防ぐためには、女性ホルモンの分泌量を増やすことと同時に薄毛の対策をしていくと良いでしょう。

女性ホルモンを減少させないためにできること

女性ホルモンの分泌を減少させないためには、食事の内容や生活習慣を見直すことが重要です。

これを食べたから増加するといった特別な食事はありませんが、栄養バランスの良い食事を摂取することが大切でしょう。

また、ホルモンバランスを整えるために良質な睡眠も確保したいところです。

睡眠不足になると自律神経のバランスが乱れてしまい、エストロゲンの分泌にも大きな影響を及ぼします。

夜10時から夜2時頃までが、髪の成長のゴールデンタイムといわれているので、可能であればこの時間に良質な睡眠を確保できるといいですね。

薄毛を防ぐためにできること

髪の毛を洗いすぎると、かえって頭皮の乾燥を促してしまい薄毛につながることがあります。

シャンプーはアミノ酸系などの低刺激なもので、1日1回、すすぎを丁寧にして洗いましょう。

スカルプケアに特化したシャンプーもお薦めです。

また、頭皮の血行が悪いと、隅々まで栄養が行き渡らずに健康な髪の毛が育ちません。

指の腹で優しく頭皮を動かすようにマッサージし、血行を促進させると薄毛の対策にもなります。

(まとめ)体内の女性ホルモンが減少すると、なぜ薄毛になるの?

1. 女性ホルモンが、頭髪の生え変わりに影響するからです

エストロゲンといわれる女性ホルモンは、女性らしい体を作るために必要なホルモンです。

頭髪の生え変わりサイクルにも大きな影響を及ぼすホルモンなので、不足すると薄毛になりやすい傾向があります。

2. 美のホルモン「エストロゲン」が髪の毛の育成に重要

美のホルモンと呼ばれるエストロゲンはコラーゲンの合成を促す働きもあり、体内のコラーゲンが不足すると新しい髪の毛を作り出せなくなってしまいます。

肌だけでなく、美しい髪の毛の成長にもコラーゲンは重要です。

3. 女性ホルモンが減少しやすい人には特徴があります

加齢と共に不足しがちな女性ホルモンですが、日常の生活サイクルの乱れ、栄養不足、過度のストレスなどでもエストロゲンの分泌が減少してしまうことがあります。

心当たりのあるそのような生活をしている人は、見直してみると改善される可能性もあるでしょう。

4. 薄毛を防ぐためにできる、女性ホルモン対策と薄毛対策

女性ホルモンの分泌を促しつつ、同時に薄毛の対策をすることが大切です。

夜10時~夜中の2時は毛髪の成長のゴールデンタイム。

この時間に良質な睡眠をとることで、健康な髪の毛の育成を促すことができます。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む