薄毛改善効果が期待できるIGF-Ⅰを増やす作用が豆腐にはあります

a48779e4426d9405dd494a693284462a_s
女性の薄毛や白髪には「IGF-Ⅰ」が効果を発揮するといいます。
IGF‐Ⅰは「Insulin-like Growth Factor-Ⅰ」の略で、「インスリン様成長因子」と訳すことができ、毛髪の成長についての根本的な働きを助ける働きが期待されているのです。IGF-Ⅰは私たちの体内に存在しており、骨や筋肉、内臓、皮膚、神経や唾液などにあるアミノ酸結合体になります。

これを体内に増やせば薄毛が改善し、髪の毛のコシやツヤが増える美髪効果、また白髪の減少など、毛髪へのさまざまな効果が期待されます。

そこで、IGF-1を体内で増やすことができるのが、豆腐をはじめとした大豆食品であるといわれているのです。

IGF-Ⅰを増やすポイントを押さえよう

更年期を迎えようとする女性の髪の毛は細くなり、薄毛の進行も加速します。
こういった髪の毛の悩みは、女性ホルモンの減少によって引き起こされます。

女性ホルモン作用のうちの大部分が、IGF-Ⅰにより発現していることから、体内のIGF-Ⅰを増やすと、更年期に関係する髪の悩みが解決すると考えられているのです。

そんなIGF-Ⅰを増やすには、知覚神経を刺激する必要があります。髪の毛であれば、頭皮の知覚神経を直接的に刺激すればよいでしょう。
頭皮マッサージやお灸、入浴などは、適度な刺激となって頭皮にあるIGF-Ⅰを増加させる要因となります。

これらの直接的な刺激以外にも効果が期待できるのが、イソフラボンやカプサイシンの摂取です。
つまり、豆腐などの大豆製品や唐辛子を食べると、胃腸への刺激となって、全身のIGF-Ⅰが増えます。大豆食品とトウガラシという組み合わせが、胃腸の知覚神経をもっとも効率よく刺激すると考えられています。

生活習慣を変えましょう

imasia_8158219_M
近年では、薄毛に悩む女性の数が増加していると言われていますが、その主要な原因が、生活習慣の変化、食生活の欧米化にあると考えられています。
昔ながらの食事と異なり、大豆製品や玄米を摂らなくなったため、現代人の体からはIGF-Ⅰが減少しているのです。

上記の通り、IGF-Ⅰが減少すれば薄毛のリスクは高まります。

食生活を改善するには、昔ながらの、日本人の生活に立ち戻ればいいのでしょう。食事は和食中心で、できれば玄米がおすすめです。
味噌汁、納豆を毎日の食事に取り入れる習慣をつければ、女性の薄毛のリスクを減らすことができるかもしれません。

また、薄毛を改善したければ、甘いものを控えるのがおすすめです。

糖分は、胃の知覚神経機能を低下させると言われており、たとえイソフラボンやカプサイシンで胃の知覚神経を刺激することができたとしても、これを麻痺させるためIGF-Ⅰの増加を妨害します。

毎日の食卓に豆腐を取り入れよう

豆腐は、冷奴のように単独で食べるのはもちろんですが、煮物、サラダ、鍋料理など、いろいろな調理方法があり、またさまざまな素材との相性がよい食品です。食べるとボリューム感がありますが、カロリーは低いのでダイエット中の方にも心強い味方となります。

大豆の成分、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、女性ホルモンが減少し始める更年期に差し掛かった方には、体調維持のためにもおすすめの食材です。

また、イソフラボンとカプサイシンが同時に摂れる献立にもさまざまなものがあります。もっとも簡単にできるのは、「冷奴のキムチのせ」や、同じくキムチを用いた「チゲ鍋」があります。「麻婆豆腐」も、両方の素材がたっぷり食べられます。

ただ、薄毛を改善したいあまりに唐辛子を一度に大量に摂取するのはやめましょう。このようなメニューは、1日に1回で十分であり、食べ過ぎはかえって効果が低くなるとも言われていますので、気を付けてください。
IGF-Ⅰは夜間に増加すると考えられているため、夜ごはんのメニューに取り入れるのがおすすめです。

(まとめ)女性の薄毛に豆腐が効果的って本当ですか?

1.薄毛改善効果が期待できるIGF-Ⅰを増やす作用が豆腐にはあります

IGF-Ⅰは女性の薄毛の改善にも効果が期待されています。体内のIGF-Ⅰを増やすために豆腐などの大豆(イソフラボン)と唐辛子に含まれるカプサイシンを同時摂取するのがベストです。

2.IGF-Ⅰを増やすポイントを押さえよう

更年期前の女性の薄毛は女性ホルモンの減少が原因です。体内のIGF-Ⅰを増やすことにより薄毛は改善すると考えられており、そのためにはマッサージや入浴をし、食生活においてポイントを押さえることが必要です。

3.生活習慣を変えましょう

近年、女性の薄毛が増えている原因に、食生活の欧米化が挙げられます。食生活を見直し、玄米、大豆製品を積極的に毎日摂取することで、体内のIGF-Ⅰを増やすことができ、薄毛のリスクも回避できるでしょう。

4.毎日の食卓に豆腐を取り入れよう

豆腐は、女性ホルモン減少による薄毛改善だけでなく、健康増進効果も期待できる優秀な食材です。薄毛に効果がある唐辛子と豆腐を併せて使ったメニューには、手軽なものも多くあります。
1日に1回、夕ご飯に取り入れるのが効果的でしょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む