緑黄色野菜をたっぷり摂れば女性の薄毛への効果が期待できます

66952c2116a74ab67ad62d013b6ed96e_s
ビタミンCを豊富に含む緑黄色野菜は、肌に良いとされるコラーゲンの吸収を高める効果があります。コラーゲンは、人間のあらゆる臓器に存在しており、体内のたんぱく質全部のうちの約25%を占めている成分です。
コラーゲンは良質のたんぱく質であり、摂取することで体内でアミノ酸に分解されます。

肌にも十分にアミノ酸が供給されるため、コラーゲンをたっぷり摂った翌日にはお肌にハリがあると感じる女性が多いようです。頭皮と肌は1枚の皮でつながっているため、肌によいコラーゲンは当然頭皮にも良い影響を与えます。

肌だけでなく頭皮に弾力やハリが生まれれば、そこから生える髪の毛も健康になり、薄毛や抜け毛の予防にもつながるでしょう。

コラーゲンたっぷり野菜スープで頭皮ケア

良質のたんぱく質と野菜を毎日摂取することで、やがて頭皮に弾力やハリを与えてくれます。サプリなどでも補給は可能ですが、まずは食事から改善していきましょう。

野菜スープレシピ(2人分)

女性の薄毛改善が期待できる野菜スープ
材料 鶏の手羽先(2本)
玉ねぎ(中1個)
じゃがいも(小1個)
にんじん1/4個、ブロッコリー(小房にわけてもの・2,3個)
コンソメ(小さじ1杯)
水(300㏄)、塩コショウ(適宜)
  1. 玉ねぎ、じゃがいも、にんじんの皮をむいて小さ目の角切りにしてください。ブロッコリーは細かく刻みます。
  2.  鍋に水を入れ、手羽先とブロッコリーを除いた野菜とコンソメを入れます。弱火で40分から1時間ほど、コトコトと煮てください。
  3.  手羽先を鍋から取り出して、肉の部分をフォークなどで細かく裂いてから再び鍋に戻します。
  4.  ブロッコリーを加えて軽く煮たら、塩コショウで味を調えて出来上がりです。

意識して野菜を摂るのが難しいという方も、こういったレシピを活用すれば、手軽に摂取できるでしょう。簡単にできるので、忙しい日の献立にもおすすめです。

野菜不足は健康にさまざまな悪影響を与える

imasia_9082945_M
野菜の摂取量が少ないと、体にさまざまな不調をきたすようになります。便秘などを引き起こし、美容に良くないのはもちろんですが、場合によっては生活習慣病の原因となります。
それだけでなく、厚生労働省の統計によれば、女性の死因第1位は「大腸がん」だといいます。その大腸がんを引き起こす要因の一つにも、野菜不足が挙げられます。

ただ、やたらに野菜を食べればいいというわけではありません。

1日に350グラム

便秘に悩む女性は、2人に1人であると言われています。上記のように、便秘の主な原因の一つには野菜不足が挙げられます。厚生労働省および、糖尿病学会では、1日に350gの野菜を食べることを推奨していますが、これができている人は少ないので、茹で野菜や鍋物などを献立に多く取り入れましょう。

3食に分散させる

野菜には、人の消化酵素では分解することができない難消化性という一面があります。そのため、一度に350gの野菜を食べても胃には負担となってしまうでしょう。

1日3回の食事に分散させるのが理想です。

女性の薄毛にも影響を与えるコラーゲンが皮膚を作る成分です

コラーゲンというと、肌によい成分とイメージする女性も多いでしょう。
コラーゲンというのは、人間や動物の結合組織の主要なタンパク質を構成する成分です。

さまざまな臓器に存在する中でも特に、皮膚、骨、軟骨、腱やじん帯などに多く存在しているものです。人間の肌の真皮の実に約90%は、コラーゲンから構成されています。
コラーゲンの分子が集まり、膠原繊維と呼ばれる太い紐状になっている真皮においては、コラーゲンはとても強靭で弾力性に富んでいます。

これはそのまま、お肌のハリにも関係しているのです。つまり、加齢によってたるみやシワが気になったり、お肌の弾力がなくなったりするのは、コラーゲンの生成が減ったり膠原繊維が切れたり細くなったりして表皮を支える力が弱くなっていることによって起こるのです。

これは、薄毛の直接の原因である頭皮にも同じことが言えるでしょう。コラーゲンを経口摂取してもその多くはアミノ酸に分解されますが、より効果的に吸収するためには緑黄色野菜をはじめ、バランスの良い食事を心がけることが大切です。

(まとめ)女性の薄毛は野菜を食べることで解消できる?

1.緑黄色野菜をたっぷり摂れば女性の薄毛への効果が期待できます

緑黄色野菜にはビタミンCが豊富に含まれており、お肌にもよいと言われるコラーゲンの吸収を高める効果が期待できます。肌と頭皮は1枚でつながっているので、お肌に良いコラーゲンは頭皮にも効果的です。

2.女性の薄毛にも影響を与えるコラーゲンが皮膚を作る成分です

コラーゲンは人間や動物の結合組織の主要たんぱく質を構成していて、皮膚にも多く存在する成分です。コラーゲンの減少によって人間のお肌にたるみやシワ、頭皮には薄毛を起こす要因となりえます。

3.野菜不足は健康にさまざまな悪影響を与える

野菜不足は薄毛だけでなく、健康にさまざまな悪影響を与えます。女性の死因第1位である、大腸がんの主な原因の一つにも挙げられる野菜不足解消のために、1日350gの野菜摂取を目標に、3食に分散させて摂るようにしましょう。

4.コラーゲンたっぷり野菜スープで頭皮ケア

コラーゲンたっぷりの手羽先入り野菜スープを作って、コラーゲンを補いながら、ハリと弾力のある健康的な頭皮をめざしましょう。簡単にできるレシピなので、普段の献立に取り入れてみてください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む