女性の薄毛コンプレックスは考え方次第で克服できます

af9980016408l
薄毛に悩み、コンプレックスを感じている女性は大勢います。しかし、実際に「薄毛がコンプレックスなんです」と口にする方はあまりいないでしょう。

他人に簡単に相談できる悩みではないため、自分の中にコンプレックスを抱え込んだままひとりで密かに悩んでいるという方がたくさんいるのです。しかし、自分が気にしているだけで実際にはそれほど薄毛ではないというケースもあります。

また、ちょっとした考え方次第で克服できることもあります。薄毛コンプレックスに悩む方は、まず、ひとりで悩み過ぎないことを心がけるようにしましょう。ストレスはさらなる薄毛を呼び込んでしまいますから、百害あって一利なしなのです。

女性は毎日鏡を見るため自分の容姿に敏感です

朝、起床した後多くの女性は洗顔、お手入れ、お化粧をします。髪の毛をセットしたり、結ったりする人もたくさんいるでしょう。

また、昼間にはお化粧直しをし、夜はお化粧落とし、洗顔、お手入れを行います。

そのため、せいぜい洗顔と髭剃りくらいしか行わない男性に比べ、女性は鏡の前でゆっくり自分の顔と向き合う時間が長くあります。

それ自体はもちろん悪いことではありません。顔や髪に気を配ることや身だしなみを整えることはとても大切なことです。

しかし、そうすることによって、自分の顔や髪を頻繁に見ることになり、薄毛を必要以上に気にしてしまう場合もあります。今日は昨日よりも少ない気がする、髪をセットしているときの抜け毛が洗面台にたくさん落ちていて気になる、という場合、本当に客観的に見ても薄いのかそうでないのかがわからないまま、ただ不安を募らせているケースも多いのです。女性が容姿を気にするのは自然なことですが、気にしすぎてしまうのもよくありません。

本当に薄毛になっているのか知りたいという場合は、気の許せる家族や友人などに確認してみましょう。

薄毛を気にしすぎることで悪化させてしまうこともあります

imasia_15024393_S
「今日も髪をセットしたら○本毛が抜けた・・・」、「朝起きたら、枕に○本の毛が落ちていた・・・」など、薄毛は気にし始めるととまらなくなってしまいます。

髪をとかしたり、シャンプーをしたり、ドライヤーで乾かしたりと、何かする度に髪のことを気にしていると、風が吹いても抜け毛のことが気になる・・・ということになりかねません。

ストレスは、薄毛の大敵です。特に女性の場合、ストレスから髪をいじってしまったり、抜いてしまったりすることもあります。
そんな症状が出てしまうと、ますます薄毛には拍車がかかるばかりです。
女性にとって薄毛が大きな問題であることは明らかですが、気にし過ぎるとどんどん薄毛は悪化していってしまうのです。

また、ドライヤーの熱や温風が悪いからと生乾きのまま眠ってしまったり、シャンプーで刺激を与えたりしないように気を付けるあまりに、頭皮の汚れをきちんと落とせないなど、気を付けようとしたことが抜け毛にとって逆効果になってしまう場合もあります。

あまり神経質になりすぎて、却って悪化させないように気を付けるようにしましょう。

ちょっとしたことでできる薄毛カバーの方法

薄毛のカバーは、ちょっとしたことでも簡単に行うことができます。

ヘアスタイルを変える

分け目が気になる方は、思い切っていつもと違うところに分け目を作ってみましょう。また、分け目を作らないヘアスタイルも薄毛カバーにはおすすめです。
ショートカットでふんわり根元を立ち上げると、薄毛は目立ちにくくなりますから試してみてください。

ヘアカラーを変える

白髪染めをしている方は、真っ黒ではなく、明るめの色をチョイスしてみてください。薄毛部分は頭皮の色が透けて見えるため、真っ黒よりも、少し明るい色の方が薄毛も目立ちづらくなるのです。
ただし、脱色して金髪にするなど、頭皮にダメージをあたえるような方法はおすすめできません。

ヘアアクセサリーを付ける

大振りのヘアアクセサリーなどで、気になる部分をカバーしてしまう方法です。毎日つけると却って髪を引っ張って痛めてしまうことにもなりかねませんが、たまのお出かけ時のカバーにはうってつけです。
帽子は被り続けるわけにはいきませんが、ヘアアクセサリーであれば、つけっぱなしにすることができます。

(まとめ)女性の薄毛に対するコンプレックス克服法は?

1.女性の薄毛コンプレックスは考え方次第で克服できます

薄毛に対してコンプレックスを抱えている女性は、多くの場合人に話せずひとりで悩んでいます。しかし、ストレスは薄毛の原因にもなってしまいますから、考え方を変えて悩み過ぎないようにしてください。

2.女性は毎日鏡を見るため自分の容姿に敏感です

女性の薄毛コンプレックスは、容姿を気にするあまり過剰に感じてしまっているケースもあります。本当に薄毛になっているかどうか知りたい場合、ひとりで悩み過ぎずに周りの人に聞いてみましょう。

3.薄毛を気にしすぎることで悪化させてしまうこともあります

薄毛を気にする気持ちは当然ですが、気にし過ぎるとストレスから悪影響が出てしまうこともあります。また、薄毛対策をしようとして却って頭皮や髪の毛に悪いことを行ってしまう場合もあるため、注意が必要です。

4.ちょっとしたことでできる薄毛カバーの方法

薄毛が気になると、出かけていても憂鬱だったり、人目が気になってしまったりします。髪型や髪の色などを変えて薄毛を目立ちづらくしたり、大振りなヘアアクセサリーを付けたりすることで、ちょっとした薄毛はカバーすることができます。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む