女性ホルモンを活性化させるには、エストロゲンを増やすことが必要です。

Fotolia_69476316_Subscription_Monthly_M

エストロゲンは、卵巣から分泌される女性ホルモンのことを言います。

このエストロゲンは、30代以降から年を重ねるにつれて減少していきます。

この減少を防ぎ、エストロゲンを意識的に増やすことが、女性ホルモン活性化、ひいては薄毛の予防に繋がっていくのです。

女性ホルモンの分泌を活性化させることで、脱毛を改善させることができます

女性ホルモンの分泌が活性化することで、女性の身体に様々な良い影響を与えてくれます。

脱毛症に悩まされている女性にとっても、嬉しい効果が期待できるのです。

エストロゲンは、髪の発育にも関与しています。

髪が辿るサイクルには、毛を成長させる成長期、毛球が退化していく退行期、毛が抜ける休止期がありますが、エストロゲンはこの成長期の期間を長引かせてくれます。

また、エストロゲンにはコラーゲンの生成を促す作用があり、それが頭皮にも良い影響を与え、髪の毛を太く成長させます。

毛が細いと、どうしても髪全体のボリュームが落ちてしまい、薄毛に見られてしまいますが、エストロゲンによって改善させることができるかもしれないのです。

さらに、女性ホルモンは強力な抗酸化作用が働いているため、お肌や血管の老化を防いでくれます。

そのため、血液が滞りなく全身に行き渡り、隅々まで栄養や酸素が運ばれるため、頭皮の状態も若々しく保つことができます。

女性ホルモンを活性化させるだけで、様々な脱毛の改善効果が期待できるでしょう。

女性ホルモンが減少することで身体に悪影響を及ぼしてしまう場合があります

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s
女性ホルモンの減少を放置すると、脱毛だけでなく様々な影響が体に出てきてしまいます。

例えば、上記にもありますが、女性ホルモンはコラーゲン生成を促してくれる効果があるため、肌のたるみやシワなどが起こりやすくなってしまうでしょう。

また、血管の弾力性が失われてしまうことで、代謝が悪くなり、痩せにくく太りやすい身体を作ってしまいます。

さらに、代謝が低下することで、冷え症などの症状も出てきてしまうのです。

他にも、骨粗しょう症のリスクが高まったり、関節炎を起こしやすくなったりするなど、身体のあらゆる器官で障害や症状が引き起こされてしまいます。

これらを見て思いつく方もいるかと思いますが、更年期障害は女性ホルモンが減少することによって症状が現れます。

そのため、更年期の症状を緩和させるためには、女性ホルモンを補うことが大切です。

最近では、女性ホルモンの減少が原因で、20~30代の若い女性にも更年期障害に似た症状が見られるケースも増えてきています。

年齢問わず、女性ホルモンの減少に気を付けなくてはなりません。

エストロゲンをより多く分泌させるようにしましょう

エストロゲンは、卵巣の機能を正常に保つことで、増やすことができます。

卵巣の機能を正常に保つためには、生活習慣を整えることが非常に大切となります。

まずは、毎日バランスの良い食事を取り、きちんと栄養を取ることです。

食生活は、毎日の生活習慣によって乱れがちです。

これを見直し、栄養のあるものをバランスよく摂取するように心がけることが大切でしょう。

次に、睡眠をきちんと取ることです。

十分に睡眠時間がとれていないと、疲労が蓄積し、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

そのため、十分な睡眠を取れる環境づくりが重要になります。

最後は、ストレスを溜めないようにすることです。

ストレスの軽減は、身体の健康を維持していくためにも非常に重要なことです。

日頃からなるべくストレスを溜めないように、適度に解消するようにしてください。

これらに注意することで、卵巣の機能は保たれていきます。

卵巣が正常に機能していけば、エストロゲンも多く分泌され、結果女性ホルモンが活性化するのです。

(まとめ)女性ホルモンを活性化させる方法とは?

1.女性ホルモンを活性化させるには、エストロゲンを増やすことが必要です。

卵巣から分泌されている女性ホルモンの減少を防ぎ、意識的にエストロゲンの分泌を保ち増やしてしくことが、女性ホルモンの活性化に繋がります。

エストロゲンを増やすためには、卵巣の機能を保つことが必要です。

2.女性ホルモンの分泌を活性化させることで、脱毛を改善させることができます

女性ホルモンを活性化させることで、髪の成長期を長くしたり、毛を太くしたり、頭皮環境を正常化させたりと、髪の毛や頭皮にとって様々な良い影響を与えてくれます。

3.女性ホルモンが減少することで身体に悪影響を及ぼしてしまう場合があります

女性ホルモンが減少してしまうと、肌トラブルや代謝の悪化、骨粗しょう症のリスク上昇などの悪影響が出てしまいます。

最近では、女性ホルモンの減少が原因で、若い女性にも更年期障害に似た症状が出る事例もあるため、注意が必要です。

4.エストロゲンをより多く分泌させるようにしましょう

バランスの良い食生活、十分な睡眠、ストレスの解消が卵巣の機能を保つことに繋がります。

卵巣の状態を正常に保つよう、意識的に生活していくことで、エストロゲンが多く分泌され、女性ホルモン活性化にもつながっていくのです。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む