女性のフケを改善させるためにはまず原因を知ることが大切です

4da48d8b3a763724bf398d3d04a3f640_s
フケを改善させるためには、どうしてフケが起こってしまっているのかを知る必要があります。

フケには、頭皮の乾燥によって起こる乾性フケと、頭皮の皮脂によって起こる脂性フケの2種類があります。

まず、どちらのフケに該当するのかを考えて、何が原因なのか判断しましょう。

原因がわかったら、それぞれに対する対処をする必要があります。

自力で改善することができない場合には、より深刻な問題に発展する可能性もあるため、皮膚科を受診するようにしましょう。

フケには乾性フケと脂性フケの2種類があります

フケには、原因や症状の異なる2種類があります。

それぞれの特徴を知ることで、自分のフケに対する正しい改善法がわかるようになります。

乾性フケ

乾性フケは、頭皮の乾燥によって起こるフケです。

さらさらとした粉のようなフケが出るという場合は、こちらのフケに該当すると考えられます。

原因としては、次のようなことが考えられます。

  • 頭皮の洗い過ぎ
  • ストレスや睡眠不足、運動不足などによる体調不良
  • 栄養不足
  • ヘアカラーなどによる頭皮へのダメージ

脂性フケ

一方の脂性フケは、皮脂が過剰に分泌することで起こります。

乾性フケとはまるきり反対の原因で起こっているということですね。

脂性フケは、べたつきがあるのが特徴で、頭皮を爪で掻いた時などにフケが付着します。

原因は次のような事柄です。

  • 脂肪分の多いバランスの良くない食事
  • 洗髪を定期的に行っていない
  • ホルモンバランスの乱れなどによる皮脂の過剰分泌

乾性フケと脂性フケは、原因も症状も異なるものです。

フケが気になる方は、まず、自分のフケが一体どちらなのか考えてみましょう。

それぞれの原因に応じた対処を取るようにしましょう

imasia_11972062_M
乾性フケと脂性フケでは、取るべき対処法が変わってきます。

それぞれについてご説明します。

乾性フケ

乾性フケを改善するためには、まず、頭皮の洗い方を見直す必要があります。

次のようなことを行っていないか考え、もし該当するようであれば改めるようにしてください。

  • 1日2回以上の洗髪
  • 40度以上の高温での洗髪
  • ごしごしと爪を立てて洗う
  • ドライヤーの風を近距離からあてる

脂性フケ

脂性フケの場合も、シャンプーや生活習慣を見直す必要がありますが、乾性フケとは気を付ける点が異なります。

シャンプーを定期的に行う

脂質が頭皮に残っていると、フケの原因となります。

脂質の分泌が多めの人は、1日1回頭皮を洗うように心がけましょう。

  • シャンプー剤をしっかり洗い流す
  • 脂質の多い食べ物を避ける

共通する改善方法

ストレスや睡眠不足を改善することも大切です。

また、栄養バランスの良い食事を摂って、免疫力を高める努力をするようにしましょう。

体調を整えることで、頭皮のバリア機能を回復させることができるのです。

改善しない場合は皮膚科の受診がお勧めです

脂性フケの原因となる皮脂の過剰分泌や、乾性フケの原因となる頭皮の乾燥は、放っておくと思わぬトラブルに繋がってしまうことがあります。

皮脂

皮脂の過剰分泌は、頭皮のニキビや痒みの原因となることがあります。

こうした皮脂を放っておくと、嫌な臭いを発したり、頭皮の炎症を引き起こしたりする恐れがあります。

乾燥

頭皮が乾燥している状態というのは、バリア機能が失われてダメージを受けやすくなっている状態です。

ちょっとした刺激が大きなトラブルになる可能性があるため、注意を払う必要があります。

こうした皮脂の過剰分泌や乾燥が、シャンプー方法や生活習慣を見直してみても一向に改善されないという場合は、特に注意が必要です。

極度のストレスや他の内的問題がある場合もありますから、まずは専門家に相談することをお勧めします。

皮膚科で「フケが気になる」というのは恥ずかしいと思われるかもしれませんが、医師はプロですから、恥ずかしがる必要はありません。

頭皮の悩みをひとりで抱えていると、ストレスになって余計に症状が悪化してしまうこともあります。

信頼できる医師の診察を受けるようにしましょう。

(まとめ)女性のフケを改善させるためにはどうしたらいい?

1.女性のフケを改善させるためにはまず原因を知ることが大切です

フケには、乾性フケと脂性フケの2種類があります。

まずはどちらのフケに該当するのかを考え、原因を把握しましょう。

次に原因への対処を行いますが、自力で改善しない場合は皮膚科の受診も検討してください。

2.フケには乾性フケと脂性フケの2種類があります

フケにはふたつの種類があるため、自分がどちらなのかを理解する必要があります。

さらさらとした乾性フケは頭皮の洗い過ぎなどによる乾燥によって起こり、べたついた脂性フケは、皮脂の過剰分泌などによって起こります。

3.それぞれの原因に応じた対処を取るようにしましょう

乾性フケの場合は、シャンプー方法に気を配り、頭皮が乾燥しないようにしましょう。

また、脂性フケの場合はきちんと定期的に皮脂を洗い流すことが大切です。

そのほか、体調を整えることでどちらのフケも改善を見込むことができます。

4.改善しない場合は皮膚科の受診がお勧めです

脂性フケの原因の皮脂や、乾性フケの原因の頭皮の乾燥は、放置すると頭皮トラブルの元になってしまいます。

自分で改善させることができなかった場合は、皮膚科などを受診して専門家を頼るようにしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む