女性の薄毛リスクを減らすためにはシャンプーの仕方が重要です

05f4f13e6c59f96c55c9887f596f18c3_s
シャンプーをする時間は、毎日の中で最も髪にたくさん触れる時間でもあります。この時間をどのように過ごすかによって、薄毛のリスクも大きく変わります。
頭皮に刺激は禁物ですから、泡立てないシャンプーを直接頭皮に乗せる、爪を立てて強く洗う、ゴシゴシ力を入れて拭く、ドライヤーを頭皮に近づけて乾かすといったことは避ける必要があります。

また、シャンプーやリンスの濯ぎ残しは薄毛の原因になってしまいますから、しっかり洗い流すようにしましょう。

シャンプー方法を間違えると薄毛の原因となってしまいます

シャンプーの方法を間違えることで、一体どのような問題が起こってしまうのでしょうか。

刺激を与える

シャンプー剤は強い洗浄力を持っていますから、泡立てずにそのまま頭皮に付けると刺激になってしまいます。
もちろん、爪を立てて頭皮を傷つけるような洗い方をするのは論外です。頭皮が傷つき、炎症を起こして薄毛の原因となってしまいます。

汚れが落ち切っていない

刺激を与えないということを意識するあまり、きちんと洗えてない場合もあります。
特に薄毛が気になる女性にとっては、しっかり頭皮を洗うことに不安を覚える方もいるかもしれません。

しかし、髪の毛だけでなく頭皮自体の汚れをしっかり落とさなくては、皮脂や汚れが毛穴に詰まって薄毛が進んでしまうのです。

汚れを増加させる

髪を洗って汚れが増えるなんて、と思うかもしれませんが、シャンプーやリンスの濯ぎ残しは、頭皮にとっては汚れと同じことなのです。
シャンプーのかすが頭皮に残ると、毛穴に詰まってしまって薄毛が引き起こされます。シャンプーとリンスは、十分すぎるほどしっかり洗い流す癖をつけるようにしましょう。

正しいシャンプー方法をマスターしましょう

imasia_10141536_M
正しいシャンプー方法をマスターして、薄毛の原因を作りださないように注意しましょう。

シャンプー剤の使い方

シャンプー剤はしっかり泡立ててから使います。とはいえ、手の平にとったシャンプーを泡立てるのは、なかなか難しいものです。
少し面倒ですが、薄毛対策をしっかりしたい場合は、洗面器に出したシャンプーにお湯を加えて、その中で泡立てるようにしましょう。

泡だたない場合でも、薄めるだけで大分刺激は弱めることができます。

頭皮の洗い方

洗面器の中のシャンプーを地肌につけて、指の腹で頭をマッサージするように洗います。髪の毛自体を敢えてこすりあわせる必要はありません。

地肌中心に洗うようにしましょう。生え際付近や耳の後ろなどの洗いづらい部分もしっかり洗います。
洗いが不足すると痒みやふけの原因になるため、きちんと洗うようにしましょう。

濯ぎ方

濯ぎ残しがないよう、しっかりと流します。
刺激を減らすためにも、お湯はあまり熱くし過ぎないようにしましょう。

シャンプーだけでなく、リンスの後も十分に洗い流すよう心がけてください。

シャンプーをする前とした後にも気を配りましょう

薄毛を進行させてしまわないためには、シャンプーをする前と後の髪との接し方にも注意する必要があります。

シャンプー前

髪が絡まった状態でシャンプーをすると、まだ抜ける時期ではない毛まで抜けてしまうことがあります。

毛先からしっかりとブラッシングして、絡まりをほぐしておくようにしましょう。
ブラッシングは汚れを落とす役割も果たすため、一石二鳥です。

また、シャンプー剤を付けるまえには、しっかりお湯で髪を予洗いしておくことが大切です。お湯で落とせる範囲の汚れを落としておくことで、シャンプーがしやすくなりますし、シャンプー剤から受ける刺激も軽減させることができます。

シャンプー後

シャンプー後は、吸水性の高いタオルで髪や頭皮を抑えるようにして水分をふき取ります。力を入れてこすると髪に良くない刺激となってしまいますから気を付けましょう。

また、ドライヤーをかけるときは、一定の距離を保つようにします。
熱風で頭皮が火傷してしまうと、痒みや痛みが起こり、皮膚トラブルを引き起こしてしまうからです。

(まとめ)女性の薄毛を促進させないシャンプーの仕方とは?

1.女性の薄毛リスクを減らすためにはシャンプーの仕方が重要です

シャンプーは1日の中で一番たくさん髪に触る時間です。無用な刺激を与えないようにして、薄毛の原因を作らないように気を付けましょう。
濯ぎ残しにも注意が必要です。

2.シャンプー方法を間違えると薄毛の原因となってしまいます

頭皮に刺激を与えるような洗い方をすると、薄毛の原因になってしまいます。しかし、薄毛を恐れるあまりきちんと洗えていないというのも問題です。
また、シャンプーやリンスの濯ぎが足りない場合も薄毛の原因となります。

3.正しいシャンプー方法をマスターしましょう

シャンプー剤を泡立てるのは難しい場合もあります。そういう時は洗面器にシャンプーをいれてお湯で薄めたり、洗面器の中で泡立てたりするようにしましょう。
指の腹で洗って、熱過ぎないお湯で十分に濯ぎます。

4.シャンプーをする前とした後にも気を配りましょう

薄毛を進行させないためには、シャンプー前のブラッシングや予洗いが大切です。シャンプーの後も、優しく抑えるようにタオルドライをすることや、ドライヤーを頭皮に近づけ過ぎないことを意識しましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む