女性の薄毛対策には大豆食品を食べるのがおすすめです

2009092517
薄毛が気になったら、大豆を積極的に食べるようにしましょう。
女性の薄毛の原因の一つに、女性ホルモンの分泌量が急激に減少することが挙げられます。女性ホルモンが減少すると、特につむじのまわりから薄毛が気になり始めます。

このような「つむじハゲ」ともいわれる症状は、円形脱毛症のように特定の場所が薄くなるのではなく、頭全体の髪の毛が薄くなるという特徴があります。
この薄毛の原因は、女性ホルモンの乱れであると言われており、そのほとんどが「びまん性脱毛症」と呼ばれるものです。

びまん性脱毛症を予防・改善するためには、豆腐、味噌、納豆などの大豆食品を意識的に摂取することをおすすめします。
なぜなら、大豆に含まれるイソフラボンと女性ホルモンは、化学構造や体内での働きが非常に近いからです。

女性にもAGAが起こることがあります

AGAとは、男性型脱毛症のことで、原因には男性ホルモンが大きく関わっています。

AGAというと、男性限定の脱毛症というイメージがあるかもしれません。しかし、これは、ときに男性とは異なる特徴を持って、女性にも起こる可能性があります。

女性のAGAは、「FAGA(女性男性型脱毛症)」と呼ばれます。

AGAが起こる原因は、ジヒドロテストステロンにあります。

血液中にある男性ホルモンであるテストステロンは、頭皮の毛乳頭に入ると5αリダクターゼと呼ばれる酵素によってジヒドロテストステロンに変化し、これが毛母細胞に入ることで、その細胞分裂に支障をきたします。
すると、発毛が正常に行われなくなり、毛周期にも乱れが生じるために、髪の成長期が短くなって、髪の毛が成長の途中で抜けてしまうので、薄毛や抜け毛を引き起こすのです。

男性ホルモンが毛乳頭に入ってしまう原因は、その人の男性ホルモンの受容体によるもので、それは遺伝が関係すると言われています。

女性がFAGAになる原因もやはり男性ホルモンです

抜け毛にとって長髪はリスク?
上記のように、AGAの原因は本来、男性ホルモンが変性すること、そしてそれが毛母細胞へと侵入することであると考えられています。

それでは、なぜAGAは時に女性にも発症することがあるのでしょうか?それには、女性の体内にも男性ホルモンがあることが関係しています。

男性ホルモンにはテストステロンやジヒドロテストステロンがありますが、女性の体内でもこれらの合成は行われ、髪の毛に影響を与えています。したがって、薄毛を起こすメカニズムは基本的に男性と変わりません。

ただ、若い女性であれば髪の毛を育てる女性ホルモンのエストロゲンの分泌が盛んであり、血液中のテストステロン濃度も男性のおよそ20分の1と少なく、髪への影響はほとんどありません。しかし、加齢などにより女性ホルモンが減少すれば、男性ホルモンが優位となり、FAGAが起こりやすくなるのです。

女性ホルモンの減少は加齢だけが原因ではなく、過度のダイエット、ストレス、乱れた生活習慣なども挙げられます。

たんぱく質の摂取で美しい髪を保ちましょう

人間の体は、水分をのぞけば、そのおよそ半分はたんぱく質からできているとされています。

髪の毛や皮膚、爪も、健康を維持するにはたんぱく質が必要不可欠なのです。
たんぱく質には、動物性と植物性とがあり、その両方をバランスよく摂取することが大切になります。

当然、そこには肉類や魚類、卵などが含まれますが、たんぱく質を積極的に摂ろうする際には、注意が必要です。

例えば、毎日肉ばかり食べていれば、カロリーや脂質が過剰になってしまいます。
毎日習慣的に摂取するならば、魚や、大豆食品がおすすめです。

薄毛が気になる女性は、特に大豆食品を積極的に摂取しましょう。
大豆食品に含まれる大豆イソフラボンは、女性にさまざまな健康効果をもたらすと考えられています。
過剰な摂取はおすすめできないという報告もかつてありましたが、毎日納豆しか食べない、豆乳しか飲まない、などの極端な摂取でなければ問題はないでしょう。

女性ホルモンの減少が始まる更年期前後には、ホルモンバランスの乱れを改善するためにも、大豆製品を積極的に食べたり、ストレスを減らしたりする工夫を心がけてください。

(まとめ)女性の薄毛を防ぐためには大豆を食べたほうがいい?

1.女性の薄毛対策には大豆食品を食べるのがおすすめです

女性の薄毛の原因の一つに、女性ホルモンの乱れが挙げられます。女性ホルモンの働きや化学構造が近い、豆腐や納豆などの大豆食品を摂ることが、この薄毛の進行を食い止めるとされています。

2.女性にもAGAが起こることがあります

AGAは男性型脱毛症ですが、女性にも起こる可能性があり、これはFAGAと呼ばれます。その原因には男性ホルモンが関係しており、抜け毛や薄毛といった症状を引き起こします。
FAGAになるかどうかは、遺伝が関係すると考えられます。

3.女性がFAGAになる原因もやはり男性ホルモンです

FAGAは、女性の体内にも存在する男性ホルモンの働きによって起こります。
加齢やストレス、過度なダイエットなどにより女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位となって男性のように薄毛を発症しやすくなるのです。

4.たんぱく質の摂取で美しい髪を保ちましょう

人間の体の大部分は、水分とたんぱく質からできています。そのため、食事でたんぱく質をバランスよく摂取することが、髪の毛や皮膚、爪などの生成にとって重要になります。
特に、女性ホルモンの減少による薄毛には、大豆食品を積極的に食べるのがおすすめです。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む