薄毛の種類に合わせた髪型とヘアセットで気になる箇所をカバーできます。

af9980011002l
薄毛が気になる女性の大きな悩みとなるのが髪型。自分の薄毛のタイプを把握し、最適なヘアスタイルにすることで外見をカバーすることができます。ここでは、薄毛のタイプ別に、おすすめの髪型やヘアアレンジ、またヘアセットに関する注意点についてご紹介します。

女性を悩ます3つの薄毛タイプ

髪の毛が薄いことを気にしている女性は実は少なくありません。当然、薄毛が少しでも目立たない髪型にしたいですよね。薄毛でも似合うヘアスタイルを模索する前に、まずは自身の薄毛がどのタイプなのかを把握しておきましょう。

・全体のボリュームダウン
・部分的な脱毛
・分け目や生え際の薄毛

薄毛は大きく分けて上記の3タイプ。それぞれ薄毛の状態に違いがあり、また最適な髪型も異なります。そのため、まずは自分の薄毛タイプを理解し、気になる部分を上手に隠すことができるヘアスタイルを選ぶことが大切です。気になる箇所を上手にカバーしてくれる髪型なら、悩みを気にせず外出することができます。

種類別!薄毛をカバーする髪型【ボリュームダウン】

gf2160144667l
全体的に薄毛が広がり、毛髪量が少ないと悩んでいる方には、ボリュームが出やすいショートヘアスタイルがおすすめです。

髪を伸ばせば髪自体の総量は増えますが、実はロングヘアスタイルはNG。髪の毛自体の重さのせいで、余計に髪がぺったりとコシを失って見えてしまい、薄毛が目立ってしまうためです。

ヘアセットのポイント
・根元をふんわり立ち上げることを意識しましょう

種類別!薄毛をカバーする髪型【部分脱毛】

gf2160144667l

部分的な脱毛が気になる方におすすめしたいのは、ミディアムヘアスタイル。ボブを伸ばしたミディアムロブなどにして、可能であればゆるく巻いてアレンジをプラスしましょう。

髪型全体にボリュームが出せるだけでなく、同時に脱毛箇所を周りの毛で隠すことができます。髪を巻く時間が取れないという方は、毛先のみパーマをかけるとヘアセットが楽ちんに!

ヘアセットのポイント
・ヘアアイロンでゆるく巻いたり、パーマを活かしたり、毛先のボリュームを意識しましょう。

種類別!薄毛をカバーする髪型【分け目・生え際の後退】

gf2160144667l

分け目や生え際が薄くなってきているという女性には、ショートボブがおすすめ。
つむじや分け目の位置を定期的に変えてセットすることで薄毛対策も可能です。前髪を重めにしておくと分け目や生え際が目立たなくなるだけでなく、女性らしいシルエットもかなえてくれます。
ヘアセットのコツは、ドライヤーでブローする時に内側から乾かし、髪の根元に風をあてるようにすること。髪が立ち上がり、分け目のセットがしやすくなります。

ヘアセットのポイント
・定期的につむじの位置や分け目を変えてブローしましょう

ヘアセット・アレンジの注意点

ヘアセットやアレンジは薄毛をカバーする上で強い味方ではありますが、正しいやり方を守らなければ薄毛を進行させてしまうことになりかねません。以下で挙げるようなアレンジを間違ってやってしまうと髪や頭皮に負担をかけてしまうので、普段から意識しておきましょう。

髪を強く結ばない

髪は強く結ばないように意識してください。はいけません。髪が引っ張られる部分の地肌が目立ってきた、という経験はありませんか。

髪を強く結ぶと頭皮が引っ張られ、血行が悪くなってしまい、髪に酸素や栄養が行き渡らなくなります。その結果、新しい髪が生えてこなくなり、また今ある髪が抜けてしまう原因となってしまうのです。

分け目は定期的に変える

分け目は自然に任せがちですが、定期的に変えることが大切です。常に同じ分け目だとヘアセットの際に頭皮が牽引され、その箇所に紫外線が当たり続けてしまいます。

部分だけダメージを受けて髪が抜けやすくなってしまいます。また、整髪料をつける時も要注意。整髪料の重さが髪の重さに加わり、常に同じ方向に負担がかかると部分脱毛や生え際の薄毛に繋がってしまいかねません。定期的に分け目を変え、毛根への負担を分散させるようにしましょう。

パーマやカラーは極力避ける

ヘアパーマやカラーの薬剤は刺激が強く、頭皮にとって大きな負担となります。パーマやカラーの施術時、頭皮に液がつくとヒリヒリと焼け付くように感じるのは、皮膚への刺激が強いアルカリ性薬品を使用しているからです。さらに、頭皮は他の皮膚よりも様々な成分を吸収しやすいので、化学薬品のダメージがより強く、直に伝わってしまいます。加えて、パーマ液やカラー液の洗い残しがあると、炎症やフケ、湿疹の原因に。つかの間のおしゃれと引き換えに、健康な頭皮や髪を失ってしまうことになりかねません。

(まとめ)薄毛の種類によって似合う髪型が違う?おすすめのヘアスタイルとは?

1. 薄毛の種類によって似合う髪型が違う?おすすめのヘアスタイルとは?

薄毛と言ってもその症状はさまざまです。おすすめのヘアスタイルも薄毛の種類ごとに異なります。

2. 女性を悩ます3つの薄毛タイプを理解しましょう

女性の薄毛には、全体的なボリュームダウンや部分的な脱毛、分け目や生え際の脱毛という3つのタイプがあります。まずは自分の薄毛タイプを正確に把握しましょう。

3. 全体のボリュームダウンに悩む女性に似合う髪型とは?

ボリュームダウンが気になる女性には、ショートスタイルがぴったりです。ロングヘアにしてしまうとボリュームダウンが目立ってしまうので注意しましょう。

4. 部分脱毛に悩む女性に似合う髪型とは?

部分脱毛タイプなら、ミディアムヘアスタイルが最適。全体的にゆるく髪を巻くヘアアレンジで、薄毛の部分をナチュラルにカバーすることができます。

5. 分け目や生え際の脱毛に悩む女性に似合う髪型とは?

分け目・生え際の後退タイプにおすすめのヘアスタイルはショートボブです。つむじや分け目を変えやすいため、頭皮の同じ場所に負担がかかることを防ぎやすいでしょう。

6. ヘアセットやヘアアレンジの際にはいくつかの注意が必要です。

薄毛が気になる場合、また薄毛でなくても毎日のヘアセットの際の注意点があります。可能な限り毛髪や頭皮への負担を減らし、抜け毛につながってしまうヘアセットやアレンジは避けてください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む