女性の脱毛症にも遺伝が関係している場合があります

191ccc918fe685b6cc94e18adf8a1803_s
女性の脱毛症は、男性のものとは違い、あまり遺伝は関係ないと思われがちです。

しかし、それは大きな間違いといえるでしょう。

実は女性の脱毛にも遺伝が大きく関わっている場合があります。

特に、びまん性脱毛症は遺伝が要因となっていることがあるので、不安な方は一度血液検査を行い、自分の脱毛は何が原因で起こっているのかを確認することが大切です。

脱毛の原因となる男性ホルモンには遺伝が大きく関わってきます

女性の脱毛症の中で特に多いびまん性脱毛症には、様々な原因が考えられますが、遺伝もそのひとつです。

では、これは何故なのかを考えてみましょう。

女性の体の中には、女性ホルモンはもちろんですが、同時に男性ホルモンも存在しています。

この男性ホルモン(テストステロン)が還元されることによって、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンに変化してしまいます。

ジヒドロテストステロンが発毛細胞を抑制し、髪の毛のサイクルを崩すことで、抜け毛を引き起こしてしまうのです。

しかし、通常ジヒドロテストステロンが作られたとしても、女性ホルモン(エストロゲン)の働きによって毛のサイクルは正常化され、抜け毛は自然と改善されます。

ただ、遺伝によりジヒドロテストステロンが過剰に生成されることで、体内で生成される女性ホルモンの作用が追いつかなくなり、抜け毛が増えてしまうというわけです。

こういった遺伝が原因で脱毛症を引き起こしている方は、びまん性脱毛症の数パーセントと高くはない割合ですが、確かに存在しています。

遺伝による脱毛症は、未だに確実な改善策が発見されていません

Fotolia_79488212_Subscription_Monthly_M
ジヒドロテストステロンと女性ホルモンの低下によって引き起こされる脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)と同じように、男性ホルモンがジヒドロテストステロンに還元されないように、還元酵素を阻害することで改善されます。

しかし、この還元酵素阻害剤を含んだ治療薬は、女性には処方することができません。

それは、行われている臨床試験の対象が男性のみであることと、妊娠・出産に悪影響が出てしまう可能性が高いためです。

女性が持っているジヒドロテストステロンは、胎児の生殖器形成に影響されるため、これを阻害してしまうリスクがあります。

そのため、女性に関してはこの脱毛症を確実に改善できるという対策法は確立されていません。

ただ、女性ホルモンの低下を抑え、活性化させることで脱毛の進行を抑制することはできます。

不安な方は血液検査をしてもらいましょう

遺伝による脱毛が不安だという方は、クリニックなどの医療機関に相談して、原因を調べてもらいましょう。

確実なのは、血液検査でジヒドロテストステロンと女性ホルモンの数値を調べてみることです。

女性ホルモンの数値が少なければ、それが原因で脱毛が進んでいる可能性があります。

原因がわかれば、育毛効果が期待できるシャンプーやトニックを使用したり、生活習慣の乱れを改善させたり、女性ホルモンを活性化させる食べ物を積極的に摂取したりと、様々な対策が可能でしょう。

遺伝によるもの以外にも、ストレスが原因となっていたり、自律神経が乱れることでホルモンバランスが崩れてしまったりと、様々な要因が絡み合い、脱毛を引き起こしている場合もあります。

遺伝だけが原因と決めつけず、他に原因はないか探っていくことで、脱毛症の改善に繋がっていきます。

悩んでいるだけでは、症状が悪化していくばかりですから、まずは改善に向けた一歩を踏み出してください。

(まとめ)女性の脱毛症は遺伝と関係がある?

1.女性の脱毛症にも遺伝が関係している場合があります

女性の脱毛症にも、遺伝が関係している場合があります。

中でもびまん性脱毛症の方は、遺伝が要因となっている場合があるので、一度血液検査を行い、原因を突き止めてみましょう。

2.脱毛の原因となる男性ホルモンには遺伝が大きく関わってきます

女性の中の男性ホルモンが還元しジヒドロテストステロンに変わってしまうと、男性のような抜け毛が引き起こされてしまいます。

通常は女性ホルモンの働きによって解消されますが、遺伝によってジヒドロテストステロン生成が過剰になると、脱毛症となってしまうのです。

3.遺伝による脱毛症は、未だに確実な改善策が発見されていません

ジヒドロテストステロンの生成を抑える治療薬は、女性に処方することが出来ないため、きちんと改善できる対策法は確立されていません。

しかし、女性ホルモンを活性化させることで、脱毛の進行を止められるかもしれません。

4.不安な方は血液検査をしてもらいましょう

遺伝による脱毛が不安な方は、クリニックに相談し原因を突き止めてもらうと良いでしょう。

血液検査によって、ジヒドロテストステロンと女性ホルモンの数値を調べることで、遺伝による脱毛かどうかを調べることができます。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む