女性の頭皮の汚れには外部からのものと内部からのものがあります

af9980018906l
頭皮の汚れには、外部からのものと内部からのものがあります。

外部からのものは、埃や花粉、タバコの灰、雨なのです。

内部からのものは、皮脂や汗、古い角質などです。

外に出ていなくても、頭皮は内部からの汚れによって汚くなっていきます。

また、冬で汗をかかなかったとしても、外部からの汚れは付着します。

適切な洗髪を行って汚れを落とし、清潔な頭皮を目指しましょう。

頭皮の汚れには外部からと内部からの2種類があります

頭皮の汚れと一言でいっても、原因には様々なものがあります。

大きく分けると、「体の外からの汚れ」と、「体の中からの汚れ」に分けることができるでしょう。

体の中からの汚れ

皮脂

体の中から起こる汚れのうち、最も大きいのが皮脂汚れだと言えるでしょう。

適度な皮脂の分泌は頭皮を保護するために大切なものですが、過度に分泌されたり、放置したりすることで汚れとなってしまいます。

古い角質

通常、角質はどんどん新しいものに変わっていきます。

これがお肌のターンオーバーです。

しかし、なんらかの原因で古い角質が頭皮にとどまって汚れとなってしまうことがあります。

汗をかくことは新陳代謝をあげるためにも有効ですが、放置すれば汚れとなります。

体の外からの汚れ

埃はどこにでもあるものですから、たとえ家の中にいても頭皮に付着して汚れとなります。

また、雨にぬれることでも雨の中の塵が頭皮に付着します。

花粉

花粉症の人は特に気を付ける必要があります。

花粉の季節は、頭皮にも花粉が付着します。

タバコの灰

タバコを吸う人が身近にいる場合、タバコの細かい灰が頭皮についてしまうこともあります。

こうした汚れは、放置せずにきちんと除去する必要があります。

汚れを落とすためにきちんと頭皮を洗いましょう

頭皮に負担をかけない洗い方
頭皮についてしまった汚れを落とすためには、日々のケアが大切です。

ブラッシング

頭皮についた大きな汚れは、ブラッシングで大部分を取り除くことができます。

とはいえ、直接ブラシを頭皮にあてるのではなく、毛先から少しずつ髪を梳いていくようにしましょう。

そうすることで、髪の汚れとあわせて自然と頭皮の汚れも落とすことができるのです。

この時、ブラシは清潔で汚れのついていないものを使うようにしましょう。

シャンプー

シャンプーは、頭皮の汚れを落とすために必ず1日~2日に1度は行うようにしましょう。

頭皮の汚れを落とすためには、シャンプーを付ける前にお湯で頭皮を揉み洗いしておくことが大切です。

泡立てたシャンプーを頭皮につけたあとは、指の腹で汚れを揉みだすようにしっかり洗いましょう。

また、シャンプー剤自体が汚れの元になってしまわないように、洗った後は十分にすすぐようにしてください。

シャンプーしていた時間よりもすすぐ時間を多く取るようにして、シャンプーかすが頭皮に残らないように心がけましょう。

頭皮の汚れを放置すると様々な問題が起こります

頭皮の汚れをそのままにしておくと、どのような問題が起こるのでしょうか。

臭い

皮脂や汗汚れなど、体の中からの汚れが主な原因となることが多いのが臭いです。

酸化した皮脂は嫌な臭いを発し、人に不潔な印象を与えてしまいます。

また、タバコの灰などが臭いの原因となることもあります。

ベタつき

頭皮のベタつきは見ていて気持ちの良いものではありません。

他人からの視線が気になる前にきちんとケアを行う必要があります。

かゆみ

汚れを放置すると、かゆみが現れます。

風邪などで数日頭を洗わないと、かゆくてたまらなくなるという人も多いのではないでしょうか。

頭皮のかゆみは、爪を立てて掻くことで傷にも繋がってしまいます。

フケ

頭皮の角質が溜まって肥大すると、フケになってしまいます。

不潔感のあるものですから、フケになる前にきちんと汚れを落とすようにしましょう。

炎症

皮脂や花粉などを放置すると、頭皮が炎症を起こす原因となります。

特にアレルギーを持っている人は、アレルゲンが頭皮に残ることがないようしっかり洗い流すようにしてください。

(まとめ)女性の頭皮の汚れの主な原因は何?

1.女性の頭皮の汚れには外部からのものと内部からのものがあります

頭皮の汚れには、埃や花粉などの外部からの汚れと、皮脂や汗などの内部からの汚れの2種類があります。

適切な洗髪を行って、これらの汚れを除去し、清潔な頭皮を目指しましょう。

2.頭皮の汚れには外部からと内部からの2種類があります

頭皮の汚れには、皮脂や古い角質、汗など、体の中からの汚れと、埃や花粉、タバコの灰などの体の外からの汚れの2種類があります。

どちらもきちんと除去する必要があります。

3.汚れを落とすためにきちんと頭皮を洗いましょう

ついてしまった汚れを落とすためには、日々のブラッシングとシャンプーが大切です。

ブラッシングをする時は清潔なブラシを使うようにしましょう。

また、シャンプーは1~2日に1度、予洗いとすすぎに気を付けて行うことが大切です。

4.頭皮の汚れを放置すると様々な問題が起こります

頭皮の汚れを放置してしまうと、臭いやベタつき、フケなどの原因となって人に不潔感を与えてしまいます。

痒みや炎症などが起こることもあるため、きちんと汚れを落とすようにしましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む