女性の頭皮に湿疹ができる原因は頭皮への刺激です

af9920062344l (1)
頭皮の湿疹は、紫外線によるダメージやパーマ液、カラー液などによる刺激、汗によるかぶれなどが原因で起こります。

また、皮脂の過剰分泌によって出来物ができてしまうこともあります。

こうした湿疹を防ぐためには、頭皮に無用の刺激を与えないことと、頭皮をいつも清潔に保つことが大切です。

加えて、免疫力を高めるためにも、睡眠や食事に気を配って健康的な生活を送るように心がけましょう。

頭皮の湿疹は様々な刺激や異物によって起こります

対処に困る頭皮の湿疹は、どうしてできてしまうのでしょうか。

薬剤によるかぶれ

パーマやカラーを行った際の薬剤に頭皮がかぶれて湿疹が起こることがあります。

施術中に痛みや痒みが起こることがほとんどですから、原因もすぐにわかります。

合わないシャンプー剤など

シャンプーやリンス、ヘアケア用品などが頭皮に合わず、湿疹が起こることもあります。

市販のシャンプーなどを1度使っただけでひどい湿疹が起こるというのは考えにくいことですが、合わないシャンプーを使い続けて状態が悪化し、湿疹に繋がるということはあり得ます。

シャンプーなどを変えた後、痒みや痛みが起こっているのにも関わらず、無視して使い続けることがないようにしましょう。

アレルギーなど

食物アレルギーや花粉症などの場合、アレルゲンに触れると湿疹が起こります。

頭皮だけでなく、手足の皮膚などにもかぶれが起こることが多く、これも原因はわかりやすいと言えるでしょう。

何がアレルゲンかわからない場合は一度内科で血液検査をしてもらってください。

汗など

汗をかいた後、そのまま放置してしまうと雑菌が繁殖し、かぶれてしまうことがあります。

また、濡れた髪をそのまま自然乾燥することでも雑菌は増加します。

こうした雑菌は臭いや炎症の元となってしまいます。

頭皮から刺激物を遠ざけるとともに、しっかりシャンプーをするようにしましょう

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s
頭皮の湿疹を起こさないためには、頭皮環境を健康に保つ必要があります。

そのためには、なるべく汚れや異物を付着させないことと、ついてしまった異物をきちんと洗い流すことが大切です。

刺激物を遠ざける

アレルゲンに触れないように注意しましょう。

また、ヘアカラーなどを行う際は、湿疹が起こる可能性を考慮して事前にパッチテストを行ったり、地肌に液がつかないように気を付けたりする必要があります。

その他、紫外線を浴びないように日傘や帽子を使う、自分に合わないシャンプー剤などを使わないなど、刺激の原因となる事柄は極力排除するように努めましょう。

髪をきちんと洗う

1日~2日に1回、きちんと髪を洗うことで、髪に着いてしまった汚れや刺激物を取り除くことができます。

事前のブラッシングや予洗いもしっかり行って、髪と地肌を清潔に保つようにしましょう。

また、髪を洗った後は濡れたままにせず、必ずドライヤーで乾かすようにしてください。

この時、地肌にドライヤーを近づけ過ぎないことが大切です。

生活習慣を改めることも大切です

頭皮の湿疹を予防するためには、そもそもの皮膚状態を健康に保つことも大切です。

生活習慣を見直して、健康な頭皮を目指しましょう。

喫煙・飲酒

喫煙や飲酒は、肌のためにはよくない悪習慣です。

特に喫煙は、血行を悪くし、ビタミンCを破壊して肌の健康を損なうことで知られています。

喫煙習慣がある場合はもちろん、身近にタバコを吸う人がいるという場合も、受動喫煙に注意するようにしましょう。

睡眠

睡眠は体の健康の基礎となるものです。

摂取した栄養をきちんと活用するためにも、1日の疲れをリセットするためにも、睡眠は大切です。

睡眠不足の朝、お肌の化粧ノリが悪いと感じる女性はたくさんいます。

頭皮も同様で、睡眠不足だとどんどん健康を損なっていってしまうのです。

栄養

肌は、タンパク質から作られます。

また、タンパク質を有効に使うためには、ビタミンやミネラルが必要となります。

炭水化物は体を動かす基礎エネルギーになりますし、適度な脂質は肌の潤いのためにも必要です。

頭皮の健康を保つためにも、バランスよく様々な栄養素を摂るようにしましょう。

(まとめ)女性の頭皮に湿疹ができてしまう原因は何?

1.女性の頭皮に湿疹ができる原因は頭皮への刺激です

頭皮の湿疹は、紫外線やヘアカラーによる刺激、汗によるかぶれなどが原因で起こります。

湿疹を防ぐためには、頭皮への刺激を減らす工夫をすることと、生活習慣を改善して免疫力を高めることが大切です。

2.頭皮の湿疹は様々な刺激や異物によって起こります

頭皮の湿疹は、パーマ液などのかぶれや合わないシャンプー剤、アレルギー、汗などの放置によって起こります。

湿疹が起こった状況を考えて、原因について考えてみるようにしましょう。

3.頭皮から刺激物を遠ざけるとともに、しっかりシャンプーをするようにしましょう

頭皮の湿疹を防ぐために、アレルゲンやヘアカラー剤、紫外線などの刺激物になるべく頭皮をさらさないよう心掛けましょう。

また、頭皮を適切な頻度で洗って清潔に保つことも大切です。

4.生活習慣を改めることも大切です

タバコは肌のために非常によくないことですから、受動喫煙にも注意するようにしましょう。

また、睡眠やバランスの良い食事にも気を配って、健康な頭皮を目指すようにしてください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む