女性の頭皮は蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなります

55ca7c7ed95469b0b1c2897d11c547de_s
頭皮が蒸れると、雑菌が繁殖しやすくなり、臭いや痒みなどの原因となってしまいます。

夏は特に蒸れやすくなるので、こまめに汗をぬぐったり、通気性の良い帽子を利用するなどの対策をとるようにしましょう。

また、頭皮が蒸れてしまった後はシャンプーですっきり洗い流して汚れを残さないようにしてください。

蒸れの原因となるウィッグやきつい帽子などはそもそも利用しないようにすることも大切です。

帽子やヘルメットをかぶることで頭皮が蒸れて悪臭などの原因となります

頭皮は、皮脂腺が多くべたつきやすい場所だと言われています。

そのため、暑い夏場や暖房の効いた室内で帽子などをかぶっていると、すぐに蒸れてしまいます。

頭皮が蒸れると、髪の毛がぺったりとして格好が悪いだけでなく、雑菌が繁殖して、悪臭やかゆみなどの原因にもなります。

どんな時に蒸れに注意する必要があるのか知っておくようにしましょう。

ヘルメット

固く頑丈にできているヘルメットは、気密性が高く、蒸れやすくなっています。

特にかぶれやすい人の場合は、ヘルメットをかぶっているだけで頭が痒くなってきたり、むずむずしたりしてしまうこともあります。

帽子

ニット帽や通気性の悪い厚手の帽子なども蒸れの原因となります。

お洒落で帽子を利用する人もたくさんいますが、選ぶときは通気性に気を付ける必要があります。

髪の毛

髪の長い女性は、そもそも何もしなくても頭皮が蒸れやすくなっています。

夏の暑い時期などは特に何をかぶっているわけでなくても頭皮がべたべたとして気持ちが悪くなることがあります。

髪の毛は非常に暖かいものですから、蒸れるのも当然のことなのです。

髪をお団子にしたり、部分ウィッグなどを使用したりすると、その部分は特に蒸れやすくなります。

頭皮が蒸れないよう気を付けながら過ごしましょう

imasia_14702254_M
頭皮の蒸れを少しでも軽減するためには、こまめなケアが大切です。

帽子などを外す

蒸れの原因となっている帽子やヘルメットは、こまめに外すようにしましょう。

屋内に入った時や、ちょっとしたタイミングで帽子を脱ぐことで、風が通って蒸れを改善することができるのです。

頭を拭く

頭をごしごしと人前で拭くわけにはいかない、という女性も多いと思いますが、化粧室に立ったときなどにタオルハンカチで押さえるなど、かいた汗は随時拭きとるよう心掛けるようにしてください。

シャンプーをする

蒸れた頭を放置せずに、帰宅したらきちんと髪を洗うようにしてください。

雑菌の繁殖を抑えるために、こまめに髪を洗って汚れや汗を洗い流すことが大切です。

首の後ろを冷やす

そもそも汗をかかないように頭を冷やすという方法です。

首の後ろには太い血管が通っているため、ここを冷やすと効率よく汗をひかせることができます。

首を冷やせるマフラータイプの冷却材などもあるので、ジョギングなどをするときは利用すると良いでしょう。

蒸れの原因を排除することも大切です

頭が蒸れて気持ちが悪いという場合は、そもそもの蒸れの原因をなくしてしまうというのもお勧めです。

帽子をやめて日傘を使う

夏場の紫外線対策に帽子を被る場合がありますが、帽子を使うとどうしても頭が蒸れてしまいます。

そこで、頭を覆わない日傘を使ってみてはいかがでしょうか。

ただし、何もしないというのは紫外線による頭皮ダメージを避けるためにもお勧めできません。

通気性の良い帽子を利用する

帽子の中にも、通気性の良いものとそうでないものがあります。

できるだけ通気性の良い帽子をかぶることで、蒸れを軽減させることができるのです。

暑いところに行かない

真夏の日中の外出は極力避けるなど、出来る限り暑さを避けることも有効です。

熱中症予防にもなりますから、不要不急の外出は夏の日中は避けた方が良いでしょう。

お洒落のための被り物はやめる

ウィッグやお洒落のために被る帽子などは、思い切ってやめてしまうというのもひとつの方法です。

特にフルウィッグは、頭全体を覆う上に毛による蒸れも激しく、蒸れの激しいものです。

同様に、頭を強く締め付けたり、フィット感の高い帽子は蒸れも大きくなるため、蒸れのためには避けるべきアイテムです。

(まとめ)女性の頭皮が蒸れるとどのような問題が起こるの?

1.女性の頭皮は蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなります

頭皮は蒸れることで雑菌が繁殖し、臭いや痒みの原因になります。

夏は特に蒸れやすいので、汗をぬぐったり通気性の良い帽子を利用したりして対策をとるようにしましょう。

2.帽子やヘルメットをかぶることで頭皮が蒸れて悪臭などの原因となります

頭皮は皮脂腺が多いため、すぐに蒸れてしまいます。

蒸れた頭皮は雑菌が繁殖しやすくなり、悪臭などが起こります。

蒸れの原因には、ヘルメットや帽子の他、髪の毛そのものもあげられます。

3.頭皮が蒸れないよう気を付けながら過ごしましょう

頭皮の蒸れを軽減するためには、帽子をこまめにはずして頭を拭いたり、きちんと毎日シャンプーをしたりといった心がけが大切です。

また、首の後ろを冷やすことで頭を冷やし、発汗自体を抑えるのもお勧めです。

4.蒸れの原因を排除することも大切です

帽子をやめて日傘を使ったり、通気性の良い帽子を使ったりするようにして蒸れを予防しましょう。

また、そもそも暑いところに行かないというのも有効です。

ウィッグや頭にぴったりフィットする帽子をお洒落で使っている場合はやめることを検討しましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む