髪を染める行為は女性の頭皮の負担になります

af9980011002l (1)
髪を染める女性は数多くいますが、こうした染髪行為は頭皮にとって負担の大きいものです。

特にヘアカラーの場合、薬液を髪にしみこませて中から色を変えるため、頭皮へのダメージも大きく、薬液が頭皮に付くと痒みや痛み、かぶれなどの症状が起こることがあります。

ヘアマニキュアも頭皮につくことでかぶれが起こることがありますが、ヘアカラーに比べるとずっと負担の少ない方法です。

髪を染める時は事前にパッチテストを行ったり、頭皮の負担が少ない薬剤を使ったりなど注意をするようにしましょう。

ヘアカラーの薬液は頭皮に強い刺激を与えます

ヘアカラーは、1剤(染料など)と2剤(過酸化水素)を混ぜ合わせた薬剤を髪に塗布することで色をつける染髪方法です。

黒い髪を茶色に染めたい場合、まずは髪の毛の黒色を薄くする必要があります。

これは、黒い画用紙に絵を描いても見えないのと同じで、黒いままのところに色を乗せても明るい色にはならないからです。

そこで、ブリーチ効果のある2剤とカラー剤を混ぜたものを塗布して希望通りの色合いを作りだすのです。

しかし、ブリーチは髪や頭皮に負担をかける行為です。

頭皮に付着することで、強い痛みや痒み、かぶれ、炎症などを起こす可能性もあります。

特に肌が弱い人やアレルギー体質の人は、それほど明るい色にしようとしなくても強い刺激を感じてしまうことがあります。

こうした刺激は、頭皮にとって良いものではありません。

何気なく行われているヘアカラーですが、頭皮がかぶれて真っ赤に腫れてしまったり、痒みが出て数日経っても収まらなかったりというケースもあるため、髪を染める際には十分な注意が必要となります。

パッチテストを行ったり、根本を染めない工夫をしたりしましょう


頭皮を傷めることがないように、ヘアカラーを行う際はいくつかのポイントについて注意をしておく必要があります。

パッチテストを行う

自宅でヘアカラーをする時は、必ずパッチテストを行うようにしてください。

パッチテストとは、腕の内側などに薬剤を塗って反応を見ることで、実際のヘアカラー商品を見ればやり方が記されているはずです。

面倒だからと省略する人も多いパッチテストですが、頭皮のトラブルを未然に防ぐためには必要なものです。

また、以前大丈夫だったからといって今も問題がないとは限りませんから、染める度にパッチテストを行うことを強くお勧めします。

根本には薬液を付けない

自分で染める場合は困難かもしれませんが、なるべく地肌付近には薬液を付けないように気を付けましょう。

美容院で頼む場合も、根本1cm程度は残して塗布してもらうことをお勧めします。

根本には地毛の色が残ってしまいますが、頭皮の健康のためにはある程度は仕方がないと割り切るようにしましょう。

低刺激の薬剤を使用する

一度かぶれた商品は避け、極力低刺激のカラー剤を使うようにしてください。

美容院で施術を行う場合は、刺激の少ないカラー剤を使っていることをウリにしているところを利用すると良いでしょう。

ヘアマニキュアや白髪を活かしたヘアスタイルもお勧めです

ヘアカラーで頭皮を傷めないためには、そもそも「ヘアカラーを使わない」という選択肢もあります。

ヘアマニキュア

髪の内部から染めるヘアカラーとは違い、髪の表面にだけ色を付ける方法です。

稀にかぶれる場合もあるようですが、ヘアカラーに比べると頭皮にかかる負担は非常に少なくなります。

黒い髪を茶色くする効果はないため、光が当たった時に色味が感じられるという程度の染まり方になります。

それでも、白髪を元々の髪の色に合わせて染めることはできるので、白髪のカバーには良いでしょう。

髪を洗うたびに少しずつ色が落ちていくため、1か月程度ごとに染め直す必要があります。

白髪を活かしたヘアスタイル

モデルや女優の中には、白い髪を活かしたヘアスタイルをしている人たちもいます。

真っ白の豊かな髪は美しいものです。

「嫌だ」と思わずに髪の自然な色を活かすヘアスタイルを考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、黒髪の女性の場合も、茶髪にはせずにそのままの色を楽しむという選択肢があります。

最近ではナチュラルなスタイルが流行っていますから、黒髪でもお洒落を楽しむことは十分可能なのです

(まとめ)髪を染めるのは女性の頭皮にとって負担になる?

1.髪を染める行為は女性の頭皮の負担になります

ヘアカラーは薬液を髪にしみこませて中から色を変えるため、頭皮への負担も大きくなります。

頭皮に付くと痛みやかぶれなどが起こることもあるので注意しましょう。

髪を染める時はパッチテストをするなど、十分な対策をとるようにしてください。

2.ヘアカラーの薬液は頭皮に強い刺激を与えます

ヘアカラーは、髪を脱色して色を入れることで明るい色を作りだします。

しかし、ブリーチは髪や頭皮に大きな負担をかけ、痛みや痒み、かぶれ、炎症などを起こす原因となります。

3.パッチテストを行ったり根本を染めない工夫をしたりしましょう

ヘアカラーで頭皮を傷めてしまわないために、自宅でカラーを行う場合は必ず事前にパッチテストを行いましょう。

美容院で施術を受けるときは刺激の少ないカラー剤を使っているところを選び、根元を残して薬剤を付けるのがお勧めです。

4.ヘアマニキュアや白髪を活かしたヘアスタイルもお勧めです

ヘアマニキュアを使うと、髪の表面だけに色を付けることができるため頭皮のダメージはヘアカラーよりも少なくなります。

白髪や黒髪など、元々の髪の色を活かしたヘアスタイルもお勧めです。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む