女性はお肌だけでなく頭皮の日焼け対策もするようにしましょう

fac4f0100828793b66c3e90980070867_s
お肌の日焼けには十分注意していても、頭皮は全く保護していないという女性もいます。

しかし、これは実はとても危険なことなのです。

紫外線が当たると、頭皮も他の肌と同じように刺激を受けてしまいます。

すると、頭皮の乾燥が起こってバリア機能が低下し、頭皮が刺激に対して敏感になります。

ちょっとしたシャンプーやカラー剤などで思わぬトラブルが起こることもありますから、十分気を付けるようにしましょう。

頭皮が紫外線にさらされると、乾燥や痒みなどの問題が起こります

頭皮が紫外線にさらされることで、どのような問題が起こるのでしょうか。

乾燥

紫外線によってダメージを受けた頭皮は、乾燥した状態になってしまいます。

すると、頭皮のキメが粗くなり、ダメージを受けやすくなってしまいます。

デリケートな状態になるため、普段なら問題のないような刺激が頭皮トラブルを引き起こしてしまう可能性もあるのです。

毛母細胞のトラブル

髪の毛を作りだしてくれる毛母細胞が、紫外線による日焼けによって正常に働かなくなってしまうこともあります。

すると、髪の成長や発毛にも影響が出てしまいます。

日焼け

通常のお肌と同じように、頭皮も日焼けします。

日に焼けた頭皮はひりひりとした痛みや痒み、赤みなどを起こします。

これは軽いやけどと同じ状態ですから、当然頭皮のために良くありません。

上からの紫外線をしっかり受けてしまう頭皮、特に、分け目やつむじなどは、顔の3倍の紫外線を浴びるとも言われています。

これを放置してしまうと、大きな問題が起こり得るのです。

頭皮を紫外線から守るために、帽子や日傘などを使用しましょう

af9940059210l
頭皮が紫外線を浴びないためには、どのような工夫をすればよいのでしょうか。

肌のように直接日焼け止めクリームを塗ることができない頭皮の紫外線対策についてご紹介します。

帽子

帽子は、日焼け対策として非常に有効なアイテムです。

ファッションの一環としても楽しむことができるので、夏場はとくに積極的に利用しましょう。

ただし、帽子をかぶることで頭皮が蒸れてしまうと、別の頭皮トラブルの原因になりかねません。

帽子を選ぶときは、通気性の良いかどうか、UVカット機能がついているかどうかなどを基準にするようにしてください。

日傘

日傘は、蒸れる心配もなく、紫外線をカットできる便利なグッズです。

帽子に比べてカバーできる範囲が広いため、顔の紫外線対策としても利用することができます。

難点としては、荷物になりやすく邪魔である、ということがあげられます。

日傘を選ぶときは、デザインやUVカット性能に加えて、軽さや持ち運びのしやすさについても考慮すると良いでしょう。

UVカットミスト

UVカット機能付きのヘアミストも売られています。

こういったものを利用すると、髪の紫外線ダメージを抑えることもできます。

ただし、使った後はしっかりシャンプーをして洗い流すようにしてください。

紫外線を浴びた後の頭皮はデリケートですからケアをするようにしてください

頭皮に紫外線を浴びてしまったら、きちんとケアをするようにしましょう。

冷やす

頭皮が日焼けしてしまってヒリヒリ感や赤みがある場合は、冷やしたタオルなどで冷却するようにしてください。

これは、肌が火傷してしまったときの対処と同じです。

丁寧にシャンプーする

頭皮をマッサージしながらしっかり洗います。

刺激が強すぎると頭皮のダメージに繋がるため、決して爪を立てずに指の腹でやさしく洗いましょう。

お風呂に浸かる

血行を促進することで、頭皮の新陳代謝を活発にすることができます。

なるべく早く健康な頭皮に戻れるように、血行促進を心がけましょう。

免疫力を高める

免疫力を高めるビタミンなどがふくまれた野菜や果物を積極的に摂るようにしましょう。

また、しっかり睡眠を確保することも大切です。

保湿

頭皮のオイルパックや蒸しタオルなどを行い、保湿を心がけましょう。

保湿することで頭皮のバリア機能が高まり、紫外線のダメージからも回復しやすくなります。

(まとめ)女性は頭皮の日焼け対策もする必要があるの?

1.女性はお肌だけでなく頭皮の日焼け対策もするようにしましょう

頭皮に対しても、お肌と同じように紫外線対策をとる必要があります。

紫外線によって乾燥した頭皮は刺激に対するバリア機能を失うため、ちょっとした刺激がトラブルに繋がってしまうこともあるのです。

2.頭皮が紫外線にさらされると、乾燥や痒みなどの問題が起こります

頭皮が紫外線にさらされると、乾燥や毛母細胞のトラブル、日焼けなどが起こります。

頭皮は紫外線を受けやすく、分け目やつむじは顔の3倍の紫外線を受けるとも言われています。

3.頭皮を紫外線から守るために、帽子や日傘などを使用しましょう

頭皮を紫外線から守るために、帽子や日傘を使うようにしましょう。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、用途に合わせて選ぶようにしてください。

ヘア用のUVミストを使う場合は、使用後にしっかりシャンプーで洗い流すようにしましょう。

4.紫外線を浴びた後の頭皮はデリケートですからケアをするようにしてください

紫外線を浴びてしまった場合、頭皮の状態によっては早めの冷却が必要になります。

また、丁寧にシャンプーをする、血行を促進する、新陳代謝を促すといったことも大切です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む