女性の薄毛には5つの段階があります


「薄毛」というと、単純に「毛が生えなくなる状態」だと思っていませんか?
実際には「毛が生えなくなる」のはかなり症状が進行した後の状態です。

そこに至るまでにはいくつかの段階があり、いま自分の髪がどの段階にあるのかを知っておくことは、薄毛対策に非常に有効です。

  • 第1段階

    「何となく髪の毛に元気が無い」という程度です。

  • 第2段階

    髪の毛が細くなった、ボリュームが減ってきたという自覚症状が出てきます。

  • 第3段階

    髪が痩せ、地肌が透けて見えるようになります。

  • 第4段階

    生え際が後退する、頭頂部や分け目がはっきりとあらわになるなど、完全に薄毛の症状になります。

  • 第5段階

    髪が減った部分に産毛も生えない、いわゆる脱毛状態です。

こうなると自力では対処できない症状になりますので、専門のクリニックなどに相談するしかありません。
初期の第1、第2段階であれば、回復にそれほど時間はかかりません。

しかしほとんどの人は、第3段階になったあたりでやっと頭皮ケアを意識しだします。
薄毛が深刻化する前に、早い段階で対処できるよう、セルフチェックを心がけましょう。

段階別の薄毛の状態

細く短い抜け毛は前兆サイン:初期~中期

  1. もっとも症状の軽い第1段階では、まだほとんどの人に自覚症状はありません。

    髪の毛が濡れたときなどに「薄いかな?」と感じる程度です。

  2. 通常の状態でも分け目や頭頂部の地肌が気になる、シャンプー時の抜け毛が増えるなど、本人が自覚できる症状があらわれるのは第2段階です。

    この時期の抜け毛には、細いものと太いものが混じっているのが特徴です。

  3. 全体的に髪の毛が細くなった、頭頂部やつむじの地肌が透けて見えるなど、他人から見てもあきらかな症状が出始めたら第3段階です。

    この段階ではむしろ抜け毛が減る傾向がありますが、実はこれは髪の毛が太く長く成長する前に抜け落ちているからなのです。

    決して改善しているわけではないので注意してください。

  4. 産毛状態から脱毛へ至る:後期

  5. 生え際が後退している、頭頂部や分け目が完全に露出し、いわゆる「ハゲている」状態が第4段階です。

    すでに脱毛が進んでいて、髪の本数が減る一方で産毛状態の毛が多くなります。

  6. 第5段階は産毛も生えていない「脱毛」と呼ばれる状態です。

    ここまでくると自力回復は難しく、対策も「育毛」ではなく「発毛」が必要になります。

    発毛を行うには医療機関での治療が必要で、時間や手間がかかる覚悟が必要です。

通常女性の場合は、よほど酷い環境でない限りはここまでは進行しませんが、手遅れになる前にケアをしておきましょう。

段階別にやっておきたい対策

初期段階の対策

初期の第1、第2段階であれば、生活習慣を改めたり、髪の健康を意識したシャンプー方法に変えたりすることで、ほぼ回復します。

逆にいえばこの段階から頭皮ケアをこころがけておけば、今後のための効果的な予防対策になるということです。

中期段階の対策

第3段階まできていたら、できるだけ早く対応しないと、症状が悪化する可能性があります。

ストレスやタバコなどの生活習慣を見直すだけでなく、育毛剤やサプリメントの使用も視野にいれましょう。

後期段階の対策

第4段階まできたら育毛剤などの積極的なケアが必要です。

育毛剤を使う場合は、自分の薄毛の原因をきちんとふまえ、シャンプーの方法・育毛剤選び・肌や髪質にあったものを選ぶ必要があります。

できることなら専門医に相談することをおすすめします。
最後の第5段階になると、もはや自力での回復は望めません。

専門のクリニックなどによる医学的根拠に基づいた治療を受けることで、これ以上の進行を食い止め、改善につなげることが可能です。

毎日のチェックで進行状況を把握しましょう

女性特有の「びまん性脱毛症」は症状がはっきりとあらわれるまでゆっくり進行します。

そのため気づいたときには症状が悪化していることが多いのです。
薄毛対策は早ければ早いほど効果があります。

早い段階で気がつけば対応策も多く、改善までの期間も短くてすむのです。

そのためにも、日頃からチェックしておきたいポイントをご紹介しましょう。

  • 頭皮が赤みを帯びていないか
  • 髪質・髪の量に変化はないか
  • 両手の指で頭皮をつかんで動かせるか
  • 抜け毛に短い髪の毛が混じっていないか
  • 頭頂部を手鏡などで見て地肌が露出していないか

これらのポイントを確認して、気になる症状があった場合は薄毛の段階はかなり進行している可能性があります。

毎日チェックすることで、ささいな変化にも気づきやすくなります。

(まとめ)女性の薄毛の進行には段階がある?

1.女性の薄毛には5つの段階があります

「薄毛」とひとことで言いますが、実は「毛が生えなくなる状態」はかなり症状が進行した状態です。

自覚症状の少ない初期段階からおよそ5つの段階を経て、徐々に進行していきます。

いま自分の髪がどの段階にあるのかを知っておくことは、薄毛対策として非常に有効です。

2.段階別の薄毛の状態
  • 第1段階:髪がやや薄くなった程度
  • 第2段階:分け目や地肌が目だつ・抜け毛が増える
  • 第3段階:全体のボリュームが減った・地肌が透けて見える
  • 第4段階:生え際の後退・頭頂部の地肌がはっきり見える
  • 第5段階:産毛も生えない脱毛状態
3.段階別にやっておきたい対策

初期段階であれば、生活習慣を改めたり髪の健康を意識したシャンプー方法に変えたりすることで、ほぼ回復します。

中期段階になっていたら育毛剤やサプリメントを取り入れる必要があります。

後期の症状が出ていたら積極的に育毛・発毛のケアをするだけでなく、専門医に相談することをおすすめします。

4.毎日のチェックで進行状況を把握しましょう

「頭皮の赤み」「髪質、量の変化」「頭皮の硬さ」「短い髪の抜け毛」「頭頂部の地肌」などのセルフチェックを行いましょう。

日々のチェックで早めに気づくことができれば、対策も取りやすく、改善までの期間は短くなります。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む