女性の薄毛は急激に進行する場合もあります


女性の薄毛は、基本的に男性とは異なります。

そのため男性に多く見られるような生え際の後退や頭頂部の髪がほとんど無くなるという部分的な薄毛の状態には、滅多になりません。

女性の薄毛に多いのは、「びまん性脱毛症」と言われるもので、部分的ではなく全体的に抜け毛が増えたり、髪が細くなったりすることにより髪全体が薄くなっていきます。

びまん性脱毛症は少しずつ進んでいくので、「気がついたら地肌が透けて見える」のように進行してから自覚することが大半ですが、時には急激に薄毛が進行する場合もあります。

その原因として、女性ホルモンの減少、血行不良、過度なダイエット、頭皮のダメージ、ストレス、などの急増が考えられます。

しかしこの原因を見るとわかるように、びまん性脱毛症が急激に進行した場合は、生活習慣やヘアケアを見直すことで改善が期待できます。

まずはムリのない範囲で、できることからはじめて、ヘアスタイルを楽しめるように薄毛対策をしていきましょう。

びまん性脱毛症とは

女性に見られる抜け毛には、びまん性脱毛症、円形脱毛症、産後脱毛症などがあります。
この中で、「急激に薄毛が進行した」と感じるのは、びまん性脱毛症でしょう。

円形脱毛症も一部分が急激に抜けますが、薄毛の症状とは異なります。

また産後脱毛症も産後に抜け毛が増えますが、それは一時的なものでホルモンバランスが整うと落ち着きます。

ですから急激な薄毛を招くのはびまん性脱毛症と言えるでしょう。

びまん性脱毛症の「びまん」とは、「広がる、はびこる、蔓延する」などの意味を持ち、髪が部分的ではなく全体的に抜けて薄くなるのが特徴です。

びまん性脱毛症は、ヘアサイクルの「休止期」が長くなることで起きます。
正常なヘアサイクルでも休止期はありますが、その期間が異常に長くなることで薄毛が進行してしまうのです。

その結果、地肌が透けて見える、ボリュームが無くなりヘアスタイルが決まらない、分け目が目立つ、のように感じます。

びまん性脱毛症の主な原因について


びまん性脱毛症は、ヘアサイクルの休止期が長くなることで起こります。
では休止期が長くなる原因は何でしょうか?

それは女性ホルモンの減少や血行不良・過度なダイエット・頭皮のダメージ・ストレスなどです。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは加齢によっても減少しますが、ピルの服用を止めたときにも同じような状態になります。

またストレスを抱えることで自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れる場合もあります。

血行不良

頭皮に必要な酸素や栄養を運ぶのは血液です。
血流が悪くなると栄養分が届きにくくなるため、薄毛を引き起こします。

血行不良は冷え性のほか、睡眠不足や喫煙も原因になります。

過度なダイエット

過度なダイエットや偏った食生活を続けると栄養不足になります。
栄養不足になると頭皮にも栄養が行き渡らなくなりますので、髪の成長も滞ります。

頭皮のダメージ

カラーやパーマを短期間で繰り返す、毎日のヘアケアでドライヤーを長時間使用するなど、頭皮にダメージを与えることもヘアサイクルを乱す原因となります。

ストレス

ストレスは、ホルモンバランスの乱れや血行不良など、さまざまな悪影響を及ぼします。

急激な薄毛対策として有効なもの

上記のような原因で頭皮の状態は不健康になり、ヘアサイクルの休止期は長くなってしまいます。

その結果、薄毛が少しずつ進んでいくのですが、頭皮への悪影響が急増すると薄毛も急激に進行する可能性があるのです。

ですから円形脱毛症や産後脱毛症ではなく、急に髪が薄くなったと感じたときは、まずは生活習慣やヘアケアを見直しましょう。

とくに血行促進や食生活は重要です。
冷え性対策をしっかりして、睡眠不足や喫煙は見直しましょう。

そしてダイエットのために偏ったものばかり食べるのはやめる、ジャンクフードや肉類・脂っぽいものは控える、野菜中心のバランスの取れた食事にする、などを心がけると頭皮環境は整ってきます。

ヘアケアは、カラーやパーマは間隔を開けるようにする、シャンプー方法を見直す、ドライヤーを使い過ぎない、などを意識すると頭皮のダメージを軽減できます。

またストレスも大きな要因です。

好きなことをする時間を持つようにして心を楽にするほか、薄毛を気にしすぎるとさらにストレスに繋がってしまいますので、育毛剤や頭皮マッサージなどを上手に活用して、心配しすぎないことも大切です。

(まとめ)女性の薄毛が急激に進行する可能性はあるの?

1. 女性の薄毛は急激に進行する場合もあります

女性の薄毛に多い「びまん性脱毛症」は基本的に少しずつ進んでいくものですが、原因となるものが急増すると薄毛が急激に進行する場合もあります。

その場合、生活習慣やヘアケアを見直すことで改善が期待できます。

2. びまん性脱毛症とは

びまん性脱毛症は、髪が部分的ではなく全体的に抜けて薄くなるのが特徴で、ヘアサイクルの休止期が長くなることで起きます。

その結果、地肌が透けて見えたり、ボリュームが無くなりヘアスタイルが決まらなくなったりします。

3. びまん性脱毛症の主な原因について

びまん性脱毛症はヘアサイクルの休止期が長くなることで起こります。

休止期は、女性ホルモンの減少や血行不良・過度なダイエット・頭皮のダメージ・ストレスなどが原因で異常に長くなってしまいます。

4. 急激な薄毛対策として有効なもの

頭皮への悪影響が急増すると、薄毛も急激に進行する可能性がありますので、食生活などの生活習慣やヘアケアを見直すことが大切です。

また薄毛を気にしすぎるとストレスも増えてしまいますので、育毛剤や頭皮マッサージも上手に活用しましょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む