加齢によりセラミドの量が減ることで頭皮は乾燥します

af9920072126l
年齢とともに潤いが無くなると感じるのは、肌だけでなく頭皮も同様です。

この理由は肌にもともとある潤い成分が減少してくるからです。

そのため、水分量が減りカサカサ肌や乾燥を招き、皮膚のたるみやシワを発生させます。

頭皮も同じように乾燥するため、頭皮の潤い不足により抜け毛や薄毛が起きることもあります。

その潤いの低下となる成分はセラミドです。

さらに、肌よりも頭皮のほうが角質層の水分量が少なく、年齢とともにセラミドが減少するため乾燥しやすい傾向があります。

セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下します

セラミドは細胞間を満たし、隙間無く埋めています。

この生成量が減少すると、角質層にある細胞がすかすかな状態となるため、肌の内側にある水分が蒸発します。

それにより頭皮が乾燥しだし、バリア機能が低下し外界からの刺激に弱くなるのです。

汗や蒸れなどで細菌が繁殖したり、刺激に弱くなってシャンプー時の摩擦により傷ができて炎症を引き起こしたりすることもあります。

一度セラミドが減少しバリア機能を失うと、なかなか改善することができず悪循環になります。

正常な皮膚のサイクルが保てなくなり、頭皮はカサカサと粉を吹いたようになり、細かいフケも発生します。

酷くなれば脱毛へと発展することもありますから、年齢的なセラミド不足は早期に対処する必要があるでしょう。

特に冬には、空気が乾燥するため症状が酷くなりやすく、悪化することもあります。

頭皮のカサカサをケアする方法を知りましょう

Fotolia_29671151_Subscription_Monthly_M
頭皮のカサカサ対策は、適度なシャンプー、そして保湿が重要となります。

正しいシャンプーの方法

シャンプーのし過ぎは皮脂を奪うため、もともとセラミド量が少ない人は特に乾燥が酷くなってしまいます。

既に角質層が乱れている方は、刺激に弱くなっていますから、こすらずに泡で洗うようにします。

皮膚に付いた汚れは泡のみでも落とすことが可能ですから、頭皮をゴシゴシ擦る必要はありません。

手のひらにシャンプーを取り、お湯を加えて十分にあわ立てておきます。

頭皮をこすってしまう場合は、頭皮を指の腹で押さえて動かすようにすると刺激が少なくなります。

頭皮の保湿ケア

頭皮の乾燥が酷いなら、保湿ローションや育毛剤などで潤いをプラスすると良いでしょう。

この場合は、ヘアドライを完全には行わず、頭皮に多少湿り気があるほうが乾燥しにくくなります。

ドライヤーで8割~9割程度乾かしたら、あとは自然乾燥でも問題ありません。

ドライヤーの熱は頭皮の乾燥を引き起こすため、地肌に近い場所で長時間当てないことがポイントです。

頭皮のケアのためにはストレスにも注意が必要です

年齢的なセラミド不足がそれほど考えられないのに、頭皮が粉を吹くほどカサカサしているなら、原因としてストレスも疑いましょう。

ストレスは自律神経のバランスを乱し、交感神経を優位にさせることで、血管を収縮します。

この時に血流が悪くなり、頭皮への栄養供給に影響が出ます。

頭皮が栄養不足となると、皮膚の弾力を保つコラーゲン、保湿力を保つヒアルロン酸の生成がしにくくなるのです。

さらに皮脂の材料も不足してしまいますから、頭皮は潤い不足となります。

頭皮は皮膚の中でも皮脂の分泌量が多い箇所で、ストレスにより血流不足が発生すれば、真っ先に影響が出る可能性も考えられます。

皮脂量が一定に保たれなければ、内側からの水分が蒸発しやすく、外界からのバリア機能も低下してますます環境が悪くなるでしょう。

ストレスを感じやすい方は、適度な運動を心掛けたり、好きなことに積極的に取り組んだりすることで解消を心がけてください。

頭皮の血流が悪いと感じる方は、マッサージをするのも効果的です。

細胞に栄養が行き渡り、老廃物の排泄がスムーズになり、頭皮の代謝が改善されるように変わっていきます。

(まとめ)薄毛を招く症状!女性の頭皮のカサカサはなぜ起こる?

1.加齢によりセラミドの量が減ることで頭皮は乾燥します

加齢により頭皮が乾燥しやすいと感じるのは、皮膚のセラミド生成量が低下するからです。

30代くらいから徐々に減少するため、肌が乾燥しやすいと感じる方は、同じように頭皮も潤いが不足している可能性があります。

2.セラミドが不足すると肌のバリア機能が低下します

頭皮のセラミドが不足すると、皮膚の内側にある水分が蒸発しやすくなります。

角質層が乱れ、外界らからの刺激に弱くなり、乾燥によるかゆみだけでなく炎症が出ることがあります。

3.頭皮のカサカサをケアする方法を知りましょう

頭皮がカサカサするほど乾燥が酷いなら、皮脂を取り過ぎない洗い方をやり、保湿もプラスしましょう。

頭皮を指で動かすようにすると摩擦が少なくマッサージにもなります。

保湿ケアは頭皮が乾燥しすぎないうちにやることをおすすめします。

4.頭皮のケアのためにはストレスにも注意が必要です

意外と見逃しやすいのが、ストレスにより頭皮の血行が悪くなっていることです。

血行が悪いと頭皮への栄養供給がされにくく、老廃物の回収が上手くいかなくなり、潤い成分の生成が促進されません。

ストレス解消法やマッサージで血流を促しましょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む