女性の頭皮のざらざらは尋常性乾癬によるものかもしれません

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_s
女性が頭皮に触れてみてざらざらしていたり、白いフケのようなものがあったりすると、単に汚れが蓄積していると感じるかもしれません。

シャンプーによる洗い方が悪いと判断する方も多いでしょう。

しかし、白い垢がたくさん剥がれ落ちる病気に「尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)」というものがあります。

頭皮を清潔にしているようでも改善しない方は、この病気の可能性も疑いましょう。

尋常性乾癬は遺伝やストレスなどにより起こるとされています

尋常性乾癬の原因はまだ詳しくわかっていません。

日本の人口の約1%程度の方が発症しており、遺伝との関連性が指摘されています。

両親がこの体質を持っていると子どもにも遺伝する可能性がありますが、遺伝子だけの問題ではなく後天的な要因でも影響すると考えられています。

後天的な要因としてはストレス、食生活の問題です。

脂っこい食事で影響しやすく、肥満や生活習慣病にも注意する必要があります。

一般的には体質的なもので完治は難しいとされており、頭皮を見ると赤く乾燥していて、白い垢がたくさん剥がれ落ちます。

乾癬はうなじや他の皮膚でも症状を起こすことがありますから、頭皮だけでなく違う箇所にも似たような症状がないか確認しましょう。

後天的な要因も関連しやすいため、このような体質を持っている方でも食生活が良い方向に働けば発症しないこともあります。

また、遺伝が要因の可能性があるといっても、その子どもに必ず体質が伝わるわけではありません。

尋常性乾癬の治療は外用薬を使った方法などがあります

gf1420278005l
尋常性乾癬は生まれつきによる体質ですから、完治させる治療方法は無いとされています。

この病気を抱える方の多くは、発症と軽快を繰り返すため、症状が出た際に治療をして押さえることが重要です。

治療によく使われているのは、ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬です。

他にも紫外線療法、内服療法などを加えた3つの方法があります。

この治療にて効果が得られない場合は、抗体療法を利用し、注射にて改善させる方法も活用されています。

しかしステロイド外用薬は副作用の恐れもあるため、長期の使用が心配な方もいるでしょう。

そのような場合には、症状が酷いときのみに外用薬を使用したり、副作用が酷いときに他の治療方法と組み合わせて進めたりすることもできます。

ビタミンD3外用薬は、ステロイド外用薬のような長期使用での副作用は見られません。

皮膚細胞が異常に増殖するのを抑える薬で、効果が現れるのが比較的遅いという特徴があります。

はじめは即効性の高い治療で症状を抑え、副作用が少ない薬に切り替え、長期的に症状を管理するという方法も良いでしょう。

頭皮のざらざらは予防が大切です

尋常性乾癬は後天的な要素でも発症しやすいため、日常生活の工夫で症状を緩和させることが可能です。

日光に当たる

夏のように直射日光に当たる機会が多い時期に比べ、日照時間が少ない冬に症状が進む傾向があります。

日光に当たることは良い効果をもたらしやすいため、適度に日光に当たるようにしましょう。

ただし、紫外線を当てすぎると頭皮に負担がかかり、薄毛の原因にもなるため注意が必要です。

ストレスを減らす

精神的なストレスも症状を酷くする原因です。

イライラや不安などが悪化させることも多いため、できるだけ仕事や家庭内でのストレスを発散できるようにしましょう。

食生活の改善

高カロリー食や脂っこい食事を減らすと改善するケースが多いです。

糖尿病や脂質異常、肥満なども関連しているといわれているため、太らない健康的な食事を心がけることは予防に繋がります。

肉類より魚類、揚げ物より炒め物といった料理や材料を工夫するだけでも違います。

飲酒や刺激物なども痒みを増す要因となるため避けるのが無難です。

洗髪は優しく

フケや頭皮のざらざらが気になるとゴシゴシ洗いがちです。

刺激は見えない外傷を作り新たな発疹の原因となることもありますから、頭皮を優しく洗うのがポイントです。

爪を立てず指の腹を使うように優しくマッサージすると予防となります。

洗髪の前後にはヘアブラシで頭皮を傷つけないようにしましょう。

こうした頭皮のケアは、薄毛の予防にもつながります。

(まとめ)白い垢が剥がれる症状がある人は注意!女性の頭皮のざらざらとは?

1.女性の頭皮のざらざらは尋常性乾癬によるものかもしれません

白い垢のようなフケ、女性の頭皮がざらざらしている症状があるなら、尋常性乾癬も疑う必要があります。

単に汚れが落ちていないだけと感じ、洗いすぎて悪化しすぎることもあるため注意しなければなりません。

2.尋常性乾癬は遺伝やストレスなどにより起こるとされています

尋常性乾癬の直接的な原因はまだわかっていませんが、遺伝や後天的な影響が考えられており、完治は難しいとされています。

本人が持つもともとの体質であるため、他人に移ることはありません。

3.尋常性乾癬の治療は外用薬を使った方法などがあります

尋常性乾癬の治療は外用薬、紫外線治療、内服が一般的です。

完治が難しい病気ですから副作用に注意し、症状がある際には薬で抑える治療が必要となります。

副作用を抑えるために複数の治療を組み合わせてやる方法が利用されています。

4.頭皮のざらざらは予防が大切です

女性の頭皮のざらざらの原因が尋常性乾癬であることが判明したら、食生活や生活習慣を改善して予防することもできます。

体質的なものは変えられませんが、痒みやフケを減らすことは工夫次第で可能です。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む