女性の頭皮のためには、カラー剤やパーマ液などの液体に注意が必要です

73b76c3e1eefa95629b240cc8e3c6b9e_s
頭皮の健康のためには、カラー剤やパーマ剤などを無暗に使い過ぎないことが大切です。

美容院で施術を受ける際は、頭皮に刺激を与え過ぎない薬剤を使ってもらうようにしてください。

また、飲み物にも注意が必要です。

コーヒーなどのカフェインは体を冷やし、飲み過ぎると体に良くない影響を与えます。

過度の飲酒についても同様で、体内でお酒を分解する際に栄養素を使ってしまうため、頭皮の栄養不足を招いてしまうのです。

一方、頭皮のケアをしてくれる保湿液や汚れを落としてくれる炭酸水などは頭皮のために良い液体だと言えるでしょう。

パーマ液やカラー液は頭皮の刺激になってしまいます

女性であれば、少しでも美しくありたいと考えるのはごく自然なことです。

そのために、カラーやパーマを行っているという人も多いでしょう。

特に、30代、40代、50代と年齢を重ねるにしたがって、白髪が気になってきたり、髪のコシがなくなってきたりする場合もあります。

そういう時に、髪の毛を自在に染められるカラーや、髪の形を良く見せられるパーマは役立ちます。

しかし、こうしたカラーやパーマに使う液体は、髪に働きかけをする薬剤なのです。

カラーをしたときに、頭皮にヒリヒリとした痛みや、痒みを感じた経験がある人もいるのではないでしょうか。

こうした症状は、薬剤が強すぎて頭皮に刺激を与えることで起こります。

カラーやパーマは、女性の髪を美しく見せるために役立ちますが、その結果、余計に頭皮を傷めてしまったり、髪の健康を損なったりしてしまう恐れもあるのです。

特に敏感肌の人や、体が弱って抵抗力が弱まっている人は、こうした刺激に注意が必要です。

美容院での施術は美容師とよく相談した上で、頭皮に極力負担がかからない方法を選ぶようにしてください。

飲み物にも注意が必要です

imasia_10072476_L (1)
女性の頭皮のために気を付けるべき液体に、「飲み物」もあげることができます。

毎日、なんの気なしに飲んでいる飲み物ですが、注意しないと思わぬ問題を引き起こすこともあります。

飲酒

適度な飲酒は血行を良くする効果もあり、体にとってそれほど悪いことではないとされています。

しかし、本当に少量だけ飲むと言う人は良いですが、度を過ぎると、お酒は頭皮にとっても体全体にとっても非常によくない働きをしてしまいます。

お酒を飲むと、体の中にアルコールが取り込まれます。

このアルコールによって、様々な栄養素が吸収を阻まれたり、尿として排出されてしまったりします。

すると、体の中が栄養不足に陥り、頭皮にも必要な栄養がいきわたらなくなってしまうのです。

カフェイン

コーヒーや玉露に多く含まれるカフェインには、体を冷やす役割があります。

反対に、毛細血管が広がって血行が良くなるという面もありますが、やはり飲み過ぎは体によくありません。

覚醒効果が高いため、良質の睡眠を取る妨げにもなりかねないため、夜間のカフェイン摂取や多量の摂取は控えるようにしましょう。

頭皮のためになる“液体”もあります

頭皮にとって良くない液体もたくさんありますが、中には頭皮のためになる、良い液体もあります。

保湿ケア剤

頭皮の乾燥を防いでくれる、保湿液は、「頭皮のためになる液体」です。

具体的には、ホホバオイルやオリーブオイルなどのオイルや、ヘア用の保湿ミストなどがこれに当たります。

頭皮は乾燥するとバリア機能を失い、外からの刺激で簡単にダメージを受けてしまうようになります。

こうしたことを防ぐためには、頭皮の保湿が大切なのです。

頭皮の保湿をするためには、湿度に気を配ったり、頭皮の血行を良くしたりといったことが効果的ですが、外部からのケアとしては、保湿に良い液体を使うというのがお勧めです。

炭酸水

炭酸水の微細な泡は、頭皮の汚れをすっきり落とすのに役立ちます。

汚れは頭皮トラブルのもとにもなりますから、優しく頭皮を洗いあげてくれる炭酸水は、頭皮ケアにぴったりです。

もちろん、炭酸水で頭皮を洗う時は、甘いサイダーなどではなく、無糖のものを使用しましょう。

炭酸泉を作れるキットも販売されていますから、そういったものを使うのも良いですが、高額なため、炭酸水で代用するのがお勧めです。

シャンプー前に炭酸水でプレ洗いをすると、すっきり汚れを落とすことができます。

(まとめ)女性が頭皮のために気を付けるべき“液体”とは?

1.女性の頭皮のためには、カラー剤やパーマ液などの液体に注意が必要です

頭皮にとって、カラー剤やパーマ液は刺激が強く、良くない液体です。

また、カフェインを多く含むコーヒーやお酒も、頭皮のためにはあまりよくありません。

一方、頭皮のためになる液体には、保湿液や炭酸水などが挙げられます。

2.パーマ液やカラー液は頭皮の刺激になってしまいます

美しさを求める女性にとって、カラーやパーマは大切なものです。

しかし、こうした施術に使用する液体は、頭皮にとって強い刺激となります。

施術を受ける際には、美容師とよく相談して、極力かかる負担が少なくなるようにしましょう。

3.飲み物にも注意が必要です

頭皮のために気を付けておくべき液体に、飲み物があります。

特に飲酒は、多くの栄養素を活用する妨げとなります。

また、覚醒効果があり体を冷やすカフェインも夜の摂取や多量摂取はお勧めできません。

4.頭皮のためになる“液体”もあります

頭皮の保湿に役だつオイルや保湿ミストなどは、頭皮のためになる液体です。

また、炭酸水も、頭皮の汚れを落とすのに効果的です。

炭酸水でプレ洗いをすると、頭皮の汚れをすっきりと落とすことができるのです。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む