女性の頭皮に炎症が起きてしまったら、皮膚科の受診と生活習慣の見直しを行いましょう

imasia_12991227_L
炎症が起こると、頭皮には痛みや痒みといった症状が起こります。

こうした症状があって皮膚が赤くただれていた場合、炎症の可能性が高いでしょう。

数日で収まることもありますが、長引く場合や強い痛みや痒みなどがある場合は皮膚科を受診するようにしてください。

それと併せて、炎症がひどくなったり再発したりするのを防止するための生活習慣の見直しも大切です。

頭皮の炎症はシャンプー不足やアレルギーなどによって起こります

頭皮の炎症が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

原因はいくつかあるので、当てはまるものがないかどうか考えてみてください。

シャンプー方法

シャンプーの仕方に問題がある場合、炎症が起こりやすくなります。

爪で引っ掻くように洗っている

頭皮に傷をつけてしまい、炎症が起こってしまうことがあります。

シャンプーやコンディショナーをしっかり洗い流さない

シャンプーやコンディショナーの洗い残しが頭皮にあると、その汚れが元で雑菌が繁殖し、痒みの原因となります。

熱いお湯でのシャンプーや、熱風でのドライを行っている

頭皮はとてもデリケートですから、40度を超える熱いお湯で髪を洗ったり、熱風を頭皮の近くから吹き付けて乾かしたりするのはやめましょう。

生活習慣

アレルギー物質に触れる

紫外線やハウスダスト、ペット、花粉、食べ物など、アレルギーの原因となる物質に触れることでも炎症が起こることがあります。

皮膚に湿疹などが出るのと同じように、頭皮にも影響があるのです。

飲酒、喫煙、不規則な生活

飲酒や喫煙、不規則な生活や栄養不足は、体の免疫力や肌のバリア機能を低下させてしまいます。

強い症状のある炎症が起きた場合は皮膚科を受診しましょう

af9940076573l
頭皮に痛みや痒み、赤みなどの炎症が起こった場合、どうすればよいでしょうか。

まず、自分の状態についてよく考えてみてください。

痛み・痒みがある

痛みや痒みがある場合、その強さによって緊急性が変わります。

我慢できないほどの痛みや、掻かずにいられないほどの強い痒みがある場合は、できるだけ早く皮膚科を受診する必要があります。

そうではなく、軽くぴりぴりする、なんとなく違和感があって痒い、という場合は、2~3日様子を見てみても良いでしょう。

しかし、数日経っても治らず原因がわからない場合は、やはり皮膚科に行くことをお勧めします。

赤みがある

頭皮に赤みがある原因は、炎症の他、血行不良などによるものの可能性もあります。

他に痛みや痒みなどの症状があるかどうかを確認してみてください。

ただ赤みがあるだけで、取り立てて他の症状がないという場合は、それほど急いで病院へ行く必要はありません。

出来物がある

皮膚全体ではなく、一部だけが痛かったり、何か出来物が出来ているということもあります。

こういう場合も、痛みや痒みの強さ、どのくらい治らないかといったことを基準に受診するかどうかを決めましょう。

炎症が再発させないためには生活習慣を整えることが大切です

頭皮の炎症がひどくなってしまったり、再発を繰り返しているという場合は、生活習慣に問題がある可能性があります。

炎症を予防するためにも、毎日の生活を見直してみましょう。

喫煙

喫煙習慣は、肌の健康のためには非常によくないものです。

数々の有害物質を含む煙を吸い込み、血行を悪くさせて肌の健康をむしばむのがタバコです。

日常的に喫煙をしている女性は、早めに禁煙するように心がけましょう。

洗髪

シャンプー方法が間違っていると、頭皮に傷をつけてしまったり、雑菌の繁殖を促したりしてしまうことがあります。

頭皮を傷つけないためには、爪を立てないで洗うことや、熱いお湯を使わないことを心がけましょう。

また、自分の肌に合わないシャンプーを使用することで炎症が起きてしまうこともあります。

シャンプー選びにも気を配るようにしてください。

食生活

栄養バランスの良い食事を心がけ、栄養の少ないジャンクフードや菓子パンなどの食事は避けるようにしましょう。

免疫力を高める緑黄色野菜やビタミン、ミネラルなどを意識して摂るのがお勧めです。

また、摂った栄養を有効活用するためにも、睡眠時間の確保も心がけてください。

(まとめ)女性の頭皮が炎症を起こしてしまったら?

1.女性の頭皮に炎症が起きてしまったら、皮膚科の受診と生活習慣の見直しを行いましょう

頭皮に炎症が起こると、痛みや痒み、赤みなどの症状が起こります。

適宜皮膚科を受診するようにしてください。

また、悪化や再発を防止するために生活習慣の見直しをすることも大切です。

2.頭皮の炎症はシャンプー不足やアレルギーなどによって起こります

頭皮の炎症の原因は、大きく分けるとシャンプー方法と生活習慣のふたつです。

肌に負担の掛かりづらいシャンプー方法を心がけるようにしましょう。

また、アレルギー物質を避け、飲酒や喫煙、不規則な生活などは改めるようにしてください。

3.強い症状のある炎症が起きた場合は皮膚科を受診しましょう

炎症が起こった時は、痛みや痒みの程度や期間がどのくらいなのかについて考えてみましょう。

症状がひどかったり、期間が長引いたりする場合は皮膚科の受診をお勧めします。

頭皮が赤いだけの場合は血行不良の可能性もあるので、急いで受診する必要はありません。

4.炎症が再発させないためには生活習慣を整えることが大切です

炎症を抑えるためには、生活習慣の見直しが大切です。

喫煙習慣がある場合は早めの禁煙を目指しましょう。

また、頭皮に負担をかけないように髪を洗うことや、栄養に気を配った生活を送ることも必要です。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む