女性の頭皮のできものは、脂漏性皮膚炎が原因の可能性があります

52318a93e7d67f51bd7b4c8ad32c3808_s
女性が頭皮にできものを発見したら、皮脂汚れが多くないか見てみましょう。

もしフケのようなものが剥がれ落ちたり、頭皮に触れた際に皮脂が多い感じたりするなら、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

過剰な皮脂分泌が原因で、頭皮のかさぶたや痒みなども伴いやすく注意が必要です。

単なる湿疹と思っていたら、皮脂が多いことによるトラブルも考えられます。

脂漏性皮膚炎は、一度なると慢性化する可能性もあります

単なる頭皮のできものだと、一時的にシャンプーでかぶれただけと感じる方が多いようです。

しかし脂漏性皮膚炎だった場合、最初はフケやできものなどで済むのですが、放置して慢性化すれば硬い皮で覆われるようになることもあります。

さらに、この症状を放置することで深刻な薄毛の症状を引き起こしてしまう可能性もあり、注意が必要です。

脂漏性皮膚炎が起こるのは皮脂が多い部位で、頭皮をよくみると赤く炎症を起こしているのがわかります。

フケやかさぶたで発見する方も多く、痒みは比較的軽症なため長期間放置されがちです。

一度なると自然に完治させることは難しく、病院を受診して適切な治療を行わないと慢性化してしまう可能性があります。

直接的な原因は、マラセチアという真菌が悪さをしたものです。

この真菌は皮脂が多く分泌する箇所を好み、一度住みつくとなかなか改善しにくい特徴があります。

真菌が頭皮に住みつくと菌自体が皮膚を刺激する、あるいは皮脂の成分のひとつが常在菌の働きにより遊離脂肪酸に分解され皮膚に炎症をもたらします。

このマラセチアという真菌は皮膚に常在しているカビの一種のため、皮脂のコントロールが上手くいかなければ誰でも発症するリスクを抱えています。

真菌は皮脂をえさに増殖しているため、間違った洗髪などにより皮脂が多くなった人によく見られるようです。

脂漏性皮膚炎になった場合の治療方法

af9940076573l
頭皮にかさぶたができる原因となる脂漏性皮膚炎は、重症化してはじめて治療に乗り出すケースも多くなっています。

最初はたんなるフケ、かぶれだと判断するため、治療が遅れて再発を繰り返すことも少なくありません。

薄毛を引き起こすほど症状が悪化する前に、早めの治療を心がけましょう。

治療にはステロイド外用薬が効果的です。

初期なら短期間での治療効果がみとめられますが、稀に再発を繰り返すこともあるため注意が必要です。

ステロイド薬は長期的に使用すると副作用の恐れがあるため、できるだけ予防に努めたり、早めに治療をして改善したりするのが重要となります。

マラセチアの関与があると判断された場合は抗真菌外用薬が使われます。

ステロイド薬より副作用が少ないことがメリットです。

ただし、重症化するとあまり効果が出にくく、効果が出るまで時間がかかることから初期の治療などに多く利用される薬です。

頭皮の皮脂の分泌は食生活の乱れでも起こると考えられています。

治療の際にビタミンB群を積極的に取り入れると効果が得られやすくなるでしょう。

食事でビタミンB群が多い食べ物を摂ることや、医療機関でビタミン剤を処方してもらう方法などがあります。

シャンプーの方法を工夫するだけでも皮脂の過剰分泌を抑えられます

脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチアは、皮脂をえさとして増殖します。

常在菌の一種で誰でも存在する真菌ですから、皮脂を押さえる正しいシャンプー方法を利用することで予防することができます。

シャンプーは、1日1回で皮脂汚れをしっかり洗うようにしましょう。

もしかしたら皮脂が適切に落とせていない可能性も考えられます。

頭皮のコンディションに合わせてシャンプーのやり方を変えてみてください。

ブラッシング

髪を洗う前には毛先の絡まりを取り除き、頭皮をマッサージして皮脂やホコリを浮き上がらせます。

ぬるま湯で洗う

38度くらいのぬるま湯で地肌を洗うようにすすぎましょう。

このときに軽い汚れやヘアケア剤を落とすようにしっかりと洗います。

熱過ぎるお湯は皮脂を落とす原因となりますから、適度な温度を心掛けましょう。

シャンプーで洗う

少量のシャンプーを手のひらに取ったら、お湯を入れて泡立てます。

洗う際には頭皮を優しく指の腹でマッサージすると良いでしょう。

爪を立てると頭皮に傷を付け炎症の原因となりますし、髪の毛をゴシゴシするのもキューティクルが乱れる原因となるため避けてください。

すすぎ

すすぎの際にもぬるま湯を使い、少し時間が長いと感じるくらいしっかりと泡を落とします。

(まとめ)女性の頭皮にできてしまったできもの…その原因は?

1.女性の頭皮のできものは、脂漏性皮膚炎が原因の可能性があります

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌したもので、痒みやフケなどを伴い、頭皮は脂が多い感じがします。

一見シャンプーでかぶれたようにも感じられますが、皮脂が原因で起こるトラブルなのです。

2.脂漏性皮膚炎は、一度なると慢性化する可能性もあります

脂漏性皮膚炎の原因となる真菌はマラセチアで、頭皮に誰でも持つ常在菌の一種です。

皮脂をえさに増殖しており、一度なると慢性化して自然に治りにくいことが多いため注意が必要です。

3.脂漏性皮膚炎になった場合の治療方法

初期の頃なら副作用が少ない抗真菌薬での治療が効果的で、症状が進行すればステロイド外用薬が使用されます。

一度完治したようでも再発することがありますから、しっかりと治療する必要があります。

4.シャンプーの方法を工夫するだけでも皮脂の過剰分泌を抑えられます

脂漏性皮膚炎はシャンプーのやり方が悪く、皮脂が残っていることも原因のひとつです。

1日1回しっかり洗いながら、頭皮にダメージを与えないよう優しくケアしましょう。

皮脂量が適度になれば頭皮のかぶれの原因となるマラセチアの増殖を抑えられます。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む