頭皮がピリピリするのは炎症を起こしているからです

9ebfb0900f21109b66afb86686d410c5_s
頭皮がピリピリする、赤くなっているという場合は炎症を起こしている可能性があります。

シャンプーやブラッシングで傷をつけてしまった、乾燥している、日焼けをしてしまった、といったことが原因として考えられるでしょう。

そのままにしておくと、薄毛や抜け毛につながりますので、早めのケアをして悪化させないことが大切です。

頭皮が炎症を起こすのは乾燥が原因です

頭皮が炎症を起こすのは乾燥していることが原因です。

では、なぜ頭皮が乾燥してしまうのでしょうか?

頭皮環境の悪化

原因としてまず考えられるのが、頭皮環境が悪化し、頭皮の皮脂が過剰に分泌されていることです。

ストレスや睡眠不足、疲労といった心身の不調や、シャンプーやヘアケア製品の使用、パーマやカラーリングなどの頭皮への刺激が、頭皮環境が悪化する原因となります。

頭皮にはマラセチア菌という常在菌が住んでいますが、この常在菌が活発になり増殖すると脂漏性皮膚炎などの皮膚疾患を起こし、皮膚が乾燥しやすくなったり、フケやかゆみが出るようになったりします。

血行不良

さらに、血行不良も頭皮の乾燥の原因です。

血液の循環が悪くなると新陳代謝が正常に行われなくなり、余分な角質が溜まりやすくなります。

生活習慣

頭皮の乾燥は食生活に原因がある場合もあります。

動物性脂肪の多いお肉や油分の多い揚げ物、ケーキやチョコレートなどを過剰に食べ過ぎると中性脂肪が増えます。

血液中に中性脂肪が増えると、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることとなり、頭皮湿疹を引き起こし、乾燥やフケ、かゆみを引き起こすのです。

紫外線

また、紫外線は頭皮を乾燥させるだけでなく、毛母細胞や髪にもダメージを与えます。

紫外線によって細胞がダメージを受けることで髪の毛が作られなくなり、薄毛や抜け毛の原因となるので注意が必要です。

頭皮がピリピリするのは神経が原因の場合もあります

af9920061934l
頭皮がピリピリするという症状の場合、頭皮自体が炎症を起こしているのではなく、頭部の神経が原因で起こる後頭神経痛の可能性もあります。

後頭神経痛の場合は、後頭部から耳の後ろあたりが痛む、電気が走ったような痛み、一度痛み出すと数日から数週間痛みが続く、痛みがない場合はじわっとした感覚やしびれたような感じがする、といった症状が出ます。

一方で炎症が原因の場合は、頭皮を押すと痛い、頭皮が赤くなっている、フケやかゆみがある、頭皮がつっぱる、といった症状があります。

炎症を起こしている場合は、頭皮の保湿機能が低下し乾燥していることが原因ですが、後頭神経痛の場合は肩や首のこりが原因で起こることが多いです。

後頭部に通っている神経は筋肉による圧迫を受けやすく、その部分が固くなってしまうと、頭部にピリピリした痛みが出てくるのです。

命にかかわるような危険な痛みではなく、1週間ほどで自然に解消されますが、痛みがひどいと仕事や家事などに支障が出ることもあります。

マッサージやストレッチをしてこりを解消するか、心配な場合は病院に行って相談してみることをお勧めします。

ピリピリした痛みを放置すると脱毛症になるリスクがあります

頭皮が乾燥してしまうのは、よくあることです。

その場合はシャンプーを変えたり、血行をよくしたり、食事に注意をしたりすることで改善されることもありますが、頭皮にピリピリした痛みを伴うといった症状のほか、大量のフケが出る、頭皮が炎症を起こしている、抜け毛が増えた、という場合は頭皮環境がかなり悪化している状態なので、注意が必要です。

頭皮環境が悪いということは、血行が悪く新陳代謝もスムーズに行われていないということです。

大量のフケが出れば毛穴がふさがることで、髪の成長を妨げる原因になり、それが薄毛につながります。

フケとともにかゆみが出ていると、昼間は注意していても、夜寝ているときなどには無意識のうちに頭皮をかいてしまい、さらに頭皮環境を悪化させてしまうことがあります。

症状が悪化すれば粃糠性脱毛症などを引き起こすこともあるでしょう。

粃糠性脱毛症になってしまったら、炎症を抑える必要があるため皮膚科での適切な治療が必要です。

それとともに、頭皮にダメージの少ないシャンプーを使う、頭皮に負担をかけない正しい方法でシャンプーをする、食生活に注意する、質の良い睡眠を取るなどといった日常生活の見直しも必要です。

(まとめ)女性の頭皮がピリピリする原因とは?

1.頭皮がピリピリするのは炎症を起こしているからです

頭皮がピリピリしたり、赤くなったりするのは、乾燥や傷、紫外線によるやけどなどによって頭皮がダメージを受け、炎症を起こしていることが原因です。

早めのケアをして、薄毛や抜け毛にならないようにしましょう。

2.頭皮が炎症を起こすのは乾燥が原因です

頭皮の炎症は、ストレスや睡眠不足、シャンプーやカラー剤、紫外線などによる頭皮へのダメージ、血行不良などによる乾燥が原因です。

さらに、脂肪分の多い食生活も皮脂の分泌を過剰にして、頭皮湿疹を引き起こします。

3.頭皮がピリピリするのは神経が原因の場合もあります

頭皮がピリピリする場合、炎症ではなく後頭神経痛を起こしていることがあります。

乾燥による炎症とは異なる症状があるので、それを確認し、正しい方法でケアをするようにしましょう。

4.ピリピリした痛みを放置すると脱毛症になるリスクがあります

頭皮がピリピリする症状が悪化する前に、シャンプーを刺激のないものに変えたり、日常生活に注意をしたりするなど、ケアをすることで粃糠性脱毛症のリスクを減らすようにしましょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む