フケが出るのは頭皮環境が悪いという証拠です

202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_s
フケが出るのは頭皮環境が悪くなっているせいです。

頭皮環境が悪いというのは、頭皮が乾燥し、新陳代謝が正常ではなくなっていることを表します。

新陳代謝が悪くなるのは、シャンプーやトリートメントが合っていない、髪を洗う時に爪で傷をつけている、パーマ液やカラーリング剤が刺激となっているなど、さまざまなことが原因です。

これらを解決するためには、生活習慣の見直しが必要になるでしょう。

フケには乾性と脂性の2種類があります

フケには乾性のものと脂性のフケがあります。

乾性のフケは皮脂の分泌が悪い頭皮環境になると出やすいものです。

その原因の一つに、洗浄力の強いシャンプーを使用していることが挙げられます。

洗浄力が強ければ頭皮の汚れや余分な皮脂、毛穴の詰まりなどを取り除くことができますが、同時に必要な皮脂や常在菌も取り除いてしまうためです。

シャンプーをする際に頭皮に刺激を与えるような洗い方にも注意しなければなりません。

かゆいからといって爪でこするような洗い方をしていると、頭皮が傷つき、乾燥しやすくなってフケができるようになるためです。

洗いすぎも皮脂を取り除いてしまうため、頭皮の乾燥につながります。

さらに、パーマやカラーリングは頭皮の刺激にとなり、皮膚を乾燥させ新陳代謝を乱します。

あまり頻度を高くこれらを行うと、髪自体のダメージだけでなく、頭皮環境の悪化にもつながると覚えておきましょう。

また、脂性のフケは皮脂の分泌が異常になると発生するしっとりしたフケです。

このフケが出る場合は脂漏性皮膚炎が原因となっているケースも少なくありません。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰に分泌すると、カビが増殖し炎症が起こる皮膚炎です。

汗をかいてそのままにしていたり、髪を乾かさない時間がながかったり、ホルモンのバランスが乱れる、などといったことのほか、不規則な生活やストレスによっても引き起こされます。

フケは頭皮環境が悪化しているサインです

0ea25d7c2d7dba7767481d8558abafe7_s
フケは皮膚の表皮から剥がれ落ちる角質で、アカなどと同じものです。

頭皮も顔などの皮膚と同様、新陳代謝によって表皮の角質が剥がれ落ちます。

基底層で細胞分裂をし、新しい細胞が生まれ角質層へと押し上げられて、古くなった角質はアカとなって剥がれ落ちていくものが髪の毛でも起きているのです。

新地代謝は、頭皮環境が健康な時でも起こっているものですが、健康な状態の時にはフケは肉眼では見えないほどの大きさなので気になることはありません。

しかし、新陳代謝が正常でないと、フケは大きくなり目に見えるようになります。

つまり、フケが目立つのであれば新陳代謝が正常でなく、頭皮環境が悪い状態であるといえるのです。

特に、急にフケが大量に発生したり、かゆみが強かったりした場合には注意が必要です。

場合によっては、湿疹や皮膚炎などにかかっている場合があります。

そのままにしておくと、毛穴が詰まり毛母細胞の機能が低下し、髪が正常に成長できなくなります。

フケが出る時にはシャンプーの回数を減らしてみましょう

フケの原因を取り除くためには、
朝も夜もシャンプーをしている場合は、夜だけにしましょう。

その理由は、シャンプーが原因で頭皮にダメージを与えてしまっている可能性があるためです。

シャンプーは、髪の毛や頭皮についている皮脂を落としますが、必要以上に洗い流してしまうと、かえって皮脂を過剰に分泌させるためです。

そのため、回数を減らすだけでなく、シャンプーはよく洗い流すことが大事です。

頭皮にシャンプーが残っているとそれが乾燥の原因になります。

トリートメントは頭皮にはつけずに、髪につけるようにしましょう。

トリートメントは粘度が高く油分が多いため、頭皮につけると細菌の増殖につながったり、毛穴をふさぎ炎症を引き起こしたりすることがあります。

また、頭皮の刺激となるパーマやカラーリングは控えるようにしましょう。

ヘアスプレーやワックスなども頭皮への刺激になります。

特に頭皮が乾燥している場合には、少しの刺激が頭皮環境の悪化につながるので、フケやかゆみがある場合はしないようにするべきです。

(まとめ)女性の頭皮のフケ原因とは?

1.フケが出るのは頭皮環境が悪いという証拠です

フケが出る原因は、頭皮環境が悪くなっているためです。

新陳代謝が弱まり、頭皮が乾燥しやすくなったり、清潔さが保てなくなったりするとフケが出てしまいますので、生活習慣の改善が求められます。

2.フケには乾性と脂性の2種類があります

フケには乾性と脂性があり、乾性の場合は頭皮に負担がかかることや刺激などによって乾燥した際に発生します。

一方の脂性の場合は脂漏性皮膚炎が原因となっていることが多いです。

3.フケは頭皮環境が悪化しているサインです

フケは新陳代謝が正常でないと大きくなり、目に見えるようになります。

フケは頭皮環境が悪化しているという証拠でもあり、かゆみが出たり大量に発生したりする場合は注意が必要です。

4.フケが出る時にはシャンプーの回数を減らしてみましょう

フケが気になるのであれば、シャンプーの方法を見直したり、パーマやカラーリングを控えたりするようにするべきです。

これらは、皮脂を取りすぎてしまったり、頭皮にダメージを与えてしまったりするため、乾燥を招いてフケを発生させます。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む