女性の頭皮にできるブツブツは頭皮湿疹と呼ばれる皮膚炎です

a4750748c1d97fb87ebb9ff59eab5019_s
頭皮にブツブツができている、かゆみがある、赤くなっている、という症状がある場合は頭皮湿疹の可能性が高いです。

頭皮湿疹には脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

なかでも多く見られるのが脂漏性皮膚炎です。

原因としては、マラセチア菌というカビが増殖し、そのせいで肌が炎症を起こすと言われています。

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の過剰分泌です

マラセチア菌は常在菌で常に皮脂線や毛穴に住んでいるものです。

しかし、皮脂が過剰に分泌することで増殖してしまい、これが脂漏性皮膚炎を引き起こす原因となります。

そのため、皮脂の過剰分泌を抑えることが、問題の解決策です。

実は、この皮脂の過剰分泌にかかわっているのが女性ホルモンのバランスです。

不規則な生活やストレスなどが蓄積すると、女性ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

バランスが崩れた結果、女性ホルモンの分泌量が減ってしまい、男性ホルモンが優位のバランスに要注意です。

男性ホルモンが皮脂腺を肥大化し、皮脂の分泌量を増やします。

こうなると、脂漏性皮膚炎を引き起こす状態となってしまうのです。

もともと、脂漏性皮膚炎は女性よりも男性に多い皮膚炎なのですが、女性にも脂漏性皮膚炎は増えていると言われています。

仕事や生活スタイルのせいで、女性ホルモンのバランスが崩れる人が多くなっているためです。

結果的に、皮脂の分泌量が増えてしまう方も少なくありません。

改善のためには、バランスを正常にすることが大切となるでしょう。

脂漏性皮膚炎になったら早めに医療機関に行きましょう

xf0635025513l
脂漏性皮膚炎は湿疹ができ、かゆみがひどくなってから治療を始める方も少なくありません。

普段は目に見えない部分のため、なかなか症状に気づけないためです。

さらに、きちんと治せなければ、再発を繰り返すことも多いので、治るまで治療をすることが必要です。

皮膚科では炎症を抑えるための塗り薬や、マラセチア菌の増殖を抑える薬、かゆみを抑えるための内服薬などが処方されます。

薬を使用するとともに、日常生活においての注意も必要です。

日常生活において、マラセチア菌を増殖させないようにしましょう。

マラセチア菌の増殖の原因となるのが、頭皮を濡れたままにしておくことです。

髪を洗ったらドライヤーなどで頭皮を乾かすようにしましょう。

髪を濡れたままにすると、マラセチア菌の増殖につながります。

汗をかいたらこまめに拭き取ること、皮脂を酸化させる紫外線対策をすることも大事です。

また、ビタミンB群の摂取も大切です。

脂質の代謝に必要なビタミンB2を多く含むレバーやうなぎ、納豆、脂質の分解に必要なビタミンB6を多く含むマグロやニンニク、バナナなどを摂取するように意識しましょう。

さらに、脂質の酸化を抑えるビタミンEを多く含むアーモンドやアボカドなども毎日の食事に取り入れれば、予防にも役立ちます。

接触性皮膚炎にも注意が必要です

接触性皮膚炎も頭皮湿疹の一つで、頭皮のブツブツやかぶれ、かゆみなどを引き起こす原因となります。

脂漏性皮膚炎よりはなる方は少ないですが、頭皮環境を悪化させ薄毛や抜け毛の原因ともなるため注意が必要です。

この接触性皮膚炎には刺激性皮膚炎とアレルギー性皮膚炎の二種類があります。

刺激性皮膚炎は刺激物やかぶれによって引き起こされるものです。

これは、原因として毒を持った植物やシャンプーなどが挙げられます。

また、あまり強い刺激を与える染髪や、整髪料を使うとリスクを高めますので注意してください。

アレルギー性皮膚炎はアレルゲンに触れることで、かぶれが起こります。

使用しているシャンプーや石鹸などを変えたりした時に、かぶれやかゆみ、湿疹などが起こったら、それが原因かもしれません。

すぐに使用をやめるようにしましょう。

また、アトピー性皮膚炎なども頭皮湿疹の原因となります。

皮膚科での治療を行うとともに、規則正しい生活、質のよい睡眠、ストレスの発散など、日常生活の改善に努めるようにしましょう。

頭皮の乾燥が原因で起こる皮脂欠乏性皮膚炎も頭皮湿疹の一つです。

シャンプーのし過ぎや紫外線などによって頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、シャンプーの刺激で皮膚が炎症を起こし、湿疹やかぶれなどを引き起こします。

乾燥肌やアトピー性皮膚炎の人は注意が必要です。

(まとめ)女性の頭皮にできるブツブツの原因は?

1.女性の頭皮にできるブツブツは頭皮湿疹と呼ばれる皮膚炎です

頭皮のブツブツの原因は、脂漏性皮膚炎や皮脂欠乏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎といった頭皮湿疹が原因で起こることが多いです。

特に多い脂漏性皮膚炎の原因はマラセチア菌というカビによって引き起こされます。

2.脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の過剰分泌です

脂漏性皮膚炎の原因は皮脂の過剰分泌ですが、女性ホルモンの分泌のバランスが乱れることも大きな原因です。

不規則な生活やストレスなどによって女性ホルモンと男性ホルモンのバランスに影響を与えることで、皮脂が過剰に分泌されます。

3.脂漏性皮膚炎になったら早めに医療機関に行きましょう

頭皮湿疹の一つである脂漏性皮膚炎を防ぐには、マラセチア菌の増殖を防ぐことが大事です。

頭皮を濡れたままにしない、紫外線対策をするといった注意とともに、ビタミンBやビタミンEを積極的に摂るようにしましょう。

4.接触性皮膚炎にも注意が必要です

脂漏性皮膚炎のほかにも、接触性皮膚炎アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎も頭皮湿疹を引き起こす原因となります。

特に乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人は、頭皮を乾燥させないよう配慮することが大切です。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む