健康的な女性の頭皮は、青白い透けるような色をしています

af9970047501l
健康的な女性の頭皮の色は、青白い透けるような色合いです。

それ以外の、赤い色やピンク色、茶色、黄色などはなんらかの異常のサインである可能性が高いため注意してください。

頭皮の色は、頭皮の健康のバロメーターです。

色が違うからといってすぐになんらかの問題が起こるということではありませんが、青白い色を目指して頭皮環境の改善を心がけるようにしてください。

運動や血行促進、適切な洗髪が必要です。

健康な頭皮の色は青白い透けるような色合いです

「健康的な肌の色」というと、咄嗟に「明るいピンク色」や、「こんがりと焼けた小麦色」などを思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、これは頭皮に関しては当てはまりません。

青白い透けるような色

健康な頭皮は、青白く、透けるような色合いをしています。

青白く見えているのは頭皮の毛根などが肌に透けて見えているせいです。

血行が良い頭皮は、このように透き通る色合いをしているのです。

ピンク色

ピンク色の頭皮の人は、頭皮が乾燥していたり、炎症を起こしかけたりしている可能性があります。

頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下して皮膚トラブルが起こりやすくなります。

赤色

頭皮全体の赤みだけでなく、まだらに赤くなったり、ぽつぽつと毛穴付近が赤くなったりする場合もあります。

これは、頭皮が紫外線やカラー剤などを原因とする炎症を起こしていることが原因です。

その他、頭皮の血行が悪くなっている場合も、血管の赤色が透けて見えて頭皮の赤みに繋がります。

茶色

茶色い頭皮も、血行不良が原因の場合が多くあります。

血行が悪く、老廃物が頭皮に溜まってくすんだ色合いになってしまうのです。

黄色

頭皮が黄色い場合、皮脂や汚れが溜まっている可能性があります。

頭皮の色を定期的にチェックすると健康づくりや薄毛対策に役立ちます

④
頭皮の色は、普段は髪の毛に隠れて見ることができませんから、そのつもりになって定期的にチェックする必要があります。

そうすることで、頭皮の色の変化にもすぐに気づくことができるのです。

チェック方法

頭皮の色は、写真に残してチェックすることもできます。

しかし、その場合はランプの明るさや色味を変えないように気を付けましょう。

カメラの設定も毎回同じように撮影する必要があります。

機材によって写真の色味はかなり変わりますから、注意してください。

普通であれば、肉眼で時々見てみるというだけで特に問題はありません。

チェックの頻度

チェックの頻度に決まりはありません。

大して手間のかかることではありませんから、毎日洗顔のついでに見てみると、細かい変化にも気づきやすくお勧めです。

色がおかしかったら

ピンクや赤、茶色など、赤系の色の変化だった場合、他に痒みなどの症状がないか考えてみましょう。

特にない場合は血行不良が原因と考えられます。

一方、黄色い場合は、洗髪方法に問題がないか考えてみてください。

ただし、何色の場合でも、頭皮の色の他に体の不調がある場合は医師の診察を受けることをお勧めします。

生活習慣を見直して頭皮の色を改善させましょう

頭皮の色の改善のためには、生活習慣の見直しが大切です。

血行不良

頭皮の色が赤みをおびている場合など、血行不良が原因だと考えられる場合は、血行促進を心がけましょう。

・湯船に浸かる習慣をつける
・適度な運動を行う
・塩分と脂質を控える
・禁煙、禁酒を心がける

炎症や汚れ

頭皮の炎症や汚れが原因だと考えられる場合は、シャンプーの仕方を見直してください。

シャンプー剤を変える、優しく指の腹で洗うように心がける、ドライヤーは適切な距離でしっかり行うなど、頭皮に優しい洗い方をするようにしましょう。

ひどい炎症が起こっている場合などは、皮膚科を受診して治療を受けることも大切です。

頭皮の健康

頭皮の色が何色であったとしても、頭皮の健康を保つために、心身が健康でいられるような生活を送るようにしましょう。

睡眠と栄養をきちんと摂って規則正しい生活を送ることが、頭皮のためにもなるのです。

また、ストレスは頭皮の大敵ですから、適度にストレス発散をするようにしてください。

(まとめ)女性の頭皮の色は何色がいいの?

1.健康的な女性の頭皮は、青白い透けるような色をしています

頭皮の色は、青白い透けるような色が健康の証です。

赤や茶色、黄色などは異常のサインである可能性があるので気を付けましょう。

生活環境を見直して青白い頭皮を目指してみてください。

2.健康な頭皮の色は青白い透けるような色合いです

健康的な頭皮は青白く透けるような色合いをしています。

ところが、頭皮が乾燥したり炎症を起こしかけたりしている頭皮はピンクに、炎症や血行不良がある頭皮は赤色や茶色になってしまいます。

また、黄色い場合は頭皮の洗い残しに注意が必要です。

3.頭皮の色を定期的にチェックすると健康づくりや薄毛対策に役立ちます

頭皮の色は、気を付けてチェックしないと何色なのかを知ることはできません。

早急な対応を取るためにも、毎日の洗顔のついでにチェックするなど、定期的に見てみるようにしましょう。

4.生活習慣を見直して頭皮の色を改善させましょう

頭皮の色を改善するために、湯船に浸かったり運動や食事に気を配ったりして、血行促進に努めましょう。

また、炎症や汚れを改善するためには、シャンプー方法を見直すことが効果的です。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む