女性の頭皮の痛みは薄毛の予兆かもしれません

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s
頭皮の痛みがある場合、乾燥や炎症をしている可能性があります。

人によってその症状はさまざまですが、触ると痛みを感じる程度という方もいれば、風が当たるだけで痛みがあるという方もいるようです。

この状況を放置していると、薄毛を引き起こしてしまう可能性があります。

頭皮のヒリヒリが気になったら、薄毛にならないための対策をしましょう。

頭皮の乾燥はシャンプーが原因の可能性もあります

頭皮の痛みは乾燥により引き起こされる可能性がありますが、その原因の一つが、シャンプーです。

シャンプーをするときに、汚れを落としたい一心で、爪でガシガシと髪を洗ってしまう方も多いでしょう。

しかし、あまり力を入れて洗うと頭皮を傷つけてしまい、それが乾燥の原因になってしまいます。

頭皮にある皮脂は、皮膚を守るバリアとしての役割を持っていますが、シャンプーで強くこすったり、洗浄力の強すぎるシャンプーを使ったりすると、この皮脂自体が洗い流されてしまう可能性があります。

シャンプーで取り除きたいのは、あくまでも皮脂汚れです。

頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまわないよう、洗い方には充分注意しましょう。

また、冬になるとより乾燥しやすくなるため、他の季節以上に気を配る必要があります。

とくに気を付けたいのが、入浴後です。

お風呂から出た時に、外との温度差によって、頭皮の水分が一気に失われてしまうことがあるのです。

対策するのはなかなか難しいかもしれませんが、この点も意識して、できるだけ温度差が大きく出ないように工夫することも大切です。

シャンプー時に優しく洗うことで頭皮の痛みの緩和にもつながります

af9980024598l
シャンプーの方法によって頭皮の乾燥を引き起こしている場合には、意識的に洗い方を変えるようにしましょう。

ポイントは、頭皮を傷つけたり、必要な皮脂まで洗い流したりしてしまわないことです。

まずは、爪でこすらずに、指の腹を使って頭皮を優しく洗うことを心がけましょう。

ゆっくりと、頭をマッサージするように行えば、頭皮を傷つけることもありません。

その上で、洗浄力があまり強すぎない製品を選ぶと、より安心でしょう。

髪をサラサラにする効果を期待するシャンプーと、薄毛を予防するためのシャンプーは全く別物です。

薄毛が気になりだしたら、これまで使っていたシャンプーを見直してみるのも良いかもしれません。

さらに、洗い流す時には、お湯の温度を上げ過ぎるのもNGです。

温度が高すぎると、頭皮に必要な皮脂まで落ちてしまう可能性があるため、33~34度程度のぬるま湯で洗い流すのがベストとされています。

これらを意識するだけでも、乾燥を改善するきっかけになります。

頭皮の痛みが気になる方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、合わせて頭皮マッサージを取り入れて血行を促進するのも乾燥対策の一つです。

とくに、年齢を重ねると頭皮部分が固くなってしまうため、毎日のケアとして取り入れてみるのも良いかもしれません。

頭皮の痛みの原因に合わせた対策が必要です

頭皮の痛みの原因は、シャンプーによるものの他に、ニキビや神経痛によるもの、ヘアケア剤の使用によるものなどさまざまあります。

何が原因かによっても対策方法は変わるため、適切な方法を取り入れましょう。

たとえば、頭皮神経痛による頭皮の痛みは、ほとんどの場合が神経の圧迫による血行不良が原因です。

つまり、シャンプーなどで対策しても改善されないことがあるのです。

症状を引き起こす原因の多くは、疲れやストレスだとされています。

したがって、神経痛による痛みの場合には、シャンプーや頭皮マッサージなどではなく、ストレス解消をすることが近道になります。

頭皮神経痛の痛みの特徴は、頭頂部から後頭部へかけて痛みがあることです。

もし、頭皮ケアの対策をしてもなかなか改善されないという方は、神経痛も疑った方が良いでしょう。

また、ビタミン不足や紫外線、冷房や暖房によるものなど、頭皮とは一見関係なさそうなところに原因があることも少なくありません。

一つの方法を取り入れてなかなか改善が見られない場合には、他の原因も探っていきましょう。

(まとめ)女性の頭皮の痛み…これって薄毛のサイン?

1.女性の頭皮の痛みは薄毛の予兆かもしれません

女性の頭皮の痛みは、乾燥や炎症によるものかもしれません。

この場合、そのまま放置してしまうと薄毛を引き起こす可能性が高いため、できるだけ早めに対策をしましょう。

2.頭皮の乾燥はシャンプーが原因の可能性もあります

頭皮の乾燥の原因はシャンプーのやり方です。

強くこすり過ぎると、本来頭皮に必要な皮脂まで取れてしまう可能性があるため、強くこすり過ぎないように注意しましょう。

また、入浴後の温度差も頭皮の乾燥の原因です。

3.シャンプー時に優しく洗うことで頭皮の痛みの緩和にもつながります

乾燥が気になる方はシャンプーの時、爪ではなく指の腹で洗いましょう。

洗浄力が強すぎないシャンプーを選ぶこと、洗い流す時のお湯は低めの温度に設定することも、乾燥を解消する対策方法の一つです。

その他、頭皮マッサージを取り入れるのも良いでしょう。

4.頭皮の痛みの原因に合わせた対策が必要です

頭皮の痛みの原因は、ニキビや神経痛、ヘアケア剤によるものなど、さまざま考えられます。

一つの対策方法を取り入れても症状の改善が見られなかった場合には、他の方法も取り入れてみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む