女性の頭皮の脱毛症状は、病気、加齢、薬の副作用などによって起こります

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s
脱毛の症状は、いくつかのパターンに分けることができます。

まず一つ目が、病気由来のものです。

アレルギーや頭皮の炎症、また、精神的なストレスによる円形脱毛症などがこれにあたります。

次に加齢です。

加齢に伴う脱毛の原因は、女性ホルモンの減少によるものです。

そのため、女性ホルモンが減少してしまえば、20代や30代女性でも脱毛が起こることがあります。

最後に、薬の副作用による脱毛があげられます。

強い薬を使用することで毛が抜けてしまうことがあるのです。

女性の脱毛で多いのが加齢による女性ホルモンの低下が招く症状です

女性の脱毛の種類の中で、最も多いと言われているのが「びまん性脱毛」です。

この脱毛の特徴として、髪全体が薄くなり、頭皮が透けて見えるようになってくるということが挙げられます。

この症状の原因となるのが、加齢による女性ホルモンの減少です。

更年期

40代後半になると、閉経に向けて女性ホルモンの分泌量が急激に減少します。

それに伴う心身の不調が更年期です。

女性ホルモンが減ることで、ホルモンバランスが乱れ、脱毛の原因となるのです。

また、女性特有の美しい髪を保つための働きをしていた女性ホルモンが減少したことでも髪が薄くなっていってしまいます。

これがびまん性脱毛の原因です。

ストレスや生活環境

ストレスや生活環境によって女性ホルモンが減少したり、ホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。

そのため、20代、30代の女性であっても、女性ホルモンの減少が原因の脱毛が起こることがあるのです。

喫煙

体の熱を奪う喫煙は、女性ホルモンの分泌を低下させてしまいます。

喫煙習慣がある女性は、そうでない女性に比べて女性ホルモンが減少しやすいのです。

また、喫煙は薄毛の大敵である血行不良の原因にもなります。

病気などの原因によって脱毛が起こることもあります

imasia_13996717_M (1)
頭皮の脱毛が起こる原因として、病気由来の場合もあります。

こうしたことが原因の脱毛は、医師への早期の相談が必要となります。

心当たりがある場合は、それぞれの原因に該当する科を受診するようにしましょう。

皮膚の病気

皮膚炎や円形脱毛症がこれに当たります。

皮膚に痒みや痛み、赤みなどがあって抜け毛が激しい場合は皮膚科を受診すると良いでしょう。

また、円形脱毛症はストレスが原因のことが多い病気ですが、治療自体は皮膚科で行うことができます。

ストレス

脱毛原因が強いストレスや、それによる不眠などの場合は、カウンセラーや心療内科などで相談することができます。

不安を感じる人もいるかもしれませんが、「1回だけちょっと相談にきた」「薬は飲みたくない」「どこに行けば良いかわからなかったから」など、状況を説明すればそれに応じた対応を取ってもらえます。

薬の副作用

強い薬を処方されている場合、その薬の副作用で脱毛が起こることもあります。

かかりつけ医に相談の上、対処を決めましょう。

避けようがない場合は、帽子やウィッグを利用しても良いでしょう。

薬の副作用の場合、病気が完治して薬の服用をやめればまた髪の毛は生えてきます。

あまり悲観的になりすぎないことが大切です。

女性ホルモン減少に備えつつ健康的な毎日を送りましょう

女性ホルモンであるエストロゲンの減少に備えるためには、これと似た働きをする成分を外部から摂取するのがお勧めです。

イソフラボン

大豆イソフラボンは、女性の美容と健康に良い働きをすると言われています。

豆乳や納豆、豆腐などの大豆製品に含まれており、手に入れやすく、1日の目安摂取量もそれほど多くないため、気軽に毎日のメニューに取り入れることができるというメリットがあります。

アマニ

アマニは、粒のままゴマと同様の使い方ができる他、アマニ油として売られているものをお料理に使うことでも摂取できます。

ただし、アマニ油は加熱に弱いため、調理済みのお料理にかけたり、ドレッシングに使用するといった工夫が必要です。

健康的な生活

ホルモンバランスを整えて、健康な毎日を送るためには、規則正しい生活が一番です。

睡眠、食事、運動のバランスを考えて、毎日をリズムよく過ごすようにしましょう。

だらだらと過ごしてしまいがちな人は、食事時間と、起床、就寝時間を決めるところから始めてみてはいかがでしょうか。

(まとめ)女性の頭皮が脱毛してしまう原因とは?

1.女性の頭皮の脱毛症状は、病気、加齢、薬の副作用などによって起こります

女性の脱毛の原因には、アレルギーや頭皮の炎症などによる病気、加齢、薬の副作用などが挙げられます。

加齢の場合、加齢による女性ホルモンの減少が原因ですから、若い女性でも起こることもあります。

2.女性の脱毛で多いのが加齢による女性ホルモンの低下が招く症状です

女性の脱毛で最も多いのが、びまん性脱毛です。

女性ホルモンの減少が原因で起こる脱毛で、更年期以降の女性によく起こります。

しかし、生活習慣やストレス、喫煙でも女性ホルモンは減少するため、若い女性でもびまん性脱毛になる場合があります。

3.病気などの原因によって脱毛が起こることもあります

脱毛の原因には、皮膚炎などの皮膚の病気が原因で起こるもの、強いストレスが原因で起こるもの、薬の副作用などによって起こるものなどもあります。

これらが原因の脱毛の場合は、医師など、しかるべき場所に相談や診察に行くことをお勧めします。

4.女性ホルモン減少に備えつつ健康的な毎日を送りましょう

女性ホルモンエストロゲンと似た働きをする、大豆イソフラボンやアマニを摂取するようにして、女性ホルモン減少に備えましょう。

また、ホルモンバランスを整えて健康な生活をするためにも、規則正しい毎日を送るよう心掛けてください。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む