敏感肌の女性は頭皮になるべく刺激を与えないように注意しましょう

2da81debd6ddf41a68b44beababb7ae1_s
敏感肌の女性が日常的に気を付けるべきこととして、紫外線や乾燥による頭皮への刺激を防ぐということがあげられます。

そのほか、パーマやカラーの薬液にも注意が必要です。
かぶれてしまわないようパッチテストを行ったり、美容院で相談するようにしましょう。

また、化粧品やヘアケア剤、シャンプーなどが合わないこともあります。
自分の体質にあったケア方法を見つけるようにしましょう。

敏感肌の女性に刺激は禁物です

敏感肌の女性は、ちょっとしたことが大きなトラブルとなってしまうことがあるため、小さな刺激にも注意をする必要があります。

紫外線

頭皮は直接紫外線を浴びることも多い場所です。
こうした紫外線は、頭皮の乾燥や日焼けの原因となります。

特に紫外線過敏症などの女性の場合は、こうした刺激が頭皮トラブルの元になってしまう恐れがあります。

乾燥

頭皮の乾燥は、バリア機能の低下を招き、ただでさえ刺激に弱い敏感肌の頭皮をなおさらデリケートなものにしてしまいます。
冬の乾燥はもちろん、夏場のエアコンが効いた室内なども乾燥していることがあるため、注意が必要です。

湿気

反対に、過度の湿気も頭皮にとって良い環境ではありません。
濡れたままの頭皮をそのまま放置したり、湿気の高い夏に汗をかいたまま眠ってしまったりすると、頭皮トラブルを引き起こす場合があります。

アレルギー

ハウスダストや花粉、ペット、食品などのアレルギーがある人は、痒みやかぶれなどが出ることがあるため、頭皮に対しても注意が必要です。

自分が何に対してアレルギーを持っているのかは、病院などで調べることができます。どの程度徹底して避けるかは症状の重さによって違ってきますが、なるべくアレルゲンに近寄らないようにしましょう。

髪のお洒落は慎重に行いましょう

gf2160250736l
女性にとって、髪のお洒落は大切なものです。

しかし、敏感肌の女性にとっては、ヘアケアやヘアメイクに対しても注意が必要です。

カラー・パーマ

美容院などで行うカラーやパーマには、専用の薬剤が使用されます。
こうした薬剤の中には、刺激がかなり強いものも多く、敏感肌の場合、頭皮の痒みや痛みを覚えたり、赤く炎症を起こしてしまうことがあります。

自宅で行う場合は必ずパッチテストをする、美容院で施術を受ける場合は美容師に事前に相談するなどして、対策をとるようにしましょう。
なるべく低刺激のカラー剤を使用してもらい、万が一痛みなどが出た場合は、なるべく我慢せずに早めに美容師に告げるようにしてください。

ヘアワックス・スプレー

お洒落のためにヘアワックスやスプレーを使用する人も多いでしょう。

しかし、こうしたものが原因でアレルギー反応が起こってしまうこともあります。
頭皮に異常があった場合は使用を注意するようにしてください。

また、1日の終わりにはしっかりシャンプーで洗い流すことが大切です。
ヘアワックスやスプレーがついたまま眠ってしまったり、シャンプーはしたけれどきちんと洗い流せていない……ということがないよう気を付けてください。

日頃の心がけと自分に合ったケア用品探しが大切です

敏感肌の頭皮にトラブルが起こると、痒みや痛みなどの症状が出ます。
こうした症状から、爪を立てて頭皮を掻いてしまったりすると、さらに状況は悪化し、どんどん頭皮の状態が荒れて行ってしまいます。

そうならないためには、日頃から頭皮への注意を怠らないことが大切です。

頭皮のための日常生活

紫外線を防ぐために帽子や日傘を利用する、頭皮の血行を良くするために入浴習慣をつける、規則正しい生活を行うといった、当たり前の頭皮ケア対策が敏感肌にも有効です。

自分の体質にあった保湿オイルなどが見つかれば、それを利用して乾燥を防ぐのも良いでしょう。
また、アレルギーがある人は、極力アレルゲンを排除したり、空気清浄機を使うなどして対策をとりましょう。

頭皮のためのケア用品選び

シャンプーやコンディショナー、ヘアオイルなどのヘアケア商品は、自分に合ったものを使用するようにしましょう。

全ての人に合うというものはなかなかありません。
家族が使っているから、安いから、などという安易な理由で決めてしまわずに、自分の頭皮状態にあったものを使うようにしてください。

いくつかのシャンプーを試して、自分の頭皮にあったものを見つけるようにしましょう。

(まとめ)敏感肌の女性が頭皮に対して気を付けるべきことは?

1.敏感肌の女性は頭皮になるべく刺激を与えないように注意しましょう

敏感肌の女性は、紫外線や乾燥で頭皮に刺激を受けてしまわないよう気を付けましょう。
また、パーマやカラー、化粧品、シャンプー剤などにも十分な注意が必要です。自分に合ったケア方法を見つけましょう。

2.敏感肌の女性に刺激は禁物です

敏感肌の女性は、乾燥や日焼けの原因となる紫外線、頭皮のバリア機能を低下させる乾燥、痒みなどを引き起こすアレルギーに注意しましょう。
自分がなんのアレルギーを持っているのかは病院で調べることができます。

3.髪のお洒落は慎重に行いましょう

敏感肌の場合、カラーやパーマは慎重に行う必要があります。少しでも異常があったらすぐに美容師に相談してください。
また、ヘアワックスやスプレーも、頭皮に異常が出たらすぐにやめる、使用後はしっかり洗い流すといったことを心がけましょう。

4.日頃の心がけと自分に合ったケア用品探しが大切です

頭皮のために、紫外線対策を行う、保湿を心がける、空気清浄機を使うなどといったことを心がけましょう。
自分に合うシャンプーやコンディショナー選びを行うことも大切です。
いくつかの製品を試して、自分の頭皮に合ったものを使用しましょう。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む