40代は女性の薄毛が起こりやすい年代です

af9920070175l
まだまだ美しい40代女性であっても、体の内部の変化からは逃れることができません。更年期に入ると、女性の体の中のホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。

また、髪の成長と関わりの深い女性ホルモンエストロゲンが急激に減少し始めるのもこの時期です。こうしたことから、女性の薄毛が起こってしまうのです。

薄毛になってしまわないよう、日頃からホルモンバランスが乱れにくい生活を心がけたり、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂ったりするようにしましょう。

更年期が始まる40代は薄毛に注意が必要な年代です

更年期がいつ起こるかは人によっても違いますが、主に40代から50代までの間と言われています。この時期に入ると、女性の体内では、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが急激に減少してしまいます。

このことで、ホルモンバランスが崩れてしまい、心身に様々な問題が起こります。これが更年期障害なのです。

こうした問題に付随して、この時期には薄毛も起こりやすくなります。
女性ホルモンであるエストロゲンは髪の毛の成長にも関わりの深いホルモンですから、これが減少することで、美しく長い髪の毛を保つことができなくなってしまい、髪がすぐに抜けてしまったり、きちんと成長できなくなってしまったりするのです。

そのため、更年期に差し掛かった途端に薄毛が気になり始めたということが起こるのです。また、更年期障害になると、気分が安定せずにイライラしたり、不眠や肩こりなどの症状が出たりしてしまうこともあります。

こうした症状も薄毛の原因となるものですから、40代女性の薄毛リスクはかなり高いと言えるでしょう。

お洒落に気を使う女性が増えたことで薄毛リスクも高まっています


40代、50代になってもまだまだ美しく、お洒落に気を使う女性が多くなりました。
美魔女という言葉も生まれ、美しい熟年女性に注目が集まっています。

しかし、こうした人たちにも注意が必要です。
お洒落に気を使う人が増えたことで、髪の毛をカラーリングしたり、カーラーで巻いたり、ヘアスプレーなどを使ったりする人が増えているためです。

以前から、40代にもなると、白髪が気になり始めてヘアカラーをしているという人は多くいました。
しかし、黒に染めるのと、髪を脱色して明るい色にするのとでは、明るくする方が髪のダメージも大きくなります。

また、お化粧をしっかりしている人は、髪の生え際にファンデーションがついてしまって薄毛の原因となることもあります。

外見に気を配ることは、女性にとって大切なことではありますが、髪に受けるダメージが増えた分、ケアも充実させていく必要があります。
刺激の少ないシャンプーを使ったり、髪に優しいカラーリング剤を使ってもらうなど、お洒落と共に髪の健康にも気を付けるようにしましょう。

女性ホルモンの減少に備えてホルモンバランスを整えましょう

更年期には、ホルモンバランスの乱れが起こります。
これはある程度仕方のないことですが、日常生活に気を付けて、なるべく影響が起こらないように心がけるようにしましょう。

イソフラボンを摂取する

更年期に減少する女性ホルモン、エストロゲンと似た働きをするのが、大豆などに含まれるイソフラボンです。女性らしさを作りだすために活躍してくれますから、髪だけでなく、美肌や更年期障害全般のトラブルに効果が期待できます。

睡眠をしっかりとる

きちんと眠ることで、イライラ感や体の不調をある程度取り除くことができます。更年期障害で眠れないという場合もありますが、あまりにひどい場合は婦人科などを受診するようにして、睡眠時間をきちんととれるようにしてください。

適度な運動

自主的な軽い運動は、血行を良くするだけでなく、イライラ感などを抑える役割も果たしてくれます。ストレスや血行不良は薄毛の大敵ですから、将来の健康づくりのためにも、ウォーキングなどの軽い運動を行いましょう。

(まとめ)40代女性でも薄毛になる?

1.40代は女性の薄毛が起こりやすい年代です

更年期に入った40代女性は、女性ホルモンエストロゲンが急激に減少してホルモンバランスの崩れが起こります。こうしたホルモンバランスの崩れによって、女性の薄毛が引き起こされます。

2.更年期が始まる40代は薄毛に注意が必要な年代です

更年期は人によって時期が違いますが、40代に始まることが多くあります。更年期には、女性ホルモンが低下してホルモンバランスが崩れ、薄毛の原因となる他、イライラや不眠など、他の薄毛要因も起こります。

3.お洒落に気を使う女性が増えたことで薄毛リスクも高まっています

お洒落に気を使う女性が増えたことで、髪の毛を明るく染めたり、ヘアスプレーなどで固めたりする人も増えています。こうしたことは髪にダメージを与えるため、ケアについてもしっかり気を配るようにしましょう。

4.女性ホルモンの減少に備えてホルモンバランスを整えましょう

更年期に起こるホルモンバランスの乱れに備えて、しっかり対策をとりましょう。女性ホルモンエストロゲンと似た働きをするイソフラボンをとったり、きちんと眠ったり、軽い運動をしたりといったことが効果的です。

この記事を読んだ方は抜け毛の原因もチェックしています

30代女性の抜け毛の原因は何ですか?

女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少し、それを原因として抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が起こります。顔のしわやたるみが気になる、いわゆるお肌の曲がり角と似たような現象は、髪の毛にも存在するのです。髪の毛にも老化があり、これはお肌同様に女性ホルモンの分泌量に関係します。

続きを読む