女性ホルモンが減少すると、薄毛や抜け毛などの髪トラブルが起こりやすくなります


一般的に女性ホルモンは20代後半頃にピークとなり、その後は徐々に分泌量は低下していきます。

閉経後は副腎から分泌されますが、その分泌量はごく微量だと言われています。

女性ホルモンは髪の成長に深く関わるホルモンのため、分泌量が減ってしまうと抜け毛や薄毛になりやすくなります。

加齢に伴う女性ホルモンの減少は食い止めることは難しいですが、過度にストレスがかかるとホルモンバランスが崩れやすくなるため、若くても薄毛に悩む女性も増えています。

女性ホルモンには髪の成長を促す働きがあります

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があり、このうち、エストロゲンが髪の成長と深く関係しています。

エストロゲンには髪の毛を発達させて、髪のヘアサイクルの成長期を持続させるという働きがあります。

そのため、エストロゲンの量が減ってしまうと、髪の成長期が短くなり休止期が長くなってしまい、抜け毛や薄毛につながります。

エストロゲンの分泌量のピークは28歳頃だと言われており、その後は徐々に減少していき、閉経すると極微量になってしまいます。

特に更年期に入る40代にはエストロゲンの分泌量は減少していくため、ひとつの毛穴から生える髪の本数が減ったり髪自体が痩せ細ったり、髪の色が薄くなったりする傾向にあります。

これは女性特有の脱毛症で「びまん性脱毛症」や「女性型脱毛症」などと呼ばれています。

また、加齢による女性ホルモンの減少以外にも、若くして薄毛になってしまう場合もあるのです。

若い女性の薄毛・抜け毛は、次の原因が考えられます。

  • 妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れ
  • 無理なダイエットなど食生活の乱れ

生活リズムや食生活を改めることで、ホルモンバランスを乱れにくくすることができます


歳を重ねるごとに女性ホルモンが減少していくのは仕方がありませんが、これを少しでも食い止めることはできないのでしょうか。

結論から言うと、完全に止めることはできませんが、スピードを緩めることは可能です。

薄毛の進行を食い止める対策法についてご紹介します。

十分な睡眠時間を確保する

髪の成長は夜寝ている間、副交感神経が優位になったときに行われるため、睡眠時間はしっかりと確保するように気をつけましょう。

寝る時間帯も重要で、副交感神経が優位になる22~翌2時の間に睡眠をとるのがいいとされています。

この時間帯に寝ることで、健やかな髪の毛をつくるのに必要な成長ホルモンの分泌を促すことができるのです。

バランスを考えて食事をする

忙しいとどうしても外食やインスタント食品などが増えてしまうかもしれませんが、髪は食べた物からつくられるため、栄養をしっかりと摂ることが大切です。

髪の毛の約95%がケラチンというたんぱく質からできているため、良質なたんぱく質を摂るように意識しましょう。

たんぱく質はお肉や魚、大豆・大豆製品、卵などに含まれます。

大豆や大豆製品に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをすると言われているため、大豆や大豆製品がおすすめです。

また、たんぱく質を体内に取り込んで使うためには、ビタミンなども必要になります。

ビタミンA、B6、E、ミネラルなども積極的に摂るようにしましょう。

どれかだけを摂ればいいというわけでなく、バランスよく食べることが大切です。

ヘアケアを見直すのも効果的です

生活習慣や食生活の改善は薄毛や抜け毛の改善にも効果的ですが、同時にヘアケアの見直しも行いましょう。

シャンプーの見直し

使っているシャンプーの洗浄力が強すぎると、噛みや頭皮に負担がかかり、頭皮の炎症など髪トラブルにつながります。

市販されているシャンプーは洗浄力が強いものが多いため、やさしい成分でできているシャンプーや育毛シャンプーに変えることをおすすめします。

育毛シャンプーには髪に必要な栄養や血行を促進させる成分などが含まれているため、育毛を促したい人や薄毛・抜け毛に悩んでいる人におすすめです。

育毛剤も利用してみましょう

「育毛剤には抵抗がある」という人もいるかもしれませんが、より育毛効果を早く出したい人は育毛剤も効果的です。

最近は女性用の育毛剤も多く売られているので、自分に合ったものも見つけやすいでしょう。

(まとめ)女性ホルモンが減少すると髪は薄くなるの?

1.女性ホルモンが減少すると、薄毛や抜け毛などの髪トラブルが起こりやすくなります

女性ホルモンの乱れは髪トラブルの原因につながるため、歳を取るにつれて分泌量が減ることで抜け毛や薄毛につながるとされているのです。

また、強いストレスによってホルモンバランスが崩れ、若くして薄毛に悩む女性もいます。

2.女性ホルモンには髪の成長を促す働きがあります

エストロゲンには髪の成長期を持続させ、健やかな髪の毛をつくる働きがあると言われています。

そのため、加齢や出産、食生活の乱れなどによってエストロゲンの分泌量が減少すると、薄毛や抜け毛になりやすくなってしまうのです。

3.生活リズムや食生活を改めることで、ホルモンバランスを乱れにくくすることができます

生活習慣や食生活を改善することでホルモンバランスが整いやすくなり、薄毛や抜け毛の改善に役立ちます。

十分な睡眠時間を確保し、バランスよい食事を心がけましょう。

大豆イソフラボン、ビタミンA、B、E、ミネラルなどの摂取も効果的です。

4.ヘアケアを見直すのも効果的です

薄毛や抜け毛の改善には生活習慣や食生活の改善とともに、育毛シャンプーや育毛剤などを使うことでより効果が期待できます。

まずは今のヘアケアの見直しをしてみましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む