女性ホルモンは髪のサイクルを正常に保つ働きを持っているといわれています


更年期以降の女性は女性ホルモンのバランスを崩しやすいと考えられており、その影響で抜け毛が増えやすいといわれています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがありますが、このうち前者が女性の髪のサイクルを正常に保つ働きがあると考えられています。

エストロゲンが減少してしまうと、髪が成長しにくくなり、結果的に薄毛に繋がるといわれています。

女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長を促す働きを持っています

更年期障害になると女性ホルモンの分泌に乱れが生じるといいます。

女性が薄毛や抜け毛に悩み始めるのは45歳~55歳前後からが多いというのにも女性ホルモンが関係しているといわれています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類がありますが、このうちエストロゲンが女性の髪の成長に大きな影響を与えると考えられています。

エストロゲンは20代後半を境に分泌量が減少していき、それとともに髪のサイクルも崩れやすくなります。

髪のサイクルは成長期、退行期、休止期の三つに分けられますが、この中で成長期は髪が成長する期間ですから、長ければ長いほど丈夫な髪の毛に育つと考えられます。

エストロゲンが減少すると、髪の毛の成長期が短くなってしまい、丈夫な髪の毛に育つ前に抜けてしまい、薄毛の原因になる恐れがあります。

また、髪の毛はほとんどがたんぱく質で構成されているといいます。

エストロゲンにはたんぱく質の一種であるコラーゲンを生成する働きがあると考えられており、髪の毛の成長およびハリツヤのある健康的な髪の毛を保つのに欠かせないといえるでしょう。

FAGAは女性ホルモンの乱れによる薄毛の症状だと考えられています


女性ホルモンの乱れが原因で起こる薄毛は、「FAGA」である可能性が高いと考えられます。

FAGAというのは、女性男性型脱毛症の略称で、男性の薄毛の症状である「AGA」が女性に起こる場合の呼び方です。

一般的に、AGAは頭頂部や生え際の薄毛が目立つといいますが、FAGAの場合は一部の箇所の薄毛が目立つというよりは、全体的に髪の毛が薄くなる症状が特徴的です。

FAGAの進行の仕方は、まず、髪の毛にうねりやパサつきなどが気になり始めるところからスタートするといいます。

そして、徐々に抜け毛の量が増えていき、髪全体が薄くなり、最終的に頭部の一部の薄毛が目立つようになるのが一般的です。

FAGAが発症しているかどうかは自分自身ではなかなか気が付けないといいます。

しかし、40歳以上の女性であればFAGAにかかる可能性は非常に高いといわれているため、思い当たる要素がないかチェックしてみることをおすすめします。

  • ストレスが溜まっており、イライラしやすい
  • むくみや体重の増加が気になる
  • シャンプーをすると抜け毛が多いと感じる
  • 髪の毛にハリやコシがなくなった
  • 髪のボリューム不足を感じる

これらに当てはまるものがある場合、FAGAの可能性を疑ってください。

エストロゲンの減少を抑えるには食生活や生活習慣の改善が効果的です

FAGAの発症を防ぐ、または改善するためには、女性ホルモンのエストロゲンの減少を抑える必要があると考えられます。

ここでは、エストロゲンの減少を抑える方法をいくつかご紹介します。

イソフラボンを多く摂取する

納豆や豆腐、味噌、豆乳などに多く含まれるイソフラボンには、エストロゲンと似たような働きがあるとされています。

イソフラボンが含まれる食品を積極的に摂り入れることでホルモンバランスを整えましょう。

十分な睡眠時間をとる

睡眠不足は卵巣機能を低下させ、エストロゲンの分泌量を減少させるといいます。

最低でも6時間以上の睡眠をとり、エストロゲンの分泌を促しましょう。

また、良質な睡眠をとるために、就寝前のスマホやパソコンの操作は避け、アロマオイルを焚くなどリラックスした状態で眠ることが望ましいです。

適度な運動で血行を促進する

身体が冷えると卵巣も冷え、エストロゲンの分泌に悪影響を与えるといいます。

血行を促進するためにも適度な運動を心がけましょう。

特に、有酸素運動はエストロゲンの元になる「DHEA」の生成を促すため、ウォーキングやジョギング、水泳などを習慣づけることをおすすめします。

(まとめ)髪の毛の成長に女性ホルモンが関係している?

1.女性ホルモンは髪のサイクルを正常に保つ働きを持っているといわれています

女性ホルモンのエストロゲンには女性の髪のサイクルを正常に保つ働きがあるとされており、このホルモンが減少することで髪の毛が育ちにくくなり、抜け毛や薄毛等の原因になってしまうと考えられています。

2.女性ホルモンのエストロゲンは髪の成長を促す働きを持っています

女性ホルモンのエストロゲンには髪のサイクルを正常に保つ働きがあるとされています。

更年期以降の女性に抜け毛の悩みが多いのは、エストロゲンの減少により髪の成長期が短くなってしまい、十分に成長しないまま抜け落ちてしまうからだと考えられています。

3.FAGAは女性ホルモンの乱れによる薄毛の症状だと考えられています

40歳以上の女性の薄毛はFAGAの可能性が高いと考えられます。

FAGAは男性のAGAとは違い、全体的に髪の毛が薄くなるという特徴があります。

薄毛とともに精神面に変化を感じられる場合などはFAGAが発症しているかもしれません。

4.エストロゲンの減少を抑えるには食生活や生活習慣の改善が効果的です

エストロゲンの減少を抑えるためには、イソフラボンが多く含まれた食品を摂ることや十分な睡眠時間をとること、適度な運動で血行を促進することなどが効果的だといわれています。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む