無添加シャンプーのデメリットを知り、自分に合ったものを使用すれば、薄毛予防に効果的です。


薄毛対策の第一歩は、頭皮環境の改善です。

頭皮環境の改善のためには、毎日使うシャンプーにもこだわりたいものです。
しかしさまざまなシャンプーが売られていて、どれを選べばいいのか悩むことがあります。

そんな中、注目されているのが、頭皮や髪に優しい成分で洗い上げる「無添加シャンプー」です。

しかし無添加シャンプーにはデメリットがあり、品質もピンキリです。
シャンプー選びで大切なのは、「無添加」という表示だけでなく、自分に合ったものを選ぶことです。

自分に合ったシャンプーで、毎日丁寧に頭皮を洗っていれば、頭皮を清潔に保つことができ、髪の毛が生えやすい環境を整えることができます。

シャンプーが原因で、薄毛になることがあります。

頭皮と髪の健康のために欠かせなないのが、毎日のシャンプーです。
しかしシャンプーが原因で、逆に薄毛を招いてしまうことがあります。

シャンプーが合わない

シャンプーは直接頭皮に触れるものであるため、合わないものを使用すると、頭皮が炎症を起こしたり、フケ、かゆみを引き起こしたりすることがあります。

頭皮に異常があると、当然髪も生えにくくなります。
合わないシャンプーを使い続けると、薄毛を進行させてしまう恐れがあるので注意しましょう。

誤った使用方法

  • 洗い方の間違い

    頭皮を清潔に保つためとはいえ、洗いすぎは必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。

    またゴシゴシと爪を立ててしまう、泡立ちが不十分など場合、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまい、抜け毛を引き起こすことがあります。

  • すすぎが不十分

    いくら丁寧に洗っても、すすぎ残しがあれば汚れが残るだけでなく、シャンプーの成分も残ってしまい、頭皮環境に悪い影響を与えます。

  • 保存方法

    お風呂場に置きっぱなしにすることが多いシャンプーボトルは、中に水が入ってしまうと、雑菌が繁殖します。

    雑菌が入っているシャンプーで洗えば、頭皮トラブルのもとになりかねません。

「無添加」の意味を知っておきましょう。


シャンプー選びの際に、パッケージの表示や宣伝文句につられて選んでしまうことがあります。

「無添加」という言葉も、安心・安全、自然派で頭皮や髪にも優しいイメージを持つことが多く、最近では、「無添加シャンプー」と呼ばれるシャンプーが人気です。

しかし一体「無添加」とはどういう意味なのでしょうか。

「無添加」の意味

もともとシャンプーを含む化粧品における無添加とは、いわゆる「表示指定成分」が入っていないという意味で用いられてきました。

表示指定成分とは、法律で定められた約100種類の成分で、アレルギーを引き起こす可能性があるため、表示することを義務付けられたものです。

現在では法律が変わり、どんな成分であっても表示しなければなりません。
そのため現在使われている「無添加」という表示は、メーカーや商品により何が入っていないのかはそれぞれ違います。

旧表示指定成分が入っていないもの、ある成分(防腐剤や香料など)だけが入っていないものなど、パッケージや成分表示などを確認しないと、分からないものがほとんどです。

もちろんすべての無添加シャンプーが悪いわけでもありませんが、「無添加」という表示だけを頼りにシャンプー選びをするのは危険です。

どんなに人気のシャンプーでも、合わないものは使用しないようにしましょう。

シャンプーを選ぶときに、ネットの情報や口コミ、メーカーの宣伝文句などを参考にする人も多いでしょう。

しかしシャンプーは、他の人には効果があるからと言って、自分にも効果があるとは限りません。
シャンプーを使ってみて、次のような症状が出た場合には、使用を中止することをおすすめします。

  • 抜け毛の増加
  • フケ
  • かゆみ
  • 炎症
  • 湿疹

これらの症状が出た場合には、合わないシャンプーである可能性が高く、ムリして使用を続けると、頭皮の状態が悪くなり、薄毛のリスクを高めます。

速やかに使用を中止し、ひどい場合には、皮膚科を受診するようにしましょう。

またトラブルを起こさないためには、サンプルで試してみるのが理想です。
まずは一度、サンプルなどで使用感を確かめてから、購入を検討しましょう。

(まとめ) 女性の薄毛予防のためには、無添加シャンプーが効果的?

1.無添加シャンプーのデメリットを知り、自分に合ったものを使用すれば、薄毛予防に効果的です。

無添加シャンプーは、頭皮や髪に優しく、安全だというイメージがありますが、デメリットもあります。

無添加という表示を頼りにシャンプーを選ぶのではなく、自分に合うものを選ぶことが、薄毛予防において重要です。

2.シャンプーが原因で、薄毛になることがあります。

どんなにいい成分のシャンプーであっても、洗髪方法や保存方法などが間違っていたり、自分の頭皮や髪に合わないものを使用し続けたりすると、薄毛になる可能性があります。

3.「無添加」の意味を知っておきましょう。

無添加とは、一般的に旧表示指定成分が入っていないという意味で使われますが、実際には明確な基準はありません。

安易に無添加という表示だけを信じて、シャンプーを選ぶのは危険です。

4.どんなに人気のシャンプーでも、合わないものは使用しないようにしましょう。

シャンプー選びの際に、口コミや評価を調べることがありますが、他人には効果があったものでも、自分に必ずしも効果があるとは限りません。

自分に合うシャンプーなのかどうかを、サンプルなどで試してから購入を検討するのが理想です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む