ノンシリコンシャンプーを使っても、発毛や育毛効果がすぐに得られるわけではありません。


最近では、ドラックストアにも「ノンシリコン」と表示したシャンプーがたくさん並んでいます。

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを配合していないシャンプーのことで、一般的に頭皮や髪に優しく、髪の健康によいと言われています。

そのため女性の薄毛にも効果を期待する方が多いのではないでしょうか。

しかし残念ですが、ノンシリコンというだけでは、直接発毛を促したり、育毛を助けたりする効果があるとは言えません。

とは言え、長い目で見れば、頭皮を優しく洗い上げることで、頭皮を健康に保つことができるので、薄毛を改善できる可能性はあるでしょう。

また女性の薄毛の改善を目指すのであれば、シリコンが入っているかどうかだけでなく、他の成分のチェックすることも忘れないようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーが合わない人もいます。

ノンシリコンシャンプーには、比較的優しい洗浄成分が入っているため、頭皮や髪に優しく、自然な洗い上がりが人気です。

ノンシリコンシャンプーを使用すると、髪のボリュームがアップした、髪が軽くなったという体験をした人も多くいるようです。

しかし反対に、ノンシリコンシャンプーを使ったら、髪が広がる、パサつくといった感想を抱く人もいます。

人によって、ノンシリコンシャンプーの評価が違うのには、そもそもシリコンが担っていた役割にあります。

シリコンの役割

  • 髪をコーティングすることで、キューティクルを守る。
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱から、髪を保護する。
  • 指通りのよい髪にし、ツヤを出す。

シリコンは、髪のコーティング剤として、髪の毛を保護するのが主な役割です。

そのため洗い上がりはさらさらで、つややかな髪になるのです。

ところがノンシリコンシャンプーには、シリコンがないので、髪が保護されません。

もともと髪が傷んでいない人であれば、髪本来の美しさを引きだすことができますが、ダメージヘアの人やロングヘアの人は、余計に髪を傷つける恐れがあります。

シリコンよりも注意すべきなのは、洗浄成分です。


ノンシリコンシャンプーの登場と同時に、シリコンは悪であるという風潮が広まり、多くの人が「ノンシリコン」と表示されているシャンプーを選ぶようになりました。

しかし実際に、シャンプーに使われているシリコンは、しっかりとすすげば、毛穴に詰まったり蓄積されたりすることはありません。

また人体への影響もないと考えられています。
そんな安全性の高いシリコンよりも、シャンプーを選ぶ際にチェックしておきたいのが洗浄成分です。

さまざまな洗浄成分がありますが、中でも注意したいのは、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」という成分です。

この2つの成分は、とても強い洗浄力を持っているため、頭皮や髪の油分まで洗い流してしまい、頭皮の乾燥や、髪のパサつきなどを引き起こします。

強すぎる洗浄成分の入ったシャンプーを使い続けると、頭皮トラブルを引き起こし、抜け毛や薄毛になる可能性があるということを知っておきましょう。

シャンプーの種類

自分に合ったシャンプーを見つけるためには、どんなシャンプーがあるのかを知り、その特徴や効果を比べてみましょう。

高級アルコールシャンプー

ドラッグストアなどで売られているシャンプーのほとんどが高級アルコールシャンプーです。
洗浄力が高いため、オイリー肌の人、頭皮や髪のべたつきが気になる人に向いています。

石鹸系シャンプー

石鹸成分で洗うシャンプーです。
頭皮がアルカリ性になってしまうため、酸性のリンスなどで中和させる必要があります。

アミノ酸系シャンプー

マイルドな洗浄力で、頭皮に優しい特徴があります。
また髪と頭皮に適度な油分が残るので、ノンシリコンでも自然な洗い上がりとコーティング効果があります。

ノンシリコンシャンプー

自然な洗い上がりで、軽やかな髪に仕上がります。
髪のダメージが少ない人や敏感肌、乾燥肌の人にはおすすめです。

スカルプシャンプー

頭皮のケアに重点を置いたシャンプーで、育毛シャンプーなどと呼ばれるものもあります。
頭皮環境の改善を目指す人や、頭皮のケアに力を入れたい人に向いています。

(まとめ) ノンシリコンシャンプーは、女性の薄毛に効果的?

1.ノンシリコンシャンプーを使っても、発毛や育毛効果がすぐに得られるわけではありません。

ノンシリコンシャンプーは、頭皮や髪を優しく洗い上げることができますが、すぐに薄毛に効果を発揮するわけではありません。

しかし使い続ければ、頭皮環境の改善ができ、薄毛を改善する可能性はあるでしょう。

2.ノンシリコンシャンプーが合わない人もいます。

ノンシリコンシャンプーは、髪の毛が傷んでいる人やロングヘアの人にとっては、満足感は得られない可能性があります。

ノンシリコンシャンプーは、髪の傷みの少ない人や乾燥肌、敏感肌の人に向いています。

3.シリコンよりも注意すべきなのは、洗浄成分です。

安全性の高いシリコンよりも、強すぎる洗浄成分が入っていないかチェックするようにしましょう。

洗浄力の強い成分は、頭皮トラブルを引き起こす可能性があります。

4.シャンプーの種類

シャンプーにはいろいろな種類があり、それぞれのシャンプーには特徴があります。

それらの特徴やメリット・デメリットを知ったうえで、自分の髪質やヘアスタイル、目的に合ったものを選びましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む