テストステロンの分泌を抑えるのではなく、女性ホルモンとのバランスを整えましょう。


テストステロンは、男性ホルモンの一種で、女性の身体にも存在します。
女性の身体にも必要なテストステロンですが、女性の抜け毛の原因になると言われることがあります。

それはテストステロンが、抜け毛を引き起こすジヒドロテストステロンに変化するためです。
ジヒドロテストステロンは、とても強い働きがあり、抜け毛を引き起こします。

そのためジヒドロテストステロンの素になるテストステロンが増えると、女性でも抜け毛になると言われるのです。

しかし女性の身体の中にあるテストステロンの量は、非常に少なく、女性ホルモンの働きによって、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを阻害しているため、テストステロンの量が多少増えても、薄毛に直結するとは考えにくいでしょう。

もしテストステロンによる抜け毛や薄毛を予防するなら、女性ホルモンの分泌を促し、ジヒドロテストステロンに変化させないようにするのが効果的です。

男性の脱毛症「AGA」と女性の脱毛症「FAGA」の違い

女性の薄毛には、さまざまな種類があります。
たとえば円形脱毛症や牽引性脱毛症・分娩後脱毛症・ひこう脱毛症・脂漏脱毛症などです。

女性の脱毛症の中で、一番多いと言われているのがFAGA(女性男性型脱毛症)です。

FAGAは、男性の脱毛症で、男性ホルモンが原因で起こるAGA(男性型脱毛症)の女性版と考えられています。

しかし実際には、症状や原因に違いがあります。

AGA

成人男性に見られる脱毛症です。
頭頂部や額から徐々に進行するという特徴があります。

AGAは男性ホルモンが原因であると言われ、それに加えて、ストレスや生活環境などが関わっています。

FAGA

部分的に脱毛する男性の場合とは異なり、一本一本の髪が細くなり、全体的にボリュームダウン、さらに進行すると、地肌が透けて見えることもあります。

FAGAは、びまん性脱毛症とも呼ばれ、女性ホルモンの減少によって、ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの影響を強く受けることが原因です。

女性の身体にも、男性ホルモンは必要です。


テストステロンは、女性の薄毛の原因になるため、邪魔な存在であるかのように感じるかもしれません。

しかしテストステロンには、筋肉増強、骨の発達を促す働きがあります。
またストレスに強く、前向きな気持ちを持つためにも必要なホルモンです。

そのため女性の身体にもあり、健康維持に必要なのです。
とはいえ女性の場合は、男性に比べて5~10%程度しか分泌されていません。

女性の身体は、女性ホルモンが優位な状態を保ち、バランスをとっているのです。

しかしホルモンバランスが、何らかの原因によって乱れ、男性ホルモンが優位になると、女性の身体にも影響が出てしまう場合があります。
ホルモンバランスの乱れによる影響の一つが、FAGAなのです。

肝心なのは、ホルモンバランスです。

テストステロン自体には、脱毛作用はありませんし、むしろ女性の身体を健康に保つ役割があります。

また女性ホルモンが正常に分泌されていれば、テストステロンが多少多くなっても、ジビドロテストロンに変形するのを防いでくれるため、身体の不調や薄毛を発症することはないでしょう。

大切なのはテストステロンの量ではなく、女性ホルモンとのバランスなのです。
テストステロンの量を減らすのではなく、女性ホルモンを増やし、ホルモンバランスを整えることが、女性の薄毛を改善させるためには大切なのです。

ではホルモンバランスを整えるためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

ホルモンバランスを整える方法

  • 規則正しい生活を送る。
  • 暴飲暴食は避け、3食きちんと栄養バランスのとれた食事を摂る。
  • 適度な運動を行う。
  • ストレス解消方法を見つける。
  • 体を冷やさないようにする。

健康的な生活を送ることが、ホルモンバランスを整えるための基本です。
女性ホルモンは、とても繊細で、ちょっとしたことで簡単に分泌量を減らしてしまいます。

まずは毎日の生活を見直し、少しずつホルモンバランスを改善できるように努力していきましょう。

(まとめ) 女性の薄毛予防には、テストステロンの分泌を減らせばいい?

1.テストステロンの分泌を抑えるのではなく、女性ホルモンとのバランスを整えましょう。

テストステロンは、男性ホルモンですが、女性でも微量ですが分泌されています。

テストステロンは、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化するため、女性の薄毛の原因だと言われることがあります。

2.男性の脱毛症「AGA」と女性の脱毛症「FAGA」の違い

男性ホルモンの影響による脱毛症の代表はAGAです。
AGAは男性に多い脱毛症ですが、女性にも無関係ではありません。

女性の場合は、FAGAやびまん性脱毛症と呼ばれ、全体的に髪が薄くなるのが特徴です。

3.女性の身体にも、男性ホルモンは必要です。

男性ホルモンは、筋肉の増強、骨の発達に関係しているホルモンです。
そのため女性の身体を健康に保つためには必要なものです。

しかし女性ホルモンとのバランスが崩れると、FAGAを引き起こす場合があります。

4.肝心なのは、ホルモンバランスです。

男性ホルモンも女性ホルモンも、女性の身体には存在しますが、健康な場合は、バランスがとれている状態です。

バランスが乱れると、体調を崩す原因にもなるため、ホルモンバランスを保てるような生活を送りましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む