女性の頭皮の清潔のためには、汚れないことと汚れを落とすことが大切です

gf1940216298l
頭皮の清潔のためには、2つのポイントがあります。
まず、必要以上に汚れをつけてしまわないことです。
生活環境や習慣を見直して、汚れを防止するようにしましょう。

次に、ついてしまった汚れを落とすことです。
汚れは毎日ついてしまうものですが、しっかり対策をすればついた汚れはリセットすることができます。

不潔な頭皮には様々なリスクがあります。頭皮を清潔に保つよう心掛けましょう。

頭皮が清潔でないと、フケや痒み、べたつきの原因となります

頭皮が清潔でないことに対するリスクとして、次のようなことがあげられます。

痒み

風邪でお風呂に入れない時などに頭皮の痒みを覚えたことのある人も多いでしょう。個人差もありますが、数日お風呂に入っていないと、頭皮には痒みが現れます。

べたつき

頭皮は皮脂の分泌が盛んなうえに、体とは違って髪の毛で覆われています。
そのため、皮脂が髪にまとわりついてべったりとした見た目になってしまいます。

何日か髪を洗わなかった時、髪が濡れたように黒々とするのは皮脂分泌のせいなのです。

フケ

フケの原因は古くなった頭皮が剥がれ落ちることです。
乾燥肌の場合も脂性肌の場合も起こりますが、頭皮の洗浄不足によって起こるのは主に脂性肌によるフケです。

しかし、頭皮が不潔で状態がわるいために、乾燥によるフケが出やすくなる場合もあります。
フケを防ぐためには、頭皮を清潔に保つことが大切です。

嫌なにおい

髪を洗わないことによる不快なにおいは、女性にとっては一大事です。ふとした時に、「この人髪がくさい……」と思われてしまったらショックですよね。

洗っていない髪は体と同じように嫌なにおいを発するのだということを覚えておきましょう。

定期的なシャンプーで清潔さを保ちましょう

9a3fe_s
毎日、ないしは2日に1回程度髪を洗うように心がけてください。夏場や脂性肌の人の場合は、毎日洗うことをお勧めします。

「髪を洗う」とはいっても、実際に洗うのは頭皮です。
髪に関しては、ブラッシングやお湯で流すだけでもかなり汚れを落とすことができます。

しっかりシャンプー剤で洗い落とす必要があるのは、頭皮についた汚れや必要以上に分泌された皮脂なのです。
皮脂汚れを落とすためには、シャンプー剤を使った洗髪がお勧めです。

洗剤を使わないと食器の油汚れが落ちにくいのと同様に、髪の毛もシャンプー剤を使わないとしっかり皮脂が落とせないからです。
よく、「髪が汚れすぎてシャンプーが泡立たない」という話を耳にします。

これは、脂が泡立ちを邪魔しているせいです。

しかし、正しいシャンプー方法を行っている場合、「泡立たない」という表現にはなりません。
シャンプーは「泡立ててから」頭皮につけるべきものだからです。
泡洗顔などと同じように、頭皮も泡立てたシャンプーで優しく洗うようにしましょう。

皮脂汚れによって泡がすぐに消えてしまった場合は、洗う頻度が少なすぎるか、きちんと洗えていない可能性があるので、シャンプー方法を見直してみてください。

清潔でいるためには、汚れない工夫も大切です

清潔さを保つためには、髪や頭皮に余計な汚れをつけない努力も大切です。
ここで言う汚れとは、「外部からの汚れ」と「内部から分泌される皮脂汚れ」のふたつです。

外部からの汚れを防ぐ

強い風が吹いて花粉や土埃が舞っている日に、何も被らずに外に出ると、頭皮も髪も埃だらけになってしまいます。
帽子をかぶったり髪を束ねたりして、なるべく汚れないようにしましょう。

ただし、暑い夏の日に通気性の悪い帽子をかぶっていると皮脂分泌が激しくなり、頭皮が蒸れてしまうこともありますから注意してください。

内部からの汚れを防ぐ

過剰な皮脂分泌は肉中心の食事や油っぽいジャンクフード、コンビニ食などによって起こることがあります。
脂質を取りすぎていないか食事内容を見直してみてください。

お肉類をそれほど食べていない人であっても、バターやマヨネーズ、ドレッシング、パンなどをよく食べる人は、知らず知らずのうちに脂質を多くとっている可能性があります。

(まとめ)女性の頭皮を清潔に保つためにはどうしたらいい?

1.女性の頭皮の清潔のためには、汚れないことと汚れを落とすことが大切です

頭皮の清潔のためには、なるべく汚れをつけないことと、ついてしまった汚れを落とすことの2つが大切です。不潔な頭皮にはリスクがあるので、清潔に保つよう心掛けましょう。

2.頭皮が清潔でないと、フケや痒み、べたつきの原因となります

頭皮が清潔でないと、痒みやべたつき、フケなどの問題が起こります。また、頭皮や髪の不潔さが原因となる嫌なにおいにも注意が必要です。
清潔さを保ってトラブルが起きないようにしましょう。

3.定期的なシャンプーで清潔さを保ちましょう

1~2日に1度、泡立てたシャンプーを使って髪を洗うことで清潔を保ちましょう。泡立てた泡がすぐに脂で消えてしまう場合は、頻度が足りないかシャンプー方法に問題がある場合もあります。

4.清潔でいるためには、汚れない工夫も大切です

頭皮の汚れを防ぐために、風が強い日に外に行くときは帽子をかぶるなどの対策をすると良いでしょう。また、内部からの過剰な皮脂分泌を避けるために、肉やバター、パンなどによる皮脂の摂りすぎに気を付けてください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む