女性の頭皮洗浄は、10のポイントを抑えることでより効果的になります

b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_s
薄毛対策のためにも、頭皮を洗う時は、次の10個のポイントに気を配るようにしましょう。

  1. 洗浄前のブラッシング
  2. お湯の温度
  3. 洗浄剤の種類
  4. 洗浄剤の使い方
  5. 頭皮の洗い方
  6. 濯ぎ
  7. 洗浄回数
  8. 洗浄時間
  9. 洗浄後のケア
  10. ヘアドライ

これらを正しい方法で行うことで、頭皮をよりすっきりとダメージを与えずに洗うことができるのです。

髪を洗う時は頭皮を刺激しないようにしましょう

頭皮を洗う時は、不必要な刺激を与えないよう注意するようにしてください。

洗浄前のブラッシング

ブラッシングをすることで、髪についた埃などの汚れを落とすことができます。
あらかじめ汚れを落としておくことで、よりしっかり必要な洗浄を行うことができるようになるのです。

また、髪の絡みを解いておくことで、髪がひっぱられることによる頭皮の負担も減らせます。

お湯の温度

頭皮を洗う時は、熱過ぎるお湯を使わないように気を付けましょう。
熱いお湯は頭皮に過剰な刺激を与えてしまいます。

洗浄剤の種類

シャンプー剤は自分の肌に合ったものを使用しましょう。肌に合わないシャンプー剤を利用すると、湿疹や痒みが出てしまうこともあります。

どんなシャンプーを使えば良いかわからないという場合は、美容師に相談してみるのもお勧めです。

洗浄剤の使い方

シャンプーは手のひらでしっかり泡立てて使いましょう。
泡立てネットや洗面器を利用してしっかり泡立てるのがお勧めです。

頭皮の洗い方

頭皮を洗う時に、硬いシャンプーブラシを使っている人は、力を入れてこすりすぎないように注意してください。
また、爪を立てて洗うと頭皮に小さな傷がたくさんついてしまいます。

後で痛みや痒みなどに繋がることもありますから、指の腹で洗うように心がけましょう。

頭皮を清潔に保つことが頭皮の健康にも繋がります

imasia_6474376_M
何日かお風呂に入らないと、頭皮や体がべたつき、痒くなってきます。
痒みを抑えるために爪を立てて掻くと、一時は気持ちが良くなりますが、その後はひりひりとして、余計に痒くなってきます。

爪が肌に微細な傷をつけ、その傷が痒みや痛みを起こしてしまうのです。
さらに掻き続けると、掻き壊してしまうこともあります。

こうなると、肌の状態は非常に悪化します。
また、お風呂に入らない不衛生さから頭皮トラブルが起きてしまうこともあります。
頭皮を清潔に保つためには、毎日の頭皮洗浄をしっかり行う必要があります。

「髪を洗う」「洗髪」という言葉からは、頭皮ではなく髪を洗うためのものが「シャンプー」だという誤解が生まれがちですが、シャンプーはしっかり頭皮を洗うためにあります。頭皮を洗い、リンスやコンディショナーで髪の状態を整えるのが「髪を洗う」という行為なのです。

しかし、この時に使ったシャンプーやリンスが頭皮に残っていると、これも汚れとなり、頭皮の状態を悪くしてしまいます。

洗髪時には濯ぎ残しがないように気を付けましょう。

頭皮洗浄を行う回数や時間にも注意しましょう

頭皮の洗浄は、たくさんすればするほど良いというものではありません。
確かに、何度も繰り返し洗浄すれば、よりしっかり汚れは落ちるかもしれません。

しかし、強い洗浄力を持ったシャンプーを使って繰り返し頭皮を洗うと、それだけ頭皮を保護していた皮脂も洗い流してしまうのです。
手を繰り返し洗うと乾燥してカサカサになってしまうのと同じように、頭皮も洗い過ぎで乾燥してしまい、別のトラブルに繋がるということがあるのです。

いくら汚れが気になるといっても、頭皮の洗浄は1日1回までにとどめておくことが大切です。

また、頭皮を洗うタイミングにもポイントがあります。
頭皮が一番汚れているのは、外気にさらされて帰宅した後の夜です。

このタイミングで洗うことで、1日の汚れをすっきり落とせます。
夜に髪を洗った後は、しっかりタオルドライとブローをして、完全に乾いてから眠るようにしましょう。

そうすることで、雑菌の繁殖を抑え、清潔な状態でベッドに入ることができるのです。

(まとめ)女性の頭皮洗浄に大切な10のポイントって?

1.女性の頭皮洗浄は、10のポイントを抑えることでより効果的になります

頭皮を洗う時は、洗い方はもちろん、洗う前や後にも気を配るようにしましょう。
また、いつ、どのくらい洗うのかといったことにも注意が必要です。ポイントを掴んで、ダメージを与えずにすっきり洗い上げましょう。

2.髪を洗う時は頭皮を刺激しないようにしましょう

頭皮を洗う時は、事前に髪の絡みを解いておく、お湯の温度や洗い方に注意するなど、頭皮に刺激を与えないように気を付けましょう。
自分にあったシャンプー剤を使うことも大切です。

3.頭皮を清潔に保つことが頭皮の健康にも繋がります

何日もお風呂に入らないと、肌や頭皮が痒くなります。痒みを抑えようと爪を立てて掻くと、掻き壊してしまうこともあります。
きちんと洗浄して頭皮を清潔に保つようにしましょう。
シャンプー剤等の濯ぎ残しにも注意が必要です。

4.頭皮洗浄を行う回数や時間にも注意しましょう

頭皮の乾燥を防ぐためにも、洗浄は1日1回までにしましょう。夜洗うことで、1日の汚れを落としてすっきり眠ることができます。
雑菌を防ぐために、髪が完全に乾いてからベッドに入るようにしてください。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む