石鹸でシャンプーしても薄毛は改善されにくいです


石鹸でシャンプーすると育毛効果があるという説もありますが、石鹸でシャンプーをすると頭皮の皮脂を落とし過ぎてしまうため、薄毛の原因になる恐れがあります。

ほとんどの固形石鹸は身体を洗うことを想定してつくられているため、頭皮や髪に対して洗浄力が強過ぎるからです。

石鹸シャンプーは頭皮や髪を洗うためにつくられたものですが、石鹸シャンプーそのものに育毛効果があるわけではないので、薄毛を改善する効果は得られないと考えてください。

シャンプーは洗浄力が強過ぎない、自分の頭皮に合ったものを選ぶことが重要です。

石鹸の主な成分は石鹸素地という界面活性剤です

石鹸の主成分である「石鹸素地」は、天然の油脂から生成される高級脂肪酸ナトリウムという成分です。高級脂肪酸ナトリウムは界面活性剤の一種で、数千年以上の昔から使われてきた洗浄成分になります。

界面活性剤はシャンプーや洗剤などにも使われているもので、分子の中に水になじみやすい性質と、油になじみやすい性質の2つの特徴を持っています。

水と油は混じり合わないものですが、界面活性剤の性質を利用することで、汚れを落とす働きをしているのです。

石鹸に使われる界面活性剤は、パーム油・オリーブ油・牛脂などの動植物から採取された油脂からつくられています。

油脂の種類は数多くあり、使われる油脂よって石鹸の洗浄力や泡立ちが変化しますが、石鹸は人の肌に直接触れるものなので、石鹸として使える油脂には限りがあります。

石鹸の製法には「釜焚き製法」と「中和製法」の2通りの方法があり、製造方法の違いによって石鹸の使用感が異なってくるのが特徴です。

釜焚き製法

油脂を精製した後、釜の中で加熱しながらかき混ぜて製造する方法です。食塩水を加えて石鹸と不純物を分離させ、石鹸の素になるニートソープをつくります。

常に釜の中を確認しながらの作業となるので、手作りに近い製法です。ニートソープに保湿成分や香料を加えたものが、石鹸として市場に出ます。

中和製法

脂肪酸と水酸化ナトリウムを装置の中で加熱しながらかき混ぜて、ニートソープをつくります。短時間で石鹸を製造できるため、大量生産される石鹸に向いている製法です。

釜炊き製法と同じく、ニートソープは保湿成分や香料を加えられて石鹸になります。

石鹸そのものに薄毛を防ぐ効果は期待できません


石鹸が薄毛の予防に効果的だという説もありますが、石鹸そのものには薄毛を改善する成分は含まれていません。

石鹸は自然の成分を界面活性剤に使っているので、肌にやさしいというイメージがあるかもしれませんが、実際は洗浄力が強めのものが多いです。

とくに固形石鹸は頭皮や髪を洗うことを前提に製造されていないため、固形石鹸でシャンプーをすると頭皮の皮脂を洗い過ぎてしまう恐れがあります。

頭皮の皮脂はニオイやベタつきの原因になりますが、まったくない状態も頭皮の環境を悪化させることになるのです。

皮脂には頭皮を保護する役割があるため、皮脂が不足すると頭皮のバリア機能が低下します。頭皮の皮脂が足りないと乾燥が進み、フケやかゆみなどの原因にもなることを覚えておきましょう。

また皮脂を失った頭皮は皮脂を補おうとするので、余分な皮脂を分泌しやすくなり、頭皮のベタつきが悪化することもあります。余った皮脂が毛穴をふさいでしまい、髪の成長を妨げて抜け毛や薄毛を招く可能性も考えられます。

頭皮を守る皮脂膜は、皮脂と汗によってつくられているものです。薄毛とは縁のない、健康な頭皮を目指すのであれば、頭皮の洗い過ぎには注意を払いましょう。

固形石鹸はあくまで身体を洗う時に使い、頭皮と髪はシャンプーで洗うのがベストです。

石鹸シャンプーにはメリットとデメリットがあります

石鹸シャンプーは頭皮や髪を洗うことを考えて製造されているので、頭皮や髪への負担は少ないと考えられますが、メリットとデメリットの両方をあわせ持っています。人によって頭皮や髪のタイプも異なるため、石鹸シャンプーが合う人と合わない人に分かれます。

石鹸シャンプーの使用を考えている方は、石鹸シャンプーの特徴を理解してから使うことをおすすめします。

石鹸シャンプーの特徴

石鹸シャンプーは、石鹸素地・水・保湿成分といったシンプルな原料でつくられているシャンプーです。洗浄力が高めなので、汚れをすっきりと落とすことができます。

石鹸シャンプーのメリット

天然由来の成分でつくられているものが多く、頭皮への刺激が少ないのがメリットです。頭皮の毛穴の汚れも落とせるほどの洗浄力を持っているため、シャンプーした後にベタつきを感じることは、ほぼないといってよいでしょう。

石鹸シャンプーは環境にもやさしい成分なので、川や海を汚す心配がありません。

石鹸シャンプーのデメリット

石鹸シャンプーは洗浄力が高いので、頭皮の皮脂不足を招いてしまうことがあります。シャンプーした後は髪にきしみを感じやすいので、しっとりとした洗い上がりを期待する人には物足りなく感じられるかもしれません。

頭皮や髪が弱酸性なのに対し、石鹸はアルカリ性なので、どうしてもきしみが生じてしまいます。

薄毛が気になる人や頭皮が乾燥しやすい人には、アミノ酸シャンプーがおすすめです


石鹸シャンプーの洗浄力では強過ぎるという方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、アミノ酸シャンプーの利用がおすすめです。アミノ酸シャンプーはマイルドな洗い心地なので、薄毛が気になる人や頭皮が乾燥しやすい人に向いています。

石鹸シャンプーの界面活性剤は石鹸素地ですが、アミノ酸シャンプーの界面活性剤はアミノ酸でつくられています。アミノ酸シャンプーは数あるシャンプーの中でも洗浄力がやさしいので、薄毛が気になる人だけでなく、頭皮が敏感な人でも安心して使えるシャンプーです。

アミノ酸シャンプーがよいといわれるのは、アミノ酸が頭皮や髪になじみやすい成分だからです。皮膚・筋肉・血管などをつくっているのはタンパク質で、タンパク質を構成しているのがアミノ酸になります。

人間の身体の約60%は水分からつくられていますが、約20%はタンパク質です。つまりアミノ酸はわたしたちの身体を構成している成分なので、もっとも安心できる洗浄成分だといえます。

アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーの大きな特徴は、洗浄力がやさしいという点です。肌への刺激が少ないので、敏感肌やアトピーなどで頭皮のトラブルに悩む人でも安心して使えます。

洗浄力がマイルドなので、頭皮が必要とする皮脂を残したまま、汚れだけを取り除きます。保湿力が高く、少量でも泡立ちがよいのもメリットです。

また洗浄力が強いシャンプーの影響で、アルカリ性に傾いた頭皮や髪を元の弱酸性に戻す働きを持っています。

アミノ酸シャンプーの注意点

アミノ酸シャンプーの注意点としては、洗浄力が強くないので頭皮や髪の洗い方にコツがいることです。洗浄成分が頭皮や髪に残ることがあるので、しっかりと洗い流す必要もあります。

間違った髪のお手入れが薄毛を招く原因になります

薄毛を招く原因はいくつも考えられますが、間違ったヘアケアが薄毛の原因となることがあります。

とくに自己流でシャンプーをしている方で多いのが、気がつかないうちに頭皮を傷めて髪の成長を妨げているケースです。

頭皮に合わないシャンプーを使う

頭皮に合わないシャンプーは、薄毛を引き起こす原因です。シャンプーの洗浄力が強過ぎると、頭皮の潤いが根こそぎ奪われてしまいます。

頭皮にシャンプーをつけたまま放置する

頭皮の脂っぽさが気になるからといって、シャンプーをつけた状態で長時間置くと、頭皮が乾燥しやすくなります。シャンプーはトリートメントではないので、つけたまま放置しても頭皮環境は改善されません。

1日に複数回シャンプーをする

1日に2回以上シャンプーをする習慣がある人は、頭皮の皮脂膜が維持されないため、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。頭皮が余計に脂っぽくなるので、シャンプーの回数がさらに増える悪循環になりやすいです。

果汁やハーブなどを頭皮に塗る

頭皮によいといわれるフルーツやハーブの汁を直接頭皮に塗るのは、頭皮の炎症を招く原因になります。毛穴に汚れが詰まりやすくなるので髪の成長が遅れ、結果的に薄毛に繋がってしまいます。

頭皮に直接塗るのは育毛剤やヘアトニックなど、頭皮専用のものにしましょう。

正しい方法で頭皮と髪をケアして薄毛対策をしましょう

頭皮や髪のケアは正しい方法で行わなければ、逆効果になってしまいます。日頃のお手入れを見直して、正しい方法で頭皮と髪のケアをしていきましょう。

薄毛対策の基本となるのは、毎日のシャンプーです。シャンプーをする前にぬるま湯で頭皮全体をよく洗い、スタイリング剤などの汚れを落としてからシャンプーを泡立てましょう。

爪を立てると頭皮を傷つけてしまうので、指の腹を使って頭皮をまんべんなく洗っていきます。頭皮をマッサージするようなイメージで指を動かし、頭皮をよくもみ込みます。

汚れやベタつきが気になる場合は、頭皮用の洗浄ブラシを使ってみるのもよいでしょう。洗い終えたらぬるま湯でよくすすぎ、すすぎ残しがないようにしましょう。

すすぎ残しは薄毛を招く原因になります。シャンプーが終わったらドライヤーでよく乾かし、髪を塗れたまま放置しないようにしてください。

お風呂から出て15分以内を目途に乾かすと、頭皮に雑菌が繁殖しにくくなります。

(まとめ)石鹸が薄毛の改善に効果があるという説がありますが、石鹸そのものに薄毛を改善する効果は期待できません。

固形石鹸はシャンプー向きではなく、石鹸シャンプーは洗浄力が強めなので、人によって頭皮に合わない場合があります。

薄毛が気になる人には、アミノ酸シャンプーがおすすめです。やさしい洗浄力で頭皮の皮脂膜を残しながら、汚れだけを取り除いてくれます。

自己流のヘアケアが頭皮を傷め、薄毛の原因になることもあります。シャンプーは正しい手順で行い、地道な薄毛対策を続けましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む