薄毛になる悩みは年齢別で違いがあります


薄毛になる悩みは年齢別で少しずつ違いが見られ、年齢によって薄毛に対する悩みに変化が起きていることがわかります。20歳代の女性では髪のパサつきやクセ毛に悩む人が多く、薄毛に関する悩みを持つ人は多くありません。

30歳代になると抜け毛が気になる人が増え始め、髪全体のボリュームダウンに悩む人が増えてきます。40歳代でも抜け毛や髪のボリュームダウンを気にする人が多く、髪のハリやコシが失われたと感じるようになるのです。

50歳代になると髪のパサつきよりも髪の細さや痩せ方が気になるようになり、薄毛に関わる悩みを持つ人の割合が急増します。

年齢が上がると薄毛に関わる悩みが増えてきます

年齢が上がるにつれ、肌の調子や化粧ノリが悪くなったと感じる人が多くなります。顔の肌と同じように頭皮も年齢が上がると皮膚の老化によって、薄毛や頭皮のトラブルが起こりやすくなるからです。

どの年齢の女性でも髪に関する悩みを持っているものですが、年齢別に見ると年齢が高くなればなるほど、薄毛にまつわる悩みを抱える女性が増えてきます。

傾向としては30歳代から髪にコシやハリのなさを感じ始め、髪のボリュームが気になるようになります。

20~29歳

20歳代で多い髪の悩みは、パサつき・クセ毛・広がり・ツヤのなさなどです。髪質に関する悩みを持つ人が多く、薄毛に関わる悩み持つ人はまだ多くない年代だといえます。

一部で髪の細さを気にする女性もおり、細い髪が増えてくると将来薄毛になる可能性があります。

30~39歳

30歳代で多い髪の悩みは、パサつき・クセ毛・広がりで、上位3位までは20歳代に多い髪の悩みと同じです。

4位以降から薄毛に関係する悩みが挙げられるようになり、抜け毛の多さや髪のハリ・コシのなさ、髪のボリュームダウンが気になるといった声が聞かれるようになります。

40~49歳

40歳代で多い髪の悩みは、白髪・パサつき・クセ毛などです。他にもハリ・コシのなさや抜け毛、ボリュームダウンといった悩みを持つ人が増えてきます。

髪が細くなったという人の割合も増え、薄毛を招く悩みを持つ女性が急増するのが40歳代だということがわかります。

50~59歳

50歳代で多い髪の悩みは白髪、ハリ・コシのなさ、ボリュームダウンです。髪の悩みの上位3位にボリュームダウンが入り、薄毛に関わる悩みを抱える女性が増えていることが推測されます。

髪が痩せてきた・細い・分け目が気になる・抜け毛が多いという悩みを持つ人も多く、50歳代は薄毛に対する対策を考えていく必要がある年代だといえます。

60歳以上

60歳以上の女性は更年期を経ていることもあり、ホルモンバランスの変化などで薄毛などのトラブルに悩む方が多くいます。

加齢による新陳代謝の低下で栄養素の吸収が悪くなり、髪へ養分が運ばれにくくなることが原因のひとつだと考えられます。

更年期によって薄毛が引き起こされると考えられています


女性であれば誰もがいつかは迎えるのが更年期ですが、症状の表れ方には個人差があります。一般的には40歳半ば頃から、50歳半ば頃までが更年期に該当する期間です。

更年期になると女性ホルモンのエストロゲンが減少し、髪が老化して薄毛のリスクが高まるといわれています。エストロゲンには髪を成長させる役割があるため、エストロゲンの減少は薄毛に繋がるという仕組みです。

女性の薄毛は男性の薄毛と異なり、局所的に薄毛になるケースよりも、髪がボリュームダウンして全体的に薄毛になることの方が多いです。髪のコシやハリが失われて1本1本が細くなってしまうのも、薄毛の原因となります。

薄毛の他にも、さまざまな身体の不調が表れるようになります。

精神・神経

更年期になると頭痛やめまい、耳鳴りなどを訴える人が増えてきます。人によっては気分の落ち込みを感じやすくなり、不安感が強くなって不眠に至りやすくなるのが特徴です。

気持ちの余裕がなく、集中力や判断力が低下したり、物忘れがひどくなったりする場合もあります。

血管・運動神経

少し身体を動かしただけで動悸や息切れがしやすく、発汗やほてりに悩まされるようになります。身体の冷えもひどくなるので、のぼせが起こりやすくなります。

皮膚

更年期になると皮膚が乾燥しやすくなるので、顔の肌だけではなく頭皮も乾燥しがちになります。乾燥した頭皮では健康な髪が育たず、抜け毛が増えて薄毛の原因となるのです。

すべての年齢で多い髪の悩みは、髪のパサつきとクセ毛です

年齢別の髪の悩みを調査した結果では、どの年齢の女性も髪のパサつきとクセ毛に悩んでいることが判明しました。

髪のトラブルが起こる原因はいくつも考えられますが、薄毛・パサつき・クセ毛が起こる共通の原因は頭皮の乾燥です。頭皮の乾燥の原因について、日頃の習慣を振り返りながら確認していきましょう。

年齢による頭皮の老化

年齢を重ねるにつれ、頭皮も少しずつ老化が進んでいきます。頭皮の老化が進むと髪の成長が滞るので健康的な髪が生えにくくなり、パサつきのある髪やクセ毛になりやすいです。

カラーリング

カラーリングで髪のおしゃれを楽しみたいという女性は多いですが、あまり頻繁にカラーリングを繰り返すと、頭皮や髪を傷めて髪のパサつきやクセ毛の原因になります。

30歳代になると白髪が生えやすくなるため、カラーリングをする機会が増えてくるのも、髪のパサつきやクセ毛の原因です。

髪が乾燥しやすくなるため、パサつきやうねりが出てクセ毛になりますが、ダメージが蓄積すると髪が細くなって薄毛になる恐れがあります。

縮毛矯正

髪がパサついてクセ毛になると、縮毛矯正をする方もいますが、髪の乾燥が原因のクセ毛は、縮毛矯正では治らないことがあります。縮毛矯正も髪にダメージを与える原因になるため、ますます髪が乾燥してパサつきがひどくなる方もいます。

頭皮に合わないシャンプーの使用

頭皮に合わないシャンプーを使い続けることによって、髪のパサつきやクセ毛の原因を生み出すケースもあります。洗浄力が強いシャンプーは頭皮や髪の潤いを奪ってしまうので、髪が乾燥してパサついたり、乾燥によって髪にうねりが出てきたりしやすいです。

ダメージが進行すると、薄毛を招く原因にもなります。

年齢による薄毛の悩みには豆乳がよいといわれています


年齢の影響で起こる薄毛の悩みには、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが有効だといわれています。大豆イソフラボンには、薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑える効果が期待されているからです。

薄毛の原因はいくつもありますが、その中のひとつがDHTという薄毛を引き起こす男性ホルモンです。男性ホルモンは女性の体内にも存在しているため、髪の成長サイクルを乱したり、抜け毛を増やしたりなど、薄毛の原因になることがあります。

大豆イソフラボンにはDHTの生成を抑えて、薄毛を防ぐ効果があると考えられており、大豆イソフラボンとDHTの関係性について研究が進められています。

また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持つため、女性におすすめの成分として注目されています。

豆乳には大豆イソフラボンの他に、髪によいといわれる成分が含まれているのも、豆乳が薄毛を改善するといわれている理由のひとつです。

アミノ酸

髪の主成分はケラチンというタンパク質であり、アミノ酸が結合したものがタンパク質になります。大豆の良質なタンパク質にはメチオニンというアミノ酸が含まれており、髪の成長を助けています。

メチオニンは髪の構成する18種類のアミノ酸の中で、もっとも欠かせない存在です。

亜鉛

豆乳に含まれている亜鉛はケラチンを合成する働きを持つため、薄毛の予防に効果的だといわれています。亜鉛が不足すると髪の成長が阻害されるので、薄毛の原因になると考えられています。

ビタミン類

ビタミンEが頭皮の血管を広げて血行を促し、ビタミンB群が頭皮の新陳代謝を改善します。ビタミンAには細胞の酸化を防ぐ働きがあるため、年齢の影響による薄毛を防ぐといわれています。

薄毛対策として頭皮と髪を労わるシャンプーを心がけましょう

薄毛を予防するためには身体の中からケアすることと同時に、身体の外側からケアしていくことも大切です。頭皮に合わないシャンプーを使い続けることや、頭皮に負担を与えるシャンプー方法が薄毛を招くことがあります。

シャンプーの選び方から見直して頭皮を労わり、髪を育てるための取り組みをしていきましょう。

シャンプーの選び方

薄毛を防ぐ取り組みは、頭皮にやさしいシャンプーを選ぶことから始まります。シャンプーで頭皮を傷めてしまうのは、シャンプーの洗浄力が強いからです。

洗浄成分がアミノ酸のシャンプーであれば、頭皮に負担をかけることなく、頭皮に潤いを残したまま汚れだけを洗い落とします。薄毛の悩みはないけれど、髪のパサつきが気になるという方にも、アミノ酸シャンプーがおすすめです。

シャンプーの回数

シャンプーは1日1回にするのが、薄毛を防ぐのに適した回数です。頭皮のベタつきが気になるからといって1日に何度もシャンプーをするのはおすすめできません。

頭皮のベタつきも、頭皮に合わないシャンプーが原因になっていることがあります。自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことで、1日1回のシャンプーでも充分にケアができるようになります。

(まとめ)薄毛になる原因は年齢別で違いがあり、年齢が上がるにつれて髪の細さや抜け毛などの悩みが増える傾向があるのです。

また年齢別の髪の悩みを見ていくと、どの年齢でも髪のパサつきやクセ毛に悩む女性が多いことがわかります。

女性は年齢が上がると更年期の影響などで、薄毛に悩む人が増えるといわれています。豆乳に含まれる大豆イソフラボンの摂取や、アミノ酸シャンプーでのケアなど、健やかな髪を育てるための取り組みをしていきましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む