ミネラルは体に栄養を吸収させたり、運んだりする役割を果たします

e857d05ba5b76f9c230db7b71b3bb1b9_s
ミネラルには様々な種類があり、それぞれに働きが異なります。その中でも、特に髪に関係が深いものについてご紹介しましょう。

ヨウ素や亜鉛は、薄毛にも密接なかかわりを持つミネラルです。
ヨウ素は食べものから得た栄養を吸収させる働きを持っています。
これがないと、摂取した栄養が髪に届くどころか体内に吸収すらされないということになってしまいかねません。

また、亜鉛はたんぱく質が髪の毛になるのを助けてくれますし、鉄は血液となって栄養を髪まで届ける役割を果たします。
薄毛外来をしている病院の中には、髪の毛の中のミネラル成分を検査してくれるところもあります。

そのくらい、髪の毛とミネラルの関わりは密接なものなのです。

ミネラルには様々な種類と働きがあります

では、ミネラルの種類ごとにそれぞれの働きを見てみましょう。

亜鉛の働き

亜鉛は髪と関わりの深いミネラルとして有名です。これは、たんぱく質を合成するのに必要な成分です。
髪はたんぱく質から作られていますから、亜鉛がなくては髪を作ることができないのです。

鉄の働き

鉄は、血液中の赤血球を作るのに使われます。食べものから摂取された栄養分は赤血球に乗って全身に運ばれるため、鉄が不足すると栄養が運ばれにくくなってしまいます。
栄養のあるものを食べてもそれが活かせなくなってしまうため、貧血には注意が必要です。

ヨウ素の働き

ヨウ素は代謝を助ける働きをします。たんぱく質が髪の毛になるのを促してくれるため、足りなくなると、髪もうまく成長していきません。
髪の毛を活発に作り出すためには、ヨウ素が必要となります。

カルシウムの働き

カルシウムには、骨を作ることのほか、イライラを防止する働きもあります。
ストレスは薄毛の大敵ですから、イライラ防止のためにカルシウムを適度に摂取するようにしましょう。

ミネラルの過剰摂取に注意しましょう

af9920057022l
ミネラルは、過剰に摂取すると危険なものもあります。ともかくたくさん摂れば良いと考えず、適量を意識するようにしましょう。

有害なミネラル

ミネラルの中には、体にとって良い働きをしてくれるものがたくさんあります。

しかし、逆に有害なミネラルというものも存在しています。それが、鉛やヒ素、アルミニウム、カドミウム、水銀などです。
浄水器を見てみると、こうした物質を除去します、ということを売りにしているものがたくさんあります。

つまり、これらは摂らずに済むなら摂取しない方が良いミネラルなのです。
病気の原因となる他、鉛には血を作るのを邪魔する働きもあります。

血が足りなくなると、栄養が体に巡りづらくなってしまい、薄毛に繋がります。

体に良いミネラル

体に良いミネラルであっても、必要以上に摂ると逆効果になってしまいます。
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に、それぞれのミネラルについて1日の摂取量が決められています。
データを参考に、過剰摂取に注意するようにしましょう。

伝統的な和食にはミネラルが豊富に含まれています

ミネラルは、それぞれの成分によってサプリも複数販売されています。

こういったサプリは便利ですが、過剰摂取に陥る可能性もあるため注意が必要です。

食事でミネラルを摂取するためには、昔ながらの和食がお勧めです。
日本食で調味料に使う味噌や醤油、漬物、酒粕、こうじなどには多くのミネラルが含まれています。

出汁に使う昆布や鰹節も同様ですし、和食材にもミネラルを多く含む食品がたくさんあります。その他、玄米にもミネラルは豊富に含まれています。
玄米に含まれるフィチンの影響でミネラルが結局排出されてしまうという意見もあるため一概には言えませんが、ミネラル含有量だけを見るならば、玄米や発芽玄米は非常に健康的な主食だと言えるでしょう。

パンやパスタの食事がメインの方は、1日1食は和食にするなど、少しずつ割合を増やしていきましょう。

和食は脂質も少ないため、薄毛の原因となる皮脂のつまりも抑えることができます。
ただし、全体的に塩気が強い特徴もあるため、塩分過多には注意が必要です。

(まとめ)ミネラルが女性の薄毛に良いと言われているのは何故?

1.ミネラルは体に栄養を吸収させたり、運んだりする役割を果たします

ミネラルには様々な種類があり、それぞれの役割を果たしています。中でも、ヨウ素や亜鉛、鉄などは髪の栄養や構成に深く関わるミネラルです。毛髪中のミネラルを測ってくれる病院などもあるくらい、ミネラルと髪の繋がりは深いのです。

2.ミネラルには様々な種類と働きがあります

ミネラルの働きはさまざまですが、たんぱく質の合成に必要な亜鉛や、栄養を運ぶのに重要な鉄、たんぱく質が髪の毛を作るのに役立つヨウ素、イライラを解消してくれるカルシウム等は薄毛にも関わりの深いものです。

3.ミネラルの過剰摂取に注意しましょう

ミネラルには、体にとって有害なものもあります。病気や貧血の原因となるので注意しましょう。
また、体に良いとされるミネラルであっても、摂りすぎは逆効果ですから、厚生労働省の基準などを参考にしましょう。

4.伝統的な和食にはミネラルが豊富に含まれています

ミネラルはサプリからも摂れますが、和食からの摂取がお勧めです。食材だけでなく、調味料や出汁にも豊富なミネラルが含まれているので、ミネラル不足の方は和食を心がけましょう。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む