皮脂は女性の抜け毛の要因となりますから、毛根に皮脂がたまらないようにすることが大切です


皮脂は、女性の抜け毛の原因になります。

女性の毛根についてしまった皮脂の汚れを取り除くためには、きちんとシャンプーをすることが大切ですが、それと同時に、そもそも皮脂汚れがたまってしまわないように心掛けることも重要です。

皮脂の分泌量は、食事や睡眠、運動量などによって変化します。

健康的な食事をして、規則正しい睡眠サイクルや運動習慣を持っている人は、皮脂の分泌量も自然と抑えられます。

タバコや過度の飲酒を控えることも意識しましょう。

「毛根の汚れ」は、頭皮の下の組織の汚れを指します

「毛根」の場所について、ただ漠然と「髪の毛の根元あたり」と思っていませんか?
毛根ケアのためには、これが髪の毛のどの部分を指しているのか、きちんと理解しておくようにしましょう。

髪の毛は大きくふたつに分けられる

髪の毛は、毛幹と毛根に分けることができます。

毛幹というのは、目に見える部分で、ただ「髪の毛」といった場合に指すのはこの部分です。

一方の毛根は、生えているときは目に見えない、皮膚の下にある部分を指しています。

髪の毛の根元の丸い部分だけを毛根だと思ったり、髪が生えるために必要な毛母細胞だけを毛根だと思ったりしている場合がありますが、これは誤りなのです。

毛根は、表皮から皮下組織にまで続く比較的長い部分を指す言葉です。

毛根の皮脂汚れ

毛幹と毛根の境目は、皮膚の表面組織である表皮です。

皮膚には、毛穴が開いていて、ここから髪の毛が出てきます。

ところが、この毛穴に皮脂がたまってしまうと、うまく髪の毛が出てくることができなくなります。

それどころか、毛穴の中にまで皮脂が入り込み、毛根の働きを阻害してしまうことがあるのです。

これが、毛根の皮脂汚れです。

皮脂をそのままにするとさまざまな問題が起こります


毛根の皮脂汚れをそのままにしておくと、どのような問題があるのでしょうか。

皮脂のケアを行う前に、起こりうる問題を認識しておきましょう。

薄毛

毛根には、髪の毛の成長のために大切な毛母細胞や、毛乳頭があります。

ところが、毛穴に皮脂が詰まってしまうと、こうした細胞の働きを阻害してしまうことになります。

また、毛穴に皮脂が詰まると、物理的に髪の毛が出て来づらい状況にも陥ります。

髪の毛の健康な成長のためには、皮脂汚れの除去が必要です。

臭い

毛穴に詰まった皮脂は、時間経過とともに酸化して嫌な臭いを発するようになります。

頭皮の臭いは自分では気づきにくいものであるため、知らず知らずのうちに人に不愉快な思いをさせてしまうことになりかねません。

悪臭は不衛生さや不潔感を連想させるものです。

性別を問わず好ましくないものですが、女性であればなおさらでしょう。

べたつき

毛穴の皮脂をそのままにしておくことで、頭皮全体が脂っぽっくなり、髪の毛がべたつきます。

髪が脂で汚れると、ボリュームが出づらくなり、ヘアスタイルを定めづらくなります。

頭皮だけでなく毛根内部の汚れを落としましょう

シャンプーをするときは、頭皮の汚れを落とすだけではなく、毛根の中の汚れも落とすようにしてください。

シャンプー前のケア

頭皮を洗う前に、蒸しタオルで頭皮を包み込むことで、毛穴を開く効果があります。

蒸しタオルをしてから洗うと、毛穴の中の汚れまでしっかり落とすことができるのです。

蒸しタオルは、タオルを濡らして電子レンジで温めることでも作れますし、浴室内でタオルに熱めのお湯をかけて絞ることでも作れます。

簡単にできる対策ですから、ぜひ実践してみてください。

炭酸水洗浄

炭酸水は、毛穴汚れを落とすのに効果的です。

1週間に1度ほど取り入れると、頭皮をすっきりと洗い上げることができます。

炭酸水は、専用の薬剤を使って作ることもできますが、市販の炭酸水でも効果があります。

砂糖の含まれていない炭酸水を買ってきて、シャンプー前の予洗いに利用してみましょう。

オイルマッサージ

メイク落としと同じように、頭皮の皮脂汚れもオイルを使ったマッサージで落とすことができます。

毛穴汚れまでしっかり落とせるよう、オイルを塗布した後は指の腹でマッサージをしてください。

擦るのではなく、指圧をするように揉むのがポイントです。

(まとめ)女性の皮脂は毛根に悪影響を与えるの?

1.皮脂は女性の抜け毛の要因となりますから、毛根に皮脂がたまらないようにすることが大切です

女性の毛根の皮脂汚れを取り除くためにはシャンプーが有効ですが、そもそも皮脂汚れがたまらない生活を意識することも大切です。

健康的な食事や睡眠サイクル、運動習慣を心掛けましょう。

2.「毛根の汚れ」は、頭皮の下の組織の汚れを指します

髪の毛は、毛幹と毛根のふたつに分けることができます。

このうち毛根というのは、皮膚の下の部分を指しています。

この毛根部分に皮脂が入り込んでしまった状態が「毛根の汚れ」です。

3.皮脂をそのままにするとさまざまな問題が起こります

毛根の皮脂汚れをそのままにしておくことで、薄毛や臭い、べたつきといった問題が起こります。

皮脂ケアを行う際は、起こりうる問題についても知っておくようにしましょう。

4.頭皮だけでなく毛根内部の汚れを落としましょう

シャンプー前に蒸しタオルで頭皮を包み込んで毛穴を開いたり、炭酸水で洗ったりすることで毛穴の中の皮脂汚れを落とす効果が期待できます。

また、オイルクレンジングも効果的です。

薄毛に悩む女性によく読まれている症状について

薄毛が気になる女性の頭皮が赤い場合の原因は?

健康で元気な髪を育てるためには、頭皮が健康でなくてはいけません。頭皮の状態は、普段は髪に隠れているため、気を付けてみないとわからないという難点があります。痒みや痛みが出てから見るのでは、対策が遅れてしまいます。

続きを読む